大爆龍(だいばくりゅう) ダイナボルト》 [編集]

大爆龍 ダイナボルト VR 火文明 (4)
クリーチャー:ダイナマイト・ドラゴン/レクスターズ 5000
スピードアタッカー
各ターン、このクリーチャーがはじめて攻撃する時、アンタップする。
シンカパワー:このクリーチャーが進化する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。進化の後、その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。

DMRP-17で登場したダイナマイト・ドラゴン/レクスターズクリーチャー

《ゴリガン砕車 ゴルドーザ》に次ぐ、4コストで2回攻撃できるスピードアタッカー。単体のスペックではラスト・バーストを持つあちらの方が使いやすいが、種族ドラゴンになったことでアンタップしながら《シン・ガイギンガ》などに革命チェンジできるようになった。

シンカパワーは相手クリーチャー1体との効果バトル進化後のパワーバトルを仕掛けられるため、除去できる範囲は広くなる。

シンカパワーを使うとスピードアタッカー2回攻撃を活かせなくなるが、「進化先がいなくても単独でビートダウンを仕掛けられる」という長所ともとれる。《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガーで捲れば2面除去に役立つ。

シンカパワーを考慮しなくても、革命チェンジ元として優秀。
アンタップ能力によって《大爆龍 ダイナボルト》→《ボルシャック・サイバーエクス》《蒼き守護神 ドギラゴン閃》等へと連続革命チェンジすることで、1ターンで5打点を形成できる。《Re:奪取 トップギア》などを2ターン目に出せば、それら4枚で3ターンキルも可能。単体で《龍装者 バルチュリス》踏み倒し条件も達成できるので、【ドギラゴン閃】での活躍が十分期待できる。

侵略と組み合わせればアンタップしながら進化できるため、2回攻撃シンカパワーを両方活かせる。このカードの登場時点でこのクリーチャーから侵略できるクリーチャーはほとんどが自力で2回攻撃能力を持っていたため組み合わせるメリットが薄かったが、《キャンベロ <レッゾ.Star>》の登場で組み合わせる明確なメリットが生まれた。

【赤青シン・ガイギンガ】で考えると《シン・ガイギンガ》を3打点[1]にすることができる革命チェンジ元という点で優秀。

サイクル [編集]

DMRP-17で登場したベリーレアスーパーレアでセットになっているスター進化サイクル
光:《「正義星帝」》《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》
水:《ネ申・マニフェスト》《マニフェスト <マルコ.Star>》
闇:《虚∞龍 ゲンムエンペラー》《ゲンムエンペラー <デスザ.Star>》
火:《大爆龍 ダイナボルト》《ダイナボルト <エタフェニ.Star>》
自然:《モモスター ケントナーク》《ケントナーク <ディルガ.Star>》

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 《シン・ガイギンガ》スピードアタッカーではないため、2度目の《ダイナボルト》の攻撃時に革命チェンジする