引き継ぎ [編集]

とあるカードが別の状態や別のカードになった時、もともと受けていた効果などを受け継ぐこと。

引き継ぎが起こりうるケース [編集]

効果などを引き継ぐかどうかが意識されるのは、主に以下の場合である。

  • クリーチャー進化した時
  • 進化クリーチャーが退化した時
  • クリーチャーがG・リンクした時
  • クリーチャーのG・リンクが外れた時
  • クリーチャーが裏返った時
  • カードのカードタイプが変わった時
  • クリーチャーが裏返りつつリンク覚醒リンク)、あるいはリンク解除した時
  • クリーチャーが入れ替わった
  • クリーチャーが変身した時
  • クリーチャーの一番上のカードが、別のクリーチャーの上に移動した時
  • クリーチャーが封印された時
  • 進化ではないクリーチャーが別のカードの上に乗った時
  • 進化ではないクリーチャーが退化した時

解決による引き継ぎ [編集]

呪文起動型能力誘発型能力解決によって、とあるカードが受けていた状態が、進化したり、覚醒したりして別の名前のクリーチャーになった時に引き継がれること。

解決という手順を踏まない常在型能力による状態は引き継がれない。常在型能力による状態変化は、常に対象となるクリーチャーに発生し続けているだけである。

パワーに関する引き継ぎ [編集]

  • 上述のように、複数のクリーチャーが1体のクリーチャーになった時は、パンプアップパワー低下された分は、それぞれ合算して1体になったクリーチャーに引き継がれるが、1体のクリーチャーが複数体のクリーチャーに分かれた時は、解決によってパンプアップパワー低下された分はそのままのそれぞれのクリーチャーに引き継がれる。これを利用すれば、呪文誘発型能力効果によってパンプアップされた複数体のクリーチャーを1体のクリーチャーにする→複数体のクリーチャーに分ける→1体のクリーチャーにするを、パンプアップの効果が切れる前にループさせれば、どんどんそれらのクリーチャーのパワーは上がっていくことになる。
    • 例えば、呪文誘発型能力効果によって、それぞれパワーが+2000されている状態の《竜極神ゲキ》《竜極神メツ》をG・リンクして1体のクリーチャーにさせると、そのクリーチャーのパワーは+4000された状態になる。その状態で、それらのリンクを外すと 《竜極神ゲキ》と《竜極神メツ》のパワーはそれぞれ+4000された状態になり、さらにもう1回それらをG・リンクさせて1体のクリーチャーにすると、そのクリーチャーはパワーが+8000された状態になる。

その他の特性、適用された効果の引き継ぎ [編集]

「クリーチャー」に対する引き継ぎ [編集]

対象が「このクリーチャー」もしくは「そのクリーチャー」と指示されるクリーチャーが、進化、覚醒などによって別のクリーチャーになっても、同一のクリーチャーとして扱われる。

攻撃の引き継ぎ [編集]

  • 攻撃中のクリーチャーが進化してもその攻撃状態は進化クリーチャーに引き継がれる。これは、G・リンク覚醒リンクした時も同様。
    リンク解除などによって攻撃中のクリーチャーが複数のクリーチャーに分かれた場合、そのうちの1体が攻撃を引き継ぐ。
  • 革命チェンジJチェンジした場合も、チェンジによってバトルゾーンに出たクリーチャーに攻撃が引き継がれる。
    • ただし、チェンジする前のクリーチャーはバトルゾーンを離れているため、解決による効果までは引き継がれない。
    • 一方で位相は引き継がれる。チェンジ前のクリーチャータップしていればチェンジ先もタップして登場する。

召喚酔いの引き継ぎ [編集]

クリーチャー召喚酔いしている時、別のクリーチャーに変化しても基本的には召喚酔いしたままである。
逆に、召喚酔いが解けているクリーチャーは、別のクリーチャーに変化しても改めて召喚酔いしない。
これが召喚酔いの引き継ぎである。

進化クリーチャーG・リンクしたゴッド覚醒したクリーチャー召喚酔いせず攻撃できるとされるが、これは正確には召喚酔いしたままだが特別に攻撃できる状態である。召喚酔い自体はずっと引き継がれているため、同一ターン中に退化したり、G・リンクが外れたり、覚醒を解除したりした場合は召喚酔いが有効になる。

紛らわしいが、クリーチャー以外のカードにも召喚酔いがあり、それはカードタイプが変化しても引き継がれる
例えば、バトルゾーンに出たフォートレスがそのターン中にクリーチャーになっても攻撃できない。これはフォートレスの召喚酔いを引き継いでいるためである。

革命チェンジなどで入れ替わったクリーチャー召喚酔いは引き継がれない。入れ替わって出たクリーチャーは改めて召喚酔いする。

装備品の引き継ぎ [編集]

クロスギアウエポンオーラ(以降、まとめて装備品とする)を付けたクリーチャー進化などした場合、装備状態が引き継がれる。
リンク解除などによって複数のクリーチャーに分かれた場合、1枚につき、分離したクリーチャーのうちのどれに引き継ぐかを決められる。

進化クロスギアによって、クロスギアが進化・退化した場合も、クロス先はそのまま引き継がれる。

引き継ぎが行われないもの [編集]

  • 無月の門でバトルゾーンにある魔導具を下に置く時、その魔導具の状態はタップ・アンタップも含めて引き継がれない。装備品も引き継がれず、つけていない状態になる。
    進化元だけは唯一引き継がれ、まとめて無月の門クリーチャーの下に置かれる。以前は進化元すら引き継がれず、魔導具カードの下にあるカードは分離して再構築される裁定だった。
  • かつてはアイコン能力の中身は待機せず、解決時にカードのアイコン能力を参照する裁定だった。アイコン自体が常在型能力のような扱いで引き継ぎも行われないため、例えばアイコン能力を使う能力が待機している間に該当のクリーチャー進化するなどした場合、解決時にアイコン能力を参照できず不発となる事があった。
    2019/12/12の総合ルール改定によってトリガー能力アイコン能力の中身も含めて待機するようになり、待機している効果自体が引き継がれれば問題なく使用できるようになった。

引き継ぎ早見表 [編集]

付与
パンプ
待機
対象
装備進化元攻撃タップ召酔
進化した時[1]
(進化クリーチャーが)退化した時
リンクした時
リンクが外れた時○分○分○単○単○単○分○分
裏返った時
カードタイプが変わった時--
入れ替わった時×××××
変身した時××
一番上が移動した時○分
封印された時×××
非進化が上に乗った時×××?××
非進化が退化した時オブジェクトとして存続せず墓地に置かれる

分……複数のオブジェクトに分かれる場合、それらすべてのオブジェクトに同値で引き継がれる。
単……複数のオブジェクトに分かれる場合、いずれか1つのオブジェクトにだけ引き継がれる。複数のカードがある場合、1枚ごとにどのオブジェクトに引き継ぐかを選べる。

参考 [編集]


[1] 進化クリーチャーである間のみ攻撃可能