炎龍神(えんりゅうしん)ヴォルジャアク》 [編集]

炎龍神ヴォルジャアク SR 火文明 (10)
クリーチャー:ファイブ・オリジン・ドラゴン 17000
スピードアタッカー
T・ブレイカー
自分のドラゴンが出た時、相手のクリーチャーを、パワーの合計がそのドラゴンより少なくなるよう好きな数選び、破壊する。
相手がこのクリーチャーを選んだ時、相手のシールドを3つまで選び、持ち主の墓地に置く。

DMEX-18で登場したファイブ・オリジン・ドラゴン

スピードアタッカーT・ブレイカーで、自分のドラゴンが出る度にそのドラゴンパワー分の割り振り火力を放つ。また、相手に選ばれると3枚シールド焼却する。

自身が出るだけで17000未満の割り振り火力を出せる上、他のドラゴンが出る度に追加で割り振り火力を放つため、盤面制圧力は抜きんでて高い。

採用する際には、同じくメインデッキに入る非進化のコスト10単色ドラゴン《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》《勝利宣言 鬼丸「覇」》《龍世界 ドラゴ大王》などと枠を争うこととなるだろう。

ただ、問題は10コストという重過ぎるコスト。普通に10マナ支払うと割に合わないため、《ボルシャック・モモキングNEX》《紅に染まりし者「王牙」》《爆流忍法 不死鳥の術》などの【準赤単】系統向けの手段でのコスト踏み倒し、《流星のガイアッシュ・カイザー》でのコスト軽減などを狙いたいところ。

自分のドラゴンが場に出さえすれば除去が発動するため、ドラゴンニンジャ・ストライクとも相性が良い。《裏斬隠蒼頭龍 バジリスク》《轟牙忍 ハヤブサリュウ》誘発剤にする場合だと残念ながら大型には除去が届かないが、《天災 デドダム》などの軽量級リソースクリーチャーには十分であるし、【鬼羅.Star】【我我我ブランド】などのウィニーデッキには速度負けしなければの話だが継続的な除去として役立つ。【準赤単】系統であれば、《ボルシャック・ドギラゴン》という大型にも届く御誂え向きの誘発剤と組み合わせることができる。

ルール [編集]

背景ストーリーにおいて [編集]

原初の世界の支配者である五龍神の1体、炎の龍神。蒼狼の一族に敗れたことで大地に封じられ、後の火文明の礎となった。

  • カード名の《ヴォルジャアク》は「ボルシャック」と響きが似ている。またこのクリーチャーは隻眼であり、「片目のボルシャックは真に勇敢な龍である」という内容とも関連性が窺える。

その他 [編集]

デザインの元ネタはKaijudo《Infernus the Immolator》。あちらはコスト11で、cipで8000の割り振り火力を放つ効果だった。また、スピードアタッカーを得た代わりに「Monarch」サイクル共通の同じ文明の味方クリーチャーに+4000のパンプアップをする効果を失っている。

サイクル [編集]

DMEX-18で登場した五龍神の五体。全てコスト10かつ種族がファイブ・オリジン・ドラゴンのみ。
それぞれの文明に関するキーワード能力とドラゴンを条件とする能力を持つ。また、Kaijudoの「Monarch」サイクルが元ネタ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-18
    その龍神は、技術の炎で戦うための兵器を生み出した。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 3つ目の能力について

Q.自分の《炎龍神ヴォルジャアク》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍》を出す際、《The ジョラゴン・ガンマスター》をGR召喚しました。《卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍》《The ジョラゴン・ガンマスター》もドラゴンなので、「自分のドラゴンが出た時」の能力が2回トリガーしますが、それぞれ、どのパワーを参照して効果処理を行いますか?
A.《卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍》はオーラですので、参照できるパワーを持ちません。そのため、《卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍》が出てトリガーした《炎龍神ヴォルジャアク》の能力は、何もしません。
《The ジョラゴン・ガンマスター》は、オーラが付いたことでパワーが7000になっています。そのため、《The ジョラゴン・ガンマスター》が出てトリガーした《炎龍神ヴォルジャアク》の能力で、パワーの合計が7000より少なくなるように、相手のクリーチャーを破壊できます。
引用元(2022.02.18)

Q.自分の《炎龍神ヴォルジャアク》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《∞龍 ゲンムエンペラー》を出しました。「自分のドラゴンが出た時」の能力でパワーの合計がその《∞龍 ゲンムエンペラー》より少なくなるよう好きな数選びますが、相手の《∞龍 ゲンムエンペラー》は選べますか?
A.いいえ、選べません。「以下になるように」ではなく「より少なくなるよう」ですので、出したクリーチャーと同じパワーの相手のクリーチャーは選べません。パワー∞より少なくなるように選ぶ場合、パワー∞のクリーチャーは選べません。
引用元(2022.02.18)

Q.自分の《炎龍神ヴォルジャアク》と相手の《壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を出しました。《炎龍神ヴォルジャアク》の「自分のドラゴンが出た時」の能力で、相手の《壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ》を破壊できますか?
A.いいえ、破壊できません。パワーを修正するような継続的効果を適用してから「出た時」の能力がトリガーしますので、パワー6000より少なくなるように、相手のクリーチャーを破壊します。

+  総合ルール 603.5b

引用元(2022.02.18)

Q.自分の火のクリーチャーとタマシードが《炎龍神ヴォルジャアク》のみの状況で、自分は《ボルシャック・フォース・ドラゴン》を出しました。この時、《炎龍神ヴォルジャアク》の「自分のドラゴンが出た時」の能力で、パワー9000より少なくなるように相手のクリーチャーを好きな数破壊できますか?
A.いいえ、破壊できません。条件を満たしていないタマシード/クリーチャーは、タマシードとして扱います。タマシードはパワーを持たないので1体も選べず、破壊できません。
引用元(2022.9.16)