月下卍壊(げっかばんかい) ガ・リュミーズ 卍》 [編集]

月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍 SR 水文明 (99)
呪文:ドルスザク
ドルスザクを4体まで、自分の手札または墓地からコストを支払わずに召喚してもよい。
このターンの後に自分のターンを追加する。

DMRP-08で登場したドルスザク呪文

手札墓地からドルスザクを4体も踏み倒すだけでなく、さらには追加ターンを与える能力を持つ。

コスト99という、《伝説の禁断 ドキンダムX》と同等の高コストを誇る。まず、コストを支払って出すのは、コスト軽減を使っても無理と言っても差し支えない。

オーソドックスなのは専用のコスト踏み倒し能力の持つ《卍 新世壊 卍》を用いる方法。専用デッキ【青魔導具】がある。
唱えることさえ出来れば、そのコストに見合った最大4体のドルスザク踏み倒しに加え、追加ターンを得ることが出来る。踏み倒したドルスザクは、追加ターンで召喚酔いが解けているので、一気に畳みかけることができるだろう。

ドルスザクは単体でフィニッシャーとして安定しているものが少なく、無月の門系統の能力を発動させる際、魔導具を4つも独占してしまうリスクが常々あったことを踏まえると、このカードの存在は非常にありがたい。特に《凶鬼卍号 メラヴォルガル》を召喚すれば相手のシールドを割った際に、たとえS・トリガーが複数枚あったとしても追加ターンで押し切りやすい。自分のブレイクするデメリットも、相手にターンを渡さずにもう一度アクションが取れるため大幅に軽減される。《卍 ギ・ルーギリン 卍》を踏み倒せば自軍全てがブロックをすり抜けることもできる。

しかし、ドルスザクの多くはクリーチャー魔導具を頼りにして使われるのに対し、このカード呪文魔導具を大量に使った上で、《卍 新世壊 卍》から唱えるように設計されている。
つまり、このドルスザクとこの呪文の併用には使いたいカードタイプが違うので戦術が噛み合いにくいという欠点が存在する。
いっそのこと魔導具はすべて呪文にしてもよいが、そうするとこの呪文唱えるまで、それらのドルスザクが出せなくなる。
状況によってドルスザクを呼び出しつつ、この呪文唱えるのを目指すデッキを作るのであれば、デッキスペースとよく相談して構築したい。

  • イラストを担当したFutaro氏によると、最初はガリュミーズが口を閉じていたが「口が開いていた方が良い」というアートディレクターのアドバイスを受け今のイラストになったという。口を閉じたイラストはTwitterアカウントにてあがっている。参考
  • AnimeJapan2019とDMGP-8thにて展示された資料ではこのカードのCGの姿を見ることができたが、名前が《時の卍獄 ガ・リュミーズ》となっていた。名前の横にある20180822の日付から察するにこの時点での仮名称だったと思われる。
  • 月下卍壊の名前の由来は漫画『BLEACH』の技「卍解(ばんかい)」と、主人公黒崎一護の必殺技「月牙天衝(げつがてんしょう)」の複合からだと思われる。偶然にも、黒崎一護の声優はゼーロと同じ森田成一氏である。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]