【アガピトスエンジン】 (デュエプレ) [編集]

《連珠の精霊アガピトス》の性質を生かした、【クリーチャーコントロール】
ビートダウンプランを取れることから【アガピトスビート】、コントロールプランにおいて《G・A・E》がリソース補充に役立つことから【GAEコントロール】、初期型のデッキが《霊翼の宝アルバトロス》を基盤としていたことから【アガピトロス】、単に色の数を取って【4cアガピトス】などと呼ばれるが、一貫した呼び方はない。

2021年6月10日メンテナンス時のカード能力変更により、《アガピトス》を起点に《霊騎幻獣ウルコス》《居合のアラゴナイト》などでマナブースト、横展開が完了していく機構が消滅し、このデッキは構築不可能になった。

※このページは能力変更前の《連珠の精霊アガピトス》を前提に書かれた古いページです。

連珠の精霊アガピトス SR 光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 6000
ブロッカー
W・ブレイカー
バトルゾーンに出た時、自分の山札から光のコスト3以下のクリーチャーを探索し、1枚をバトルゾーンに出す。その後、山札をシャッフルする。
自分の光のコスト3以下のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワーが一番小さい、アンタップしているクリーチャー1体をタップする。(複数あるなら、その中からランダムに1体)
霊騎幻獣ウルコス C 光/自然文明 (3)
クリーチャー:アーク・セラフィム/ドリームメイト 2000
バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
竜極神 SR 闇/火文明 (マナコストなし)
ゴッド
ゴッド:次のいずれかのゴッド・クリーチャーとして召喚する。
►[闇(7)]《竜極神ゲキ》
►[火(7)]《竜極神メツ》
《竜極神ゲキ》と《竜極神メツ》がリンク中⇒《竜極神ゲキメツ》
フェアリー・ギフト R 自然文明 (3)
呪文
このターン、次に召喚するクリーチャーの召喚コストを5少なくする。ただし1より少なくならず、かつそのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。
居合のアラゴナイト UC 光/火/自然文明 (3)
クリーチャー:スピリット・クォーツ 1000+
スピードアタッカー
パワーアタッカー+4000
自分のターン終了時、アンタップする。

主要カード [編集]

《連珠の精霊アガピトス》このカードがデッキの潤滑油であり、中型ブロッカーでも最終的な打点でもある
《霊騎幻獣ウルコス》《アガピトス》でリクルートできる しかも普通に召喚しても強い
《竜極神》《アガピトス》+《ウルコス》でぐんぐんマナが伸びるので使いやすい
《竜極神ゲキ》光のコスト3以下をリアニメイトし、《アガピトス》のタップさせる効果を誘発させる
《竜極神メツ》相手への全体2000火力で、小型を並べるデッキを焼き払う
《竜極神ゲキメツ》《アガピトス》のタップさせる効果で、安全にランデス
《フェアリー・ギフト》この呪文で《アガピトス》を早出しすれば、続いて出てくる《ウルコス》込みで手札消費分のディスアドバンテージは取り戻せる
また、一手早く《竜極神メツ》を召喚して全体火力を使うことにも使える
《居合のアラゴナイト》自身の能力、《アガピトス》の2つの能力の恩恵で八面六臂の活躍を見せる

概要 [編集]

主要カードで大部分が完結しており、それ以外はこれといったテンプレートは存在しない。残りのカードは環境のメタカードでもグッドスタッフでも汎用S・トリガーでも採用できるスペースがある。

候補カードの例 [編集]

《G・A・E》両方のゴッド・クリーチャーそれぞれで1枚ずつ手札調整になる
《G・E・レオパルド》光のクリーチャーまたは光のゴッドを探索
《G・A・ペガサス》自然の呪文を探索 主要カードの《フェアリー・ギフト》が、唱えるためにも単色マナとしても有用
《G・A・E・ペガサス・レオパルド》パワーは低めだが、それぞれのサーチのおまけでアンタッチャブルが残ると考えればむしろ得
《光神龍スペル・デル・フィン》クリーチャーコントロールの天敵である《アポカリプス・デイ》のケア
《緑神龍ダクマバルガロウ》1回の攻撃で大量ブレイクした上で3枚のアドバンテージも得られる、相手が無視し難いアタッカー
単色カードで、相手の《驚天の超人》を殴り返ししつつ3枚アドを得るために採用される
《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》《デル・フィン》とは違いクリーチャーのS・トリガーまでケアできる
《ダクマバルガロウ》と同じく《驚天の超人》メタにも
《霊翼の宝アルバトロス》マナ基盤にも、リーサル時の遅延型打点確保にも使える
《聖騎士ヴォイジャー》《アガピトス》のコストを軽減できるキャントリップ
《破壊と誕生の神殿》《アガピトス》ミラーでアドを稼ぐ
《腐敗勇騎ガレック》【天門】と《アガピトス》メタかつデッキに不足しがちな赤黒のマナ基盤となる
《口寄の化身》異なる種族のクリーチャーを並べやすく、大量ドローができる
《緑神龍アーク・デラセルナ》《アガピトス》メタに使われる《腐敗勇騎ガレック》をカモってマナブースト
《メテオキャノン・ドラゴン》《アガピトス》メタに使われる《腐敗勇騎ガレック》をカモってブロッカー破壊

【アガピトスエンジン with ペガサス】 [編集]

《聖獣王ペガサス》を入れた【アガピトスエンジン】。《G・A・ペガサス》と勘違いしないように。
自然クリーチャーは元々入っているので、いくつかのガーディアン《聖獣王ペガサス》を入れるだけで完成する。
ガーディアン《連珠の精霊アガピトス》リクルートしやすいのも噛み合っている。

この場合は青抜き4色ではなく白赤緑の3色になりやすい。

【アガピトスエンジン with ゲートサファイア】 [編集]

《ロスト・チャージャー》《インフェルノ・ゲート》《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を入れた【アガピトスエンジン】。

デッキ全体は青抜き4色を崩さず、《サファイア》を《インフェルノ・ゲート》で踏み倒しする戦術を取れるようにしたもの。
【アガピトスエンジン】自体がビッグマナなので、10マナで《サファイア》を召喚することも狙える。

【アガピトスエンジン with ゲオルグ】 [編集]

《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》を入れた【アガピトスエンジン】。
多色クリーチャーは元々入っているので、いくつかの水と《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》を入れるだけで完成する。

この場合は青抜き4色ではなく5色となる。

【アガピトスエンジン with バイオレンスサンダー】 [編集]

《極仙龍バイオレンス・サンダー》を入れた【アガピトスエンジン】。
いくつかの水と《極仙龍バイオレンス・サンダー》を入れるだけで完成する。

この場合も青抜き4色ではなく5色となる。

長所 [編集]

主要カードのカードパワーが高く、無対策の相手にはゴリ押しするだけで勝ってしまうことも。
また主要カード間のシナジーが強烈で、それだけでもある程度ビートダウンコントロールをこなせるため、他の採用カードを前後どちらに寄せても広いプランを取れる。

短所 [編集]

主要カード部分だけでは手札が切れやすく、ハンデスにはやや弱い。
また、《腐敗勇騎ガレック》《破壊と誕生の神殿》は天敵。前者はハンデスを行いつつ《アガピトス》を破壊でき、後者は《アガピトス》を破壊した上で6コストのクリーチャーを踏み倒される。

参考 [編集]