天龍神(てんりゅうしん)アークゼオス》 [編集]

天龍神アークゼオス SR 光文明 (10)
クリーチャー:ファイブ・オリジン・ドラゴン 15500
ブロッカー
T・ブレイカー
自分のドラゴンが攻撃する時、カードを1枚引いてもよい。その後、光のコスト9以下の、「ブロッカー」を持つ進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札から出してもよい。
相手が自分のクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)

DMEX-18で登場したファイブ・オリジン・ドラゴン

自分のドラゴン攻撃する度、ドローコスト9以下のを含む非進化ブロッカー手札からの踏み倒しを行える、アンタッチャブル《ヘブンズ・ゲート》で出せるブロッカー。

踏み倒しのトリガーとなるのはドラゴン、踏み倒せるのはブロッカーなのでそれらを多めにデッキに入れる必要がある。対象はコスト9以下なので《天龍神アークゼオス》自身は踏み倒せない。

踏み倒しはアタックトリガーのタイミングだが、《天龍神アークゼオス》自身には出したターンに攻撃する能力を持たない為、軽量ドラゴンを事前に出しておくか、《ヘブンズ・ゲート》で出す際の2体目でサポートできるクリーチャーを呼び出したい。

コスト10のブロッカードラゴンとして《流星のガイアッシュ・カイザー》コスト軽減《ヘブンズ・ゲート》にも対応していることと合わせて、【5色ディスペクター】【白青赤ミラダンテ】と好相性を形成する1枚と言える。

その他 [編集]

  • デザインの元ネタはKaijudoの《Eternal Haven》。あちらは自身が出たときか攻撃したときにコスト踏み倒しが発動した。また、「Monarch」サイクル共通の同じ文明の味方クリーチャーに+4000のパンプアップをする効果を失っている。
  • 踏み倒しを持つ五龍神の中では唯一、踏み倒し先に五龍神が対象に入らない。

サイクル [編集]

DMEX-18で登場した五龍神の五体。全てコスト10かつ種族がファイブ・オリジン・ドラゴンのみ。
それぞれの文明に関するキーワード能力とドラゴンを条件とする能力を持つ。また、Kaijudoの「Monarch」サイクルが元ネタ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-18
    その龍神は、輝く光にふさわしい、ただただ強き戦士を求めた。

収録セット [編集]

参考 [編集]