炎龍神(えんりゅうしん)ヴォルジャアク》 [編集]

炎龍神ヴォルジャアク SR 火文明 (10)
クリーチャー:ファイブ・オリジン・ドラゴン 17000
スピードアタッカー
T・ブレイカー
自分のドラゴンが出た時、相手のクリーチャーを、パワーの合計がそのドラゴンより少なくなるよう好きな数選び、破壊する。
相手がこのクリーチャーを選んだ時、相手のシールドを3つまで選び、持ち主の墓地に置く。

DMEX-18で登場したファイブ・オリジン・ドラゴン

スピードアタッカーT・ブレイカーで、自分のドラゴンが出る度にそのドラゴンパワー分の割り振り火力を放つ。また、相手に選ばれると3枚シールド焼却する。

採用する際には同じくメインデッキに入る非進化のコスト10単色ドラゴン《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》《勝利宣言 鬼丸「覇」》《龍世界 ドラゴ大王》などと枠を争うこととなるだろう。
ドラゴンが出る度に割り振り火力を放つ上、自身が出るだけで17000の割り振り火力を出せる為、盤面制圧力は抜きんでて高い。

ルール [編集]

背景ストーリーにおいて [編集]

原初の世界の支配者である五龍神の1体、炎の龍神。蒼狼の一族に敗れたことで大地に封じられ、後の火文明の礎となった。

  • カード名の《ヴォルジャアク》は「ボルシャック」と響きが似ている。またこのクリーチャーは隻眼であり、「片目のボルシャックは真に勇敢な龍である」という内容とも関連性が窺える。

その他 [編集]

デザインの元ネタはKaijudoの《Infernus the Immolator》。あちらはコスト11で、cipで8000の割り振り火力を放つ効果だった。また、スピードアタッカーを得た代わりに「Monarch」サイクル共通の同じ文明の味方クリーチャーに+4000のパンプアップをする効果を失っている。

サイクル [編集]

DMEX-18で登場した五龍神の五体。全てコスト10かつ種族がファイブ・オリジン・ドラゴンのみ。
それぞれの文明に関するキーワード能力とドラゴンを条件とする能力を持つ。また、Kaijudoの「Monarch」サイクルが元ネタ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-18
    その龍神は、技術の炎で戦うための兵器を生み出した。

収録セット [編集]

参考 [編集]