護精霊騎(ごせいれいき)ヴァルチャー》 [編集]

護精霊騎ヴァルチャー C 光/自然文明 (2)
クリーチャー:アーク・セラフィム/セイント・ヘッド 3000
O・ドライブ−水×1と闇×1と火×1
OD−このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を自分のマナゾーンに置き、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

DM-27で登場した/自然アーク・セラフィム/セイント・ヘッド

O・ドライブ山札からマナブーストした後、マナ回収を行う。

《龍仙ロマネスク》《フェアリー・ミラクル》などマナに関するカードを多く使う【5色コントロール】では、必要なカードを的確に回収できる便利な1枚。
同じくマナ回収役として活躍する《ストーム・クロウラー》《カブラ・カターブラ》《炎晶バクレツ弾》《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》などと比べた場合、マナを減らさずに回収を行えるのは最大の利点といえるだろう。序盤でも殴り返しとして出せる利点も。
コスト2パワー3000のアーク・セラフィム/セイント・ヘッドと、能力を無視しても優良な基礎スペックを持つ。

やがて《超次元ホワイトグリーン・ホール》が登場すると、5色なくともマナ回収できる点、条件付きシールド追加などを持つあちらに変わって、あまり使われなくなっていった。
更に5コストで2枚のマナブースト後にマナ回収を行う《飛散する斧 プロメテウス》が登場。追加するマナタップインや効果の強制などの違いこそあるが、O・ドライブが必要なく単純に増やせるマナの多いそちらの方が圧倒的に使い勝手で勝る。

双極篇ではこちらのO・ドライブと同じ効果をもたらす3コストの自然の呪文《白米男しゃく》が登場してしまい、いよいよグッドスタッフ5色においてはお役御免となってしまった。軽量アーク・セラフィムの中では比較的パワーが安定しておりセイント・ヘッドとしても参照できるので、能力度外視ながらも種族デッキが今後の活躍の場となるだろう。

  • 名前の由来はハゲタカを意味するヴァルチャーに力天使を意味するヴァーチュースをかけたものと思われる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

護精霊騎ヴァルチャー UC 光/自然文明 (2)
クリーチャー:アーク・セラフィム 3000
O・ドライブ[水/闇/火(3)]:バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置く。その後、自分のマナゾーンから多色カードを探索し、1枚を手札に戻してもよい。

レアリティアンコモンになり、セイント・ヘッド消去、マナ回収が探索かつ多色カード限定に変更された。

デュエプレでは多色カードを3種類以上入れることはザラであり、DP殿堂《無双竜機ボルバルザーク》を手札に戻そうとしたのに回収できずに終わるなどの不発が多々あるためかなり使いづらい。
《ヴァルチャー》自身も多色カードなため、2枚以上デッキに採用したらマナゾーンに置いた《ヴァルチャー》が、召喚して効果を使った《ヴァルチャー》に悪影響を与えるということも考えうる。

サイクル [編集]

DM-27O・ドライブで5色を要求するカード。いずれもハイブリッド種族とそのサポート種族で構成されている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-09EX
    暗黒凰超聖竜が対峙した。まるで惑星が激突したかのような衝撃が一週間にわたって轟き続けたが、最後に立っていたのは超聖竜の方だった。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]