居合(いあい)のアラゴナイト》 [編集]

居合のアラゴナイト UC 光/火/自然文明 (3)
クリーチャー:スピリット・クォーツ 1000+
パワーアタッカー+4000
自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップしてもよい。

DM-25で登場した//自然スピリット・クォーツ

単純に能力だけを見れば《霊峰の守護者ルキア・レックス》下位互換

しかし、3であるということはデメリットだけでなくデッキマナ基盤としても働くため、その面も含めた活躍が望める。
パワーが低いのでやや安定感に欠けるが、軽量スピリット・クォーツの点を生かして進化元として投入できなくもないか。

また、《運命の選択》手札から見せるカードとしても使える。
《運命の選択》は主にビートダウン系支援の効果なため、そういうところでもこのカードの性質とは噛み合っている。

  • アラゴナイト(Aragonite)は炭酸カルシウムの鉱物の一種。あられ石とも呼ばれる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

居合のアラゴナイト UC 光/火/自然文明 (3)
クリーチャー:スピリット・クォーツ 1000+
スピードアタッカー
パワーアタッカー+4000
自分のターン終了時、アンタップする。

スピードアタッカーを獲得し、アンタップが強制化した。

スピードアタッカーを手に入れたのはかなりの強化であり、パワー5000以下のクリーチャーの殴り返しとしてはかなり強力。

《爆獣ダキテー・ドラグーン》などの火力持ちS・トリガークリーチャーがS・トリガーで出てきても、火力が5000未満なら火力と殴り返しのどちらにも倒されず、実質的に3コストパワー5000のSAとして運用できるため、異様なハイスペック・カードに仕上がっている。

デュエプレのマナの仕様上、3色であるメリットは非常に大きく、TCG版同様に《運命の選択》との相性もかなり良い。
このカード一枚であちらの条件を全て満たせる上、効果が変更されたあちらから今引きでも呼び出せるスピードアタッカーとして活用できる。
そのため、《選択》をフル活用する【驚天トリガービート】【ガントラビート】では積極的に採用される。

ゲームオリジナルカードである《連珠の精霊アガピトス》(ナーフ前)とも破格の相性であった。《アガピトス》のcipリクルートすることができ、《アガピトス》の効果でタップしたクリーチャーをスピードアタッカーによって即座に攻撃できた。

【アガピトスエンジン】 (デュエプレ)はこのカードの登場により成立したと言える。《アガピトス》のナーフにより、コスト3の《アラゴナイト》を呼び出せなくなり、このデッキの瞬発力は大きく減した。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]