爆竜(ばくりゅう) GENJI(ゲンジ)XX(ダブルクロス) [編集]

爆竜 GENJI・XX VR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/フレイム・コマンド/サムライ 7000
K・ソウル
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。

DM-38で登場したK・ソウル持ちのアーマード・ドラゴン/フレイム・コマンド/サムライ
スピードアタッカーと相手のブロッカーを1体破壊するアタックトリガーを持つ。

能力のかみ合わせは良く、ブロッカーを蹴散らしながらスピードアタッカーで切り込んでいける。

6コストパワー7000と安定したスペックを持つ。登場してからは5コスト超次元《超電磁コスモ・セブ Λ》などで打点を用意しつつ、次ターンに合わせて攻撃・追撃できる点が評価されていた。ビートダウンではテンポアドバンテージを重視するため、流れるように展開していけるのはありがたい。

6コストにしてはサイズも大きいため殴り返し火力を受けにくく、ごり押しするだけでも意外と侮れない。また、マナブーストを行わないビートダウンでもギリギリ採用できる程度のマナコストに収まっているのがうれしい。

さらにコマンドドラゴンサムライというメジャーな種族3つにXX、さらにはK・ソウルまで持つため、受けられるサポートの範囲も広い。種族を利用したコスト踏み倒しも多く、様々なアプローチが考えられる。

ビートダウンアタッカーとして完成度の高いカードではあるが、下記にあるように現在はインフレの影響で採用率は減少。単体の性能は申し分ないものの、よりカードパワーの高い切り札につなげることが求められる現在の環境では実力を発揮するのが難しくなっている。

とはいえブロッカー除去しながらのW・ブレイカーで大きく計算を狂わせられるので、《ガイアール・カイザー》共々ビートダウンを受ける時は気を付けたい。

環境において [編集]

DM-38で登場してすぐにの入るビートダウンで採用された。
登場した頃は破格のスペックといわれており、予想通りの活躍を果たす。

6マナパワー7000、スピードアタッカーW・ブレイカーと基本的な性能はかの《ガルベリアス・ドラゴン》と同じ。当時としてはオーバースペックと言われたそちらを状況次第では上回ることからも注目された。

ドラゴンゆえに【連ドラ】にも採用されるなど、ガチデッキからファンデッキまで活躍の場は広かった。
このカードの存在により、《知識の精霊ロードリエス》のようなアンタッチャブルを持たない中型のブロッカーは採用率を落としていった。

このカードが登場したせいで、当時決して弱くはなかった(むしろ強かった)《ボルシャック・大和・ドラゴン》が相対的に大きく評価を落とすことになった。ブロッカー除去できることに加え、墓地の枚数に関係なく《威牙の幻ハンゾウ》パワー低下破壊されないためである。そのカードパワーは当時は圧倒的であり、他にも様々なカードの上位的存在となりえた。

覚醒編環境では【ドロマー超次元】がトップメタに立ち、ビートダウンに極めて強い逆風が吹いていた。にもかかわらず、このカードの存在故に【マルコビート】【超次元GENJIビート】環境入り。その驚異的な攻撃性能によって、多くのプレイヤーに存在を知らしめた。

入りの超次元を扱うデッキが相手の場合、フィニッシャーである《雷電の覚醒者グレート・チャクラ》アタックトリガー解除し、そのまま殴り倒すことができた。おそらくはそのメタカードとして製作された面もあるのだろう。パワー差がわずか1500しかなく《威牙忍ヤミノザンジ》などに小突かれる可能性はあったが、この点も評価されていた。

《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》《時空の支配者ディアボロス Z》などのメタになりえるカードが次々に登場し、ビートダウンそのものはどんどん下火になっていったが、それでも【超次元GENJIビート】の活躍は定期的に報告されていた。

やがて、一番の天敵であった《時空の支配者ディアボロス Z》《超次元バイス・ホール》プレミアム殿堂コンビに指定。
流れるようにエピソード1に突入し、ここからビートダウンが徐々に隆盛していくことになる。

