モモキング(名称カテゴリ) [編集]

カード名に「モモキング」を含むカードの名称群。DMRP-20で登場した《未来王龍 モモキングJO》により名称カテゴリとなった。

後に《神帝英雄 ゴッド・モモキング》の登場により、「モモキング」カードすべてが活用されるようになった。

「モモキング」とある進化クリーチャー [編集]

その他のモモキング [編集]

モモキング本人だが名前にモモキングを含まないモモキング [編集]

この名称に関連するカード [編集]

参考 [編集]

モモキング (キャラクター) [編集]

漫画及びアニメ「キング」から、ジョニージョラゴンに代わる切札 ジョーの新たな切り札及び相棒として登場。

モチーフは日本昔話で有名な桃太郎だろう。それぞれ桃太郎のお供である犬、猿、雉をモチーフとしたキャンベロモンキッドケントナークと一緒にいることが多いが、彼らとの主従関係はない。それどころか、彼らがチーム切札をまとめ上げたり、モモキングを叱責することもあり、モモキングが三下のような描写が多く、リーダーシップ性はジョニーはおろかジョラゴンにも劣る。

一人称は「拙者」(デュエマであそぼう!では「(それがし)」も使用した)であり、武士気取りである(桃太郎が武士という設定はないものの、時代小説の桃太郎侍ともかかっているのかもしれない)。ジョーのことは「ジョー(うじ)」と呼んでいる。
情緒は不安定気味で、ジョーが負けた時はよく自責に陥る。圧倒的なパワーを持つクリーチャーの前に怖気づいてしまった時には、それを恥て切腹しようとしたこともある。

ジョーに対する忠誠心は強く、デュエルでジョーの切り札としてしっかり活躍するのは、ジョニーとジョラゴン同様である。

「キング」では、《勝熱英雄 モモキング》《勝熱龍主 モモキング》《勝熱百覇 モモキングReVo》、「キング!」では《王来英雄 モモキングRX》《未来王龍 モモキングJO》、その他様々なスター進化クリーチャーへと変化を遂げている。

  • ジョラゴン同様、デュエル中と日常でのグラフィックのギャップが大きく、日常パートでは太った半髪頭のフルチン姿というギャグ調の出で立ちをしている。

参考 [編集]


[1] 侵略など、他の能力で進化レクスターズとなった場合は可能