華憐妖精(かれんようせい)ミンメイ》 [編集]

華憐妖精ミンメイ SR 自然文明 (6)
クリーチャー:スノーフェアリー 2000
自分のマナゾーンにある多色クリーチャーを召喚してもよい。

DM-24で登場したスノーフェアリー

通常、手札からしか召喚できないクリーチャーを、多色限定ではあるがマナゾーンから召喚できるようになる能力を持つ。
使うのであれば多色カードの多い【5色コントロール】などが適任。

《偽りの王 ヴィルヘルム》《ボルバルザーク・エクス》など、多色クリーチャーには強力なものが多いため、十分にマナが貯まった後半にそれらを出せるとよい。
何度も使用できる点は評価できるが、自身のパワーが低いために戦線維持が難しいのが弱点。《超次元ミカド・ホール》《モエル 鬼スナイパー》など、大抵の火力パワー低下に狙われてしまうのが痛い。

後に、自分のターン中に1回のみではあるが、単色クリーチャーマナ召喚できる《無敵剣 カツキングMAX》が登場。そちらは8マナ多色クリーチャーではあるが、パワーが安定しており使いやすい。

あえて《ミンメイ》を使う場合は、の入らないデッキや、スノーフェアリーであることを活かせる構築になるか。

ルール [編集]

その他 [編集]

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

華憐妖精ミンメイ SR 自然文明 (6)
クリーチャー:スノーフェアリー 2000
バトルゾーンに出た時、自分の墓地から多色クリーチャーを探索し、1枚をマナゾーンに置く。
自分のターン開始時、自分のマナゾーンから多色クリーチャーを探索し、1枚を出してもよい。

DMPP-09で登場。マナから多色クリーチャーを出すというコンセプトはTCG同様だが、マナ召喚からコスト踏み倒しに変化した。
また、《トゲ刺しマンドラ》のようなcipも獲得している。

次のターンまで生き残ればマナゾーンから踏み倒しができる。コストや非進化などの制限もないため、《極仙龍バイオレンス・サンダー》のような大型の進化クリーチャーも難なく踏み倒すことができる。ただし、進化元は事前に出しておく必要がある。

生き残れば大型を踏み倒せるスノーフェアリーという点では《幻想妖精カチュア》と似通っているが、あちらと異なり《マイキーのペンチ》《スクランブル・ブースター》などで即座に能力を使用することはできず、安定性に欠ける。
特に、パワー2000が、DMPP-09環境で登場した《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》や、DMPP-09でのナーフ選定から逃れた《竜極神》で焼かれる範囲なのが痛い。

ハンデスで相手の除去札を事前に落としておく、呪文メタのカードを採用して除去札に備えるなど多少の対策は可能だが、対策を意識しすぎて本末転倒になるおそれがある。
とはいえ、墓地多色クリーチャーが落ちていればcipで一仕事してくれるため、『あわよくばコスト踏み倒しが可能な呪文』程度の感覚で運用することも視野に入る。

  • ルールには何も影響しないが、《ミンメイ》の探索は、一般の探索するカードと効果音と演出が違う特殊演出になっていた。
    • 墓地に1枚も対象がない場合、「虫眼鏡で対象ゾーンを示し、ボシュっと不発である効果音が鳴る」のも起こらない。
    • DMPP-10では《邪眼皇ロマノフI世》が、DMPP-10EXではすべての探索が《ミンメイ》と同じ効果音へと変更された。しかし、不発時には効果音すら鳴らないという特殊処理は、おそらく《ミンメイ》のみだと思われる。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-24DMPP-09
    あなたたちに期待なんかしてなかったのに。 ――華憐妖精ミンメイ

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]