零龍(ゼーロン)ギャスカ】 [編集]

概要 [編集]

DMRP-12で登場した《零龍》を、《怨念怪人ギャスカ》などのサポートカードで最序盤に零龍卍誕させることを狙う【速攻】に類するデッキ。【零龍速攻】とも呼ばれる。
をメインカラーとし、タッチでが加えられる。

零龍 MSZ 闇 (0)
零龍クリーチャー:マスター・ドラゴンZ 0
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
このクリーチャーが零龍卍誕した時、そのターン、相手のクリーチャーすべてのパワーを0にする。
このクリーチャーは、パワーが0以下の間バトルゾーンを離れず、すべてのバトルに勝つ。
このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、自分はゲームに負ける。
零龍卍誕前⇒《滅亡の起源 零無》
※殿堂入り
怨念怪人ギャスカ UC 闇文明 (1)
クリーチャー:デビルマスク 4000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札をすべて捨てる。
※殿堂入り

主要カード [編集]

《滅亡の起源 零無》/《零龍》フィニッシャー零龍卍誕時に相手全体をパワー0に。ほぼ無敵のバトル能力除去耐性
《怨念怪人ギャスカ》墓地肥やししながら手札を0にする
《虚像の大富豪 ラピス・ラズリ》1コスト重い《怨念怪人ギャスカ》
《ステニャンコ》味方1体を破壊しつつセルフリアニメイト
《卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍》ターン開始時に味方2体を破壊してリアニメイト
《偽りの名 ドレッド・ブラッド》
《無限皇帝の顕現》2枚の墓地肥やしと、コスト2以下になる様蘇生。《ギャスカ》殿堂以降の重要パーツであり、始動から詰めまで幅広く活躍する

候補カード [編集]

《堕魔 ザンバリー》手札を減らしつつ墓地肥やし。そしてブロッカー
《暗黒鎧 ダースシスK》コスト0で全ての零龍星雲に干渉出来る
《暗黒鎧 ザロスト》条件の緩いセルフリアニメイトかつブロッカー
《ビックリーノ》1ターン目から打てるセルフリアニメイト能力持ち。攻撃時のハンデスも有り難い
《ブラッディ・クロス》墓地肥やし
《一なる部隊 イワシン》
《大罪より生まれし果実》《破壊の儀》を稼ぐ
《学校男》《破壊の儀》を唐突に達成できる除去札。《無限皇帝の顕現》から出せる上、何気にW・ブレイカーなのも忘れてはいけない
《堕魔 ドゥポイズ》
《斬罪 シ蔑ザンド》《破壊の儀》を唐突に達成できる除去札。オーラであるため《ジ・エンデザーク》から出せる
《撃髄医 スパイナー》貴重なS・トリガー。卍誕カウンターを狙ったり、スーパー・ボーナスブロッカーを大量蘇生できる
《死神術士デスマーチ》1コスト墓地進化。追加打点もブロッカーも何でもアリな上、《無限皇帝の顕現》から2体出せる

超GRゾーン候補 [編集]

超GRゾーンのクリーチャーは基本的に何でもよいが、味方を破壊するカードが多いのでpig持ちがここぞとばかりに活躍できる。

《ダラク 丙-二式》トップを確認して1枚墓地肥やし。この1枚が戦局を左右する事も
《シニガミ 丁-四式》pigで2枚墓地肥やし。最優先で2枚積みたいカード
《浸透 DS-10》貴重なアンブロッカブル。ダイレクトアタック要員として優秀
《シャギーII》pigマナ回収。マナに落ちたパーツもフル活用できる
《補充 CL-20》pigで1枚ドロー。発動する時は大抵《手札の儀》達成済であり、選択肢が増えるのは非常に大きい
《ロッキーロック》pigで別のGRクリーチャーに化ける。頭数を減らさず次に繋ぐ
《ポクタマたま》cipで相手の墓地をリセット
《ドドド・ドーピードープ》W・ブレイカー。《ジ・エンデ》や《シ蔑》が付くとQ・ブレイカー以上の打点と化す
《ヘルエグリゴリ-零式》

概要 [編集]

元々《零龍》の前情報が出た段階で殿堂ゼロデュエルでそれを4枚採用し《怨念怪人ギャスカ》を使って比較的安定して2ターンキルを行うデッキは考案されていたが、ゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカードのルール変更が行われたことで実現不可能に。
しかし、殿堂レギュレーションにおいては《零龍》が1枚でもなお序盤に零龍卍誕する動きは強力であり、ぶん回ると理不尽で対処が非常に困難なデッキであるため、今度はそちらのメタゲームに食い込んだ。