エピソード1初弾で《ガイアール・カイザー》が登場し、シューティングガイアールが誕生。コストやサイズ、ブロッカー破壊呪文の能力であるなど差異が見られるが、動き自体はこのカードと同じでありライバルとなる存在である。しかし完全に競合するわけでもなく両方組み込むことも可能であり、どちらかというと使い分けて共にビートダウン隆盛に活躍した戦友である。

弾が進んでいくと共に【ラムダビート】【ギフトミランダ】など次々と強力なビートダウンが成立し、それの突破・追撃役としてシューティングガイアールと共に今度こそ幅広い活躍を見せる。
《ドンドン吸い込むナウ》などの強力なビートダウンサポートも登場し、上記のアーキタイプを先駆けに様々なビートダウンが生まれ、同様に活躍の場を広げていった。

逆に《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》《我牙の精霊 HEIKE・XX》など、明らかに《GENJI》をメタってくださいといわんばかりのカードも登場。下火になったブロッカーの復権も次第に果たされていくことになる。このような点からも《GENJI》の影響力の大きさを見て取れる。

エピソード2ではサイキック・クリーチャーの対策として《鬼カイザー 「滅」》が登場。メタる相手がブロッカーサイキック・クリーチャーによって使い分けられた。後に、マッハファイターのような能力を持つ《ガイアール Re:》も登場している。

ドラゴン・サーガに入ると有力な対抗馬として《龍覇 グレンモルト》《銀河大剣 ガイハート》/《熱血星龍 ガイギンガ》が登場。
《銀河大剣 ガイハート》を付ければスピードアタッカーになり、龍解できれば7000火力を放ちつつ対処されにくいアタッカーとなる《熱血星龍 ガイギンガ》を出せる点から、枠を譲りがちとなった。

それでも安定したカードパワーで、長く活躍してきたこのクリーチャーだが、革命編革命ファイナルに入ると、侵略革命チェンジが出現し、ビートダウン戦略に大きな変化が訪れる。《轟く侵略 レッドゾーン》《蒼き団長 ドギラゴン剣》などといった破格のパワーカードが登場。それらの運用性をいかに上げるか、攻撃をどう通すかが焦点となっていった。

追撃や突破といった役割のカードはそもそも不要になっていき、同様に活躍の場を失うことになる。《GENJI》も侵略革命チェンジに利用できなくもなかったが、ほかのカードでもっと連携に特化した構築は可能であり、彼がその役割を担うことは難しかった。
侵略革命チェンジに繋げるならば1マナ軽いシューティングガイアールの方が明らかに有利であるためである。

DMSP-02で1コスト下に《ガイアール・カイザー GS》が登場。一応サムライ種族の有無、場に残れば2体目以降のブロッカー破壊も可能と差別化点は無い訳では無いが、実質的な下位互換と言っても過言ではない。

その他 [編集]

  • 登場当時は、その一線を画すような分かりやすいカードパワーの高さから、多くのプレイヤーに否が応でも環境のインフレを感じさせ、今でもデュエマのインフレの歴史を語る上でこのカードの名前がよく出てくる。
  • カードイラストには多くのXXクリーチャーに見られる「鎖」は見られないが、代わりにXXをイメージした十字型の刀を2つ装備している。
  • アニメ「クロスショック」では31話から勝舞の新たな切札として定着。《ケロディ・フロッグ》などクリーチャーワールド編で見せ場が用意された他のクリーチャー達と違い、声優は起用されていない。また、「VS」では勝太の切り札として登場。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

爆竜 GENJI・XX SR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/フレイム・コマンド/サムライ 7000+
スピードアタッカー
W・ブレイカー
攻撃する時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。
自分の墓地に、名前に《超次元》または《XX》とあるカードが3枚以上あれば、「パワーアタッカー+5000」と「T・ブレイカー」を得る。

K・ソウルがなくなった代わりに特定条件下でパワーアタッカーT・ブレイカーを得る能力が追加された。

墓地超次元呪文が3枚という条件は、3ターン目から1枚ずつ超次元呪文を発動していくだけでなく、《レッピ・アイニー》などの墓地肥やしでも達成できる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]