《ダイナボルト <ドギラ.Star(スター)>》 [編集]

ダイナボルト <ドギラ.Star> SR 火文明 (4)
スター進化クリーチャー:ビートジョッキー/メガ・コマンド・ドラゴン/レクスターズ 8000
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、これが、このターン2度目以降の攻撃なら、自分の手札をすべて捨ててもよい。そうしたら、カードを3枚引く。
このクリーチャーが攻撃する時、これが、このターン3度目以降の攻撃なら、相手のパワー5000以下のクリーチャーをすべて破壊する。
このクリーチャーが攻撃する時、これが、このターン4度目以降の攻撃なら、このターン中、このクリーチャーの攻撃先は変更されず、その攻撃の終わりに、このクリーチャーをアンタップする。

DMRP-20で登場したスター進化ビートジョッキー/メガ・コマンド・ドラゴン/レクスターズ

そのターンに自分のクリーチャーが攻撃していた回数に応じて、強力な追加効果が発動するようになっている。
自身の基礎スペックには紫電効果はないので、別のクリーチャーで攻撃した後で攻撃するデザインである。

誰かが1回以上攻撃した後に《ダイナボルト <ドギラ.Star>》で攻撃する時
「攻撃の終わり」ではなく、即時発動する《超音速 ターボ3》のような効果。任意なので捨てたくないなら捨てなくてもよい。
誰かが2回以上攻撃した後に《ダイナボルト <ドギラ.Star>》で攻撃する時
対象が全体化した《「契」の鬼 アカ焔とアオ霙》のような効果。単純にこのレベルの進化条件の緩さとなるコスト4進化クリーチャーが5000全体火力を放てるだけでも強力。この効果は強制かつ不利益になる可能性がある。4度目以降の攻撃で無限アタッカーなら、攻撃のたびに発動するのも気をつけよう。
誰かが3回以上攻撃した後に《ダイナボルト <ドギラ.Star>》で攻撃する時
オールタップ耐性のある、攻撃先を変更されない無限アタッカー。踏み倒した《龍装者 バルチュリス》が攻撃することでこの回数に達する。除去S・トリガー革命0トリガーには1発だけなら大丈夫[1]だが、除去の重ねがけ、《終末の時計 ザ・クロック》G・ストライクプリン効果で止まってしまう。

相性が良いものとしては《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》が挙げられる。横にクリーチャーを並べることに長ける《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》は攻撃回数を参照するこのカードと相性が良く、このカードを踏み倒しすることも出来ると格別の相性を誇る。

このターン3回もプレイヤーに攻撃が通っていたら相手は虫の息で、殴り返しで3回の攻撃回数を確保するのは相手依存である。5000全体火力についても、このコスト帯としては破格だが、条件が厳しい割に役に立つかは相手依存である。

そのため、基本的な運用としては《超音速 ターボ3》のように速攻系統のデッキの手札補充として使い、他の効果は狙えれば使う、という形になるだろう。

無限アタッカーで勝つことをコンセプトとするなら、能動的に攻撃キャンセルする術を用意したいところ。《凶鬼67号 アゴクイ》などを使えば、安全にこのターン4度目以降の攻撃を迎えることができる可能性がある。

ルール [編集]

  • 《ダイナボルト <ドギラ.Star>》の攻撃がこのターン3回目の攻撃なら、「2度目以降」でもあるので《超音速 ターボ3》手札補充も使うことができる。
    • 同様に、4回目以降なら「2度目以降」「3度目以降」でもあるので3つの能力がすべてトリガーする。
  • 《王来英雄 モモキングRX》《無限掌》効果のシンカパワーと相性が良いが、5000全体火力は強制であり、3回目の攻撃がパワー5000以下のクリーチャーに向けたものなら、バトルになる前に焼かれてしまい攻撃キャンセルとなる。その場合、バトルで勝ったわけではないのでアンタップできない。

その他 [編集]

サイクル [編集]

DMRP-20で登場した切り札×切り札サイクル

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.このターン自分の他のクリーチャー3体が既に攻撃していて、続いて《ダイナボルト <ドギラ.Star>》が攻撃する時、「2度目以降の攻撃なら」と「3度目以降の攻撃なら」と「4度目以降の攻撃なら」の能力すべてがそれぞれトリガーしますか?
A.はい、それぞれの能力がトリガーし、それぞれ好きな順番で解決できます。
引用元(2021.12.17)


[1] スター進化なので1回だけの除去なら進化元で攻撃が継続される