爆熱王DX(ばくねつおうデラックス) バトガイ銀河(ぎんが) [編集]

爆熱王DX バトガイ銀河 VIC 火文明 (8)
ドラグハート・クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 12000
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引く。その後、進化ではないドラゴンを1体、自分の手札から出してもよい。
相手のドラゴンではないクリーチャーは、出たターン、攻撃できない。
(ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、ドラグハートまたはそれを装備したクリーチャーが離れた場合、そこに戻す)
龍解前⇒《爆銀王剣 バトガイ刃斗》

DMEX-06で登場したガイアール・コマンド・ドラゴンドラグハート・クリーチャー

ドラゴンを踏み倒す所は元となった《爆熱DX バトライ武神》と同じだが、ヒューマノイドバトルゾーンに出せない、踏み倒す数が1体に減ったことやハマった時の全軍スピードアタッカー化は削除された。

こちらのメリットとしては手札から踏み倒すようになり、手札補充やサーチ系と組ませる事でコスト踏み倒しによって出すドラゴンの種類を狙いやすくなり、出す前のささやかな手札補充アドバンテージを得られる上、山札表向きにするわけではないので相手の《Q.Q.QX.》がいてもコスト踏み倒しが可能であること。
手札から出すので《デュエマの鬼!キクチ師範代》《超九極 チュートピア》などのメタ能力にも引っかからない。

新たに備わったドラゴン以外の登場ターン攻撃防止能力も魅力。
スピードアタッカーだけでなく、バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できるマッハファイターも防げる。
最近ではドラゴンでない強力なクリーチャーも増えているので、そういったクリーチャー達の奇襲を減らせるのは嬉しい。

環境において [編集]

登場するなり【連ドラ】タイプの【モルト NEXT】が復活し、そちらは環境に復帰を遂げた。

直後のチャンピオンシップで続々4位以内入賞が報告されるなど大活躍したが、DMBD-09・DMBD-10期に【青黒緑デッドダムド】が成立すると一転してデッキそのものが低迷期に入った。

DMRP-16で詰めに使える呼び出し先である上に自然単色マナになるドラゴンである《地封龍 ギャイア》を獲得。以降、【モルト NEXT】ではこちらの面での定番の呼び出し先となった。

王来篇環境では【5色グレンモルト】で使われることがあるが、フィニッシュ手段は基本的に《銀河大剣 ガイハート》が優先される。

テクニック [編集]

その他 [編集]

  • カードのビクトリーマークの位置にやや違和感がある。このカードのビクトリーマークはカード名の欄の中央の部分に記されているが、これは一般的にダブルビクトリーの場合に配される場所である。サイキック・クリーチャードラグハート・クリーチャーの単ビクトリーカードの場合、普通はカードの下面(通常カードではマナシンボルが起かれている場所)に記されるのが普通。
    • DM22-BD1で新規イラストになって再録された際には、ビクトリーマークが従来と同じ下側に移動した。
  • アニメ「キングMAX」第8話では勝太が使用。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 1つ目の能力について

Q.バトルゾーンに相手の《ディオーネ》がいる状況で、このターンに出した《爆銀王剣 バトガイ刃斗》が「龍解」し《爆熱王DX バトガイ銀河》になりました。《爆熱王DX バトガイ銀河》は「スピードアタッカー」を持っていますが、クリーチャーとしてバトルゾーンに出ていないので攻撃できますか?
A.いいえ、攻撃できません。《爆銀王剣 バトガイ刃斗》はこのターン、バトルゾーンに出たカードですので、「龍解」してクリーチャーになった後は「このターン、バトルゾーンに出たクリーチャー」として扱います。
引用元(2020.5.22)

  • 3つ目の能力について

Q.《爆熱王DX バトガイ銀河》が持つ「このクリーチャーが攻撃する時」の能力で《卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍》をバトルゾーンに出すことは出来ますか?
A.いいえ、出来ません。「1体」と指定されているため、クリーチャーのみ効果の対象にすることが出来ます。
引用元(2019.11.15)

Q.自分のターン中、バトルゾーンに相手の《爆熱王DX バトガイ銀河》がいる状況で、自分は《“乱振”舞神 G・W・D》をバトルゾーンに出しました。
このターン中、自分の《“乱振”舞神 G・W・D》は相手を攻撃できますか?
A.いいえ、攻撃できません。

+  総合ルール 101.2

引用元(2020.8.21)