転生編(ジェネレート・ギア) [編集]

デュエル・マスターズ4番目のシリーズ。
「転生編」と書いて「ジェネレート・ギア」と読む。
オーバースペックカード満載な聖拳編に比べれば、やや地味なカードが多くを占める印象を受ける。しかし、各エキスパンション毎に強力なカードももちろん有り、多くのデッキがこのシリーズで強化された。

このシリーズのメインテーマは、第3のカードであるクロスギアの登場と過去のカードの転生
クロスギアS・トリガーS・トリガーXや、クロスしたクリーチャーがパワーアップするアクセルなど、それらを補助するシステムが目立つ。
戦国編まではクロスギアに関するカードのほとんどはこのシリーズに収録されていたため、自分で使うにも対策するにも転生編のカードは必須だった。もちろん今でも有用なギア系カードは多数。

このセットに当てはまるエキスパンションは、

の4つ。

シリーズ全体にわたって、過去カードのリメイクである転生カードが収録されている。クロスギアも過去のカードをモチーフにデザインされたようなものが多い。後半に真価を発揮するメタモーフ能力の初出もこのシリーズ。

  • カードパワーが異常な聖拳編の人気が高すぎたということもあるが、シリーズ作品特有の長期化の流れやこの時期のコロコロコミックの目玉作品が欠けたこともあってか基本的にこのシリーズから次のシリーズ不死鳥編まで、デュエル・マスターズの売上は降下線をたどる。それもあってか、このシリーズのエキスパンションを購入する意義をあたえるために転生編末期からレギュレーションを変えたアフタージェネレートリーグが開催された。
    • このシリーズはデュエマ史上最初のデフレシリーズとされる。
    • 誤解されがちだが、転生編全体(2005年度)の年間売上(109億円)は聖拳編全体(2004年度)の年間売上(96億円)を上回っており、客観的に見れば転生編期が年間を通して暗黒期だったという訳ではない。転生編の各エキスパンションにおいてDM-13をピークにして売上が下降線を辿っていたのは事実だが、聖拳編が前年から継続して売れていたということもあり、年間で売れていなかったというのは全くの誤りである。

参考 [編集]