【5色マッド・デッド・ウッド】 [編集]

《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》の早期展開、およびそちらを使ってのフィニッシュをコンセプトとしたデッキ。赤はタッチとなる。

Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド VR 闇/火文明 (7)
D2フィールド
S・トリガー
自分のクリーチャーすべてに「ウルトラ・セイバー:多色クリーチャー」を与える。
(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)
Dスイッチ:自分のターンのはじめに、このD2フィールドをゲーム中で一度上下逆さまにしてもよい。そうしたら、各プレイヤーは自身のクリーチャーをすべて山札の一番下に置き、その後、進化ではないクリーチャーをすべて自身の墓地からバトルゾーンに出す。
Disアイ・チョイス VR 水/闇/自然文明 (6)
クリーチャー:サイバー・コマンド/ディスタス 3000
ブロッカー
スレイヤー
このクリーチャーが出た時、「S・トリガー」を持つカードを1枚、自分のマナゾーンからコストを支払わずに使ってもよい。

主要カード [編集]

《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》
《Disアイ・チョイス》《マッド・デッド・ウッド》を早期展開する手段
《ディスタス・ゲート》カウンターでリソース稼ぎからフィニッシュパーツ着地までをこなす

候補カード [編集]

《天災 デドダム》青黒緑を含むコントロールでは採用しない理由のない初動
《Disゾロスター》同上。シールド追加ができ、《ディスタス・ゲート》に対応
《神秘の石柱》2マナブースト1セルフランデスする自然単色マナ枠。マナ基盤にした多色を中盤以降墓地リソースに替えられる
《ダンディ・ナスオ》マナゾーンに任意のカードを設置&1枚墓地肥やし
《戯具 ヴァイモデル》墓地肥やしリアニメイトが一体になったS・トリガー獣素出しでリソース確保や《クロック》を呼び出して凌ぎたい
《メヂカラ・コバルト・カイザー/アイド・ワイズ・シャッター》ワンショット失敗時の保険やコントロールプランに使える足止め/《アルカディアス・モモキング》ロックされない防御札
《「雷光の聖騎士」》除去墓地肥やし、耐久とユーティリティ
《音感の精霊龍 エメラルーダ》暴発可能なシールド交換単色マナ基盤
《水上第九院 シャコガイル》フィニッシャー
《サイバー・I・チョイス》手札落ちしたS・トリガーにアクセスできる防御札
《終末の時計 ザ・クロック》リアニメイトギミックと相性抜群のS・トリガー獣
《ヴィオラの黒像》ロック手段がほぼ存在しないタマシード防御札

このデッキの回し方 [編集]

《天災 デドダム》《Disゾロスター》などの初動でリソースを稼ぎ、5マナ貯まったら《戯具 ヴァイモデル》でさらにリソースを稼ぐ。

相手のビートダウンに対しては《メヂカラ・コバルト・カイザー》《「雷光の聖騎士」》でコントロールすることで応戦。《ディスタス・ゲート》《Disゾロスター》を2体出しして2枚シールド追加することで遅延するという手もある。

準備が出来次第《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》Dスイッチで大量リアニメイトを行う。この時、《水上第九院 シャコガイル》《終末の時計 ザ・クロック》を必ずリアニメイトすること。成り行き上リソース系のクリーチャーをリアニメイトできているはずなので、それらで山札を削ってから適宜《終末の時計 ザ・クロック》のcipを解決し、リソース系のクリーチャーの能力の使い過ぎによるライブラリアウトや《水上第九院 シャコガイル》による山札回復を阻止する。

手札が良い場合は5マナで《ディスタス・ゲート》を早撃ちしてそのまま《Disアイ・チョイス》《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》と繋げても良い。

最後に相手のターンの初めに流れで《水上第九院 シャコガイル》エクストラウィンを発動する。

無理に《水上第九院 シャコガイル》での勝利を狙わずに《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》で付けた除去耐性を活かしてワンショットするプランもある。

長所 [編集]

【我我我ブランド】との対面では《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》を使って《水上第九院 シャコガイル》エクストラウィンに繋ぐことこそは難しいが、S・トリガーコスト踏み倒ししてクリーチャーを展開したりターンを凌いだりすることで安定して5ターン目辺りにワンショットすることができる。

S・トリガーの捲れ方次第では4ターン目辺りに《水上第九院 シャコガイル》プランが成立するなど、カウンターによる上振れ幅が大きい。

《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》のDスイッチ効果《ヴィオラの黒像》など、クリーチャー出すことに対するロック、呪文ロックcipメタのどれにも引っ掛からない除去手段に恵まれているため、各種ロック持ちを早期に着地させる【青黒緑退化】に詰み盤面を作られにくい。

上述のようにコスト踏み倒し系の防御札、メタに掛かりにくい防御札を搭載しているため、ビートダウン全般に強い。

《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》による除去耐性を活かしてワンショットする場合、多色クリーチャーだけをワンショットに参加させれば、結果的にやっかいな防御札である《ヴィオラの黒像》をケアすることができる。

短所 [編集]

墓地利用メタカード指定除去は、合わせられるタイミングを作ってしまえば厳しい。S・トリガーで《戯具 ヴァイモデル》《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》などを一気に展開すればそれらを宛がわれずに済む。

熟練度と各対面に対する理解度が勝率に直結し、プレイングが難しい。

先攻を取られた場合、目ぼしい初動を《ウォズレックの審問》で引き抜かれるのが怖い。

《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》《キャンベロ <レッゾ.Star>》などの大量展開メタも厄介。前者はフィールドであるためカード指定除去が無い限り効果が永続し、後者はcipなので一度着地するとターン経過以外では効果を消せない。

環境において [編集]

DMRP-21期にオリジナルで多数上位入賞が報告され、環境入りを果たした。

DMBD-19DMBD-20発売直前には《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》の着地を待たずS・トリガーで展開したクリーチャーと共に《アイアン・マンハッタン》でワンショットする型が主流化。

DMBD-19DMBD-20期には【5色ディスペクター】折衷型が台頭。同じ時期に、攻撃制限のないファイナル革命先がメインデッキの約3割を占めることに着目し、《蒼き団長 ドギラゴン剣》《蒼き守護神 ドギラゴン閃》を採用し、攻撃に参加できるコマンドが4割近くの比率ということで《轟く革命 レッドギラゾーン》1枚積みしたワンショット型まで対等。DMBD-19DMBD-20終期には《百鬼の邪王門》《一王二命三眼槍》といったシールド0枚から機能するカウンター札を取り入れた型も。

『全国大会2019』日本一決定戦には、カウンターでクリーチャーを並べてから《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》を活かして詰める《ヘブンズ・ゲート》型が確認された。

参考 [編集]