《スターダム・オウ禍武斗(カブト) [編集]

スターダム・オウ禍武斗 VR 自然文明 (4)
クリーチャー:グランセクト/レクスターズ 5000
マッハファイター(このクリーチャーは、出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
このクリーチャーが出た時、自分の山札から1枚目をマナゾーンに置く。それがレクスターズなら、手札に加えてもよい。
シンカパワー:このクリーチャーが進化する時、次の自分のターンのはじめまで、相手クリーチャーが攻撃する時、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。

DMRP-19で登場した自然グランセクト/レクスターズ

マッハファイターによる除去cipリソースの確保、シンカパワーでの防御と多方面で有用な能力をあわせ持つ。

cipマナブーストし、置いたカードがレクスターズならそのカードを回収してもよい。マナが少ない序盤はマナブーストマナが十分にあるなら手札補充として使うことができ、ゲーム終盤になっても腐りにくい。
ただし回収できるのはレクスターズのみなので、こちらの効果を確実に使いたいならデッキをレクスターズで固める必要がある。

同じコストマッハファイターで相手のクリーチャー除去しながらマナブーストを行える《バングリッドX7》《モモスター モンキッド》も存在する。これらは相手がクリーチャーを並べなければマナブーストできなかったが、こちらはマナブーストできるのが大きい。

自然侵略持ちスター進化クリーチャーとは相性が良い。自身がマッハファイターを持っているため即座に攻撃でき、侵略元としての適正が高く、後半のマナ回収で侵略先をデッキから拾いに行くことも出来る。

シンカパワーは自身に攻撃誘導を付与するもの。
スター進化シンカパワーを発動させれば耐性で2回の攻撃を引きつけられ、攻撃前の除去も1回なら耐えることができる。
進化先としては《ケントナーク <ディルガ.Star>》などが高パワー・ビートダウン向けということで適正が高い。

サイクル [編集]

DMRP-19で登場したベリーレアスーパーレアでセットになっている侵略持ちスター進化サイクル進化元

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.前のターンに相手の《スターダム・オウ禍武斗》が「シンカパワー」を発動し、進化後のクリーチャーはタップ状態です。
次の自分のターンにバトルゾーンに出た自分のクリーチャーは、攻撃する場合、《スターダム・オウ禍武斗》から進化したクリーチャーを攻撃しなければいけませんか?
A.いいえ、攻撃する必要はありません。《スターダム・オウ禍武斗》の「シンカパワー」は解決した時点でバトルゾーンにいるクリーチャーにしか影響を及ぼしません。その後で出したクリーチャーは、相手プレイヤーや他のクリーチャーを攻撃できます。
引用元(2021.9.24)

Q.《スターダム・オウ禍武斗》が「シンカパワー」を発動し、進化後のクリーチャーはタップ状態です。次のターンに、相手は自身のクリーチャーでどこにも攻撃をしないでターンを終了できますか?
A.はい、ターンを終了できます。「相手のクリーチャーが攻撃する時、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。」という能力ですので、攻撃をするならば可能なかぎり《スターダム・オウ禍武斗》から進化したクリーチャーを攻撃しなければなりませんが、攻撃自体をしないことは選べます。
引用元(2021.9.24)