【白青赤退化】 [編集]

《瞬閃と疾駆と双撃の決断》で一気に《ブレードグレンオー・マックス》《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》を呼び出し、文明を含むファッティ退化することを目指すデッキ。

様々な構築が存在しており、テンプレが存在しない。この記事で扱う型も1つの型に過ぎない。

ブレードグレンオー・マックス VR 火文明 (3)
進化クリーチャー:フレイム・モンスター 4000
マナ進化−火のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、相手のタップされているパワー3000以下のクリーチャーを1体、破壊する。
白騎士の精霊HEAVEN・キッド R 光文明 (3)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 3500
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
このクリーチャーが出た時、バトルゾーンにある他の、コスト3以下のカードを1枚選び、シールド化してもよい。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

フィニッシャー候補 [編集]

このデッキの回し方 [編集]

ドローや手札交換、サーチなどで準備を重ねてから《瞬閃と疾駆と双撃の決断》《ブレードグレンオー・マックス》《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》を手札からコスト踏み倒しで出し、《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》《ブレードグレンオー・マックス》を選んで退化を行う。

退化先は《竜魔神王バルカディア・NEX》であることが望ましいが、非ドラゴン主体のデッキが相手の場合は《竜魔神王バルカディア・NEX》が引けなくとも《龍世界 ドラゴ大王》でフタしてしまえばいい。

その後、頃合いを見てワンショットを行う。

長所 [編集]

3ターンキルに特化しており、召喚酔いしないクリーチャーにあまり恵まれない【白赤緑退化】よりもその点において優れている。

リソース確保手段が【白赤緑退化】よりも優秀で安定度が高い。

短所 [編集]

《月光電人オボロカゲロウ》による手札交換の成否は初手で《竜魔神王バルカディア・NEX》を埋められるかどうかに懸かると言える。

基本的にG・ストライク《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》4枚、S・トリガー《終末の時計 ザ・クロック》4枚のみで、防御はそれらが捲れるかどうか次第である。

環境において [編集]

DMRP-21期にオリジナルで入賞が散見された。メタクリーチャーでコントロールしてからコンボを狙う【白青赤鬼羅.Star】折衷型も結果を残している。

参考 [編集]