《零龍》はごく一部のカード以外では場を離れず、封印《破壊の儀》サルベージした《虚像の大富豪 ラピス・ラズリ》を出すことで対処出来る。そのため、除去への耐性デッキ外のカードという括りを考慮せずとも過去に類を見ないほど強力。
零龍星雲の持つリンク効果もそれぞれ優秀で、少ないマナでもアドバンテージを稼ぎやすく、別の零龍星雲リンクの補助も兼ねる。

序盤の零龍卍誕は勝ちに直結すると言っても過言ではなく、動きとしてはひたすら自分のデッキとの勝負になり、相手プレイヤーへの依存度は低い部類に入る。

このデッキの回し方 [編集]

手札によって動きは変わるが、基本的には4つの零龍星雲をリンクし《零龍》の完成を目指して動く。

主なルートは以下の様になる。

ルートA.《ギャスカ》or《ラピス・ラズリ》から始動する場合
1.《ギャスカ》or《ラピス・ラズリ》を出し、自分の手札をすべて捨てる。この時、《ステニャンコ》・《ジ・エンデ》or《ドレッド・ブラッド》・《ザロスト》をなるべく多く落としておきたい。
ターン終了時に《手札の儀》達成、GR召喚する。(現在の墓地最低数3枚)
以降状況によって分岐し、

2a.《ザロスト》を蘇生できる場合
→ターン開始時、墓地から《ザロスト》の蘇生効果を発動。《ザロスト》復活時に《復活の儀》を達成して2枚墓地肥し。(現在の墓地最低数5枚)

3a.続けて《ステニャンコ》の蘇生効果を発動。《ザロスト》or《ギャスカ》or《ラピス・ラズリ》を破壊して《ステニャンコ》を蘇生。次に蘇生した《ステニャンコ》ともう1体を生贄に《ジ・エンデ》or《ドレッド・ブラッド》を蘇生。
《破壊の儀》を達成し、墓地から《ブラッディ・クロス》or《無限皇帝の顕現》を回収。(現在の墓地最低数5枚)

4a.回収した《ブラッディ・クロス》or《無限皇帝の顕現》を使用し、墓地肥やしする。《無限皇帝の顕現》の場合は蘇生しない。(《学校男》or《ドゥポイズ》は状況に応じて蘇生しても良い。ただし即座に破壊する。)
ここで墓地が8枚となり、《墓地の儀》達成。

零龍卍誕

2b.《ザロスト》を蘇生できない場合
《ギャスカ》or《ラピス・ラズリ》を破壊して《ステニャンコ》を蘇生。《復活の儀》を達成して2枚墓地肥し。(現在の墓地最低数5枚)

3b.《ブラッディ・クロス》or《無限皇帝の顕現》を引き次第使用、墓地が8枚となり、《墓地の儀》達成。
(相手のクリーチャーが1体以上居れば、《無限皇帝の顕現》で《学校男》か《ドゥポイズ》を蘇生して《破壊の儀》を同時達成可能→零龍卍誕)

4b.適当なクリーチャーを2体程出しながら《ステニャンコ》→《ジ・エンデ》or《ドレッド・ブラッド》連続蘇生コンボを狙い、可能になり次第コンボ発動。
《破壊の儀》を達成し、零龍卍誕する。(回収対象は《デスマーチ》か《無限皇帝の顕現》が良い)

ルートB.《ギャスカ》or《ラピス・ラズリ》を使わない場合
1ターン目に《堕魔 ザンバリー》を出し、手札を1枚捨てる。その後即座に《ザンバリー》を生贄に《暗黒鎧 ダースシスK》を代替コストで召喚。
ターン終了時に《手札の儀》達成、GR召喚する。(現在の墓地最低数4枚)
以下、ルートA.2a及び2b以降と流れは同様。

ルートC.《無限皇帝の顕現》から始動する場合
2ターン目に《無限皇帝の顕現》を唱えて墓地に落ちた《ギャスカ》or《ラピス・ラズリ》を蘇生し、かつ《復活の儀》を達成。
ターン終了時に《手札の儀》達成、GR召喚する。(現在の墓地最低数7枚)
以下ルートA.2a及び2b以降とほぼ同様の流れで動ける。
1ターン目に《ザンバリー》で《ギャスカ》or《ラピス・ラズリ》を落としておくと尚良い。(この場合は墓地最低数6枚)

もちろん、どんなプレイングをしても序盤に《零龍》まで辿り着かない手札のときも多く、その場合は山札の上からの完成を待つかシールドを攻めていくか、状況によって判断することになる。

長所 [編集]

とにかく早いターンでの零龍卍誕が非常に強力。《墓地の儀》パワー低下効果を持ち、盤面を制圧されようが零龍卍誕の効果で一掃出来るので、ブロッカーで固められても詰みにくい。
また、《零龍》さえ完成できれば除去に滅法強くなり、ロングゲームに持ち込まれてもゴリ押しが可能。

速攻デッキでありながらハンデス《全能ゼンノー》もほとんど刺さらない。それどころか《ゼンノー》はパワー2000であるため《墓地の儀》の射程圏内であり、むしろ逆に利用する事さえ可能。
またS・トリガーである《撃髄医 スパイナー》を積めるため殴られてもある程度対応可能。スーパー・ボーナスが発動すればブロッカーを大量蘇生し、守りに転じる事もできる。

上ブレすると何もさせずに圧殺出来るデッキも多く、対話拒否で決着がつく事も。
場合によっては《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》さえも間に合わない事すらある。

《無限皇帝の顕現》登場以降は《一なる部隊 イワシン》を積まない黒単構築も可能となり、色事故を恐れる必要も無くなった。

短所 [編集]

S・トリガーの厚いデッキ、少ないマナからソリティアできるデッキは、1枚多い手札も含めカウンターパンチを浴びやすい。打点が少ないため《スゴ腕プロジューサー》を1体踏むだけで苦しくなる事も。

このデッキが成立したのはちょうど幅を効かせていた《BAKUOOON・ミッツァイル》《「本日のラッキーナンバー!」》殿堂入りした時期であり、まだ受け軽視の風潮が強い環境のため相性が良い。

《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》を始めとする墓地肥やしメタ《ケッシング・ゼロ》《∞龍 ゲンムエンペラー》のような《零龍》メタが厳しい。特に後者はデッキの性質上ケアが難しいので、仕方ないと割り切るべきだろう。
能力を無視された《零龍》はパワーが0の為、勿論墓地送りになりその瞬間自分はゲームに敗北するので、後者のようなメタが出てくる前に決着を着けたいところだ。

環境において [編集]

成立したDMRP-12期当初は受け軽視の風潮が強かったため、チャンピオンシップ4位以内入賞に恵まれていた。

DMEX-08期になると受け重視の【バーンメアジョーカーズ】が、その後に再び【ドッカンデイヤー】が環境トップとなったため、数を減らした。《暗黒鎧 ザロスト》シールド焼却によってカウンターに弱くなる弱点も浮き彫りになっていた。
だが、いくら受けからのカウンターを用意したところで、2,3ターンという(《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》のような例外を除いて)もはやメタが間に合わないターンから無敵に近い耐性持ちのワールドブレイカーを飛ばせることから、運次第でゲーム性を否定する動きができていた。

そしてやはりというべきか、2020年7月1日付で《怨念怪人ギャスカ》が殿堂入り。これによりこのデッキは速度の低下を余儀なくされた。4ターンキル程度なら依然として比較的容易に達成できるが、その程度の速度だと墓地利用メタが間に合う上にこのデッキである意味が薄いので、大幅弱体化と言える。

とはいえ枠が空いた事で《無限皇帝の顕現》を入れやすくなった他、先述の様に《ギャスカ》や《ラピス・ラズリ》に頼らず素早く零龍卍誕する手段もあり、《ギャスカ》殿堂以降も時折入賞報告が挙がっている。
《ブラッディ・クロス》が積めるため【ゾンビパルテノンループ】にも強く出られ、そして現環境トップメタの一角である【オカルトアンダケイン】に対しては相手が勝手にこのデッキを回す手助けをしてくれる上に受けも無いに等しく、デッキ単位でのメタが可能。未だにその脅威性は完全消失していない。

2021年7月1日付で《暗黒鎧 ダースシスK》殿堂入り《破壊の儀》《復活の儀》の起動札が減った上に仮想敵の一つ【アンダケイン】も消滅してしまい大きな痛手を受けた。この頃は大型ディスペクターや強力な3色呪文の受け札を採用した【5色コントロール】が幅を利かせており、また強力な【速攻】デッキ【我我我ブランド】の登場に加え、《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》などの強力なメタの跋扈、さらには《零龍》の天敵たる《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》を擁する【ヘブンズ・ゲート】の台頭など、風当たりは強い。一方で受け札に全体除去よりも単体除去が重視される環境に対してワールド・ブレイカー除去耐性を持つ《零龍》はは強烈な回答であり、そういう意味では強化と呼べなくもないか。

参考 [編集]