《「(ちん)(こん)」の(いただき) ベートーベン・ソレムニス》 [編集]

「鎮魂」の頂 ベートーベン・ソレムニス SR 闇/火/自然文明 (10)
クリーチャー:キング・コマンド・ドラゴン/アンノウン/ゼニス 17000
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、相手のドラゴン・エレメントをすべて破壊する。こうして破壊したエレメント1つにつき、相手のシールドを1つ、持ち主の墓地に置く。
相手がドラゴン・エレメントを出す時、相手はかわりにそれを墓地に置く。

DM22-EX2で登場した//自然キング・コマンド・ドラゴン/アンノウン/ゼニス

相手のドラゴンを全て破壊し、破壊した数だけシールド焼却するcipと、相手のドラゴン着地置換効果で墓地送りにする常在型能力を持つ。

DMBD-16DM22-BD1といった《メンデルスゾーン》基盤のデッキタイプの存在を拒絶するかのような圧倒的なドラゴンメタの1枚。たった1枚でサレンダー級の被害を及ぼすことができる。
とはいえコスト10とかなりの重さのため、ドラゴン側も《ベートーベン・ソレムニス》が登場する前にダイレクトアタックで勝ってしまうか、《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》で当カードの能力を予め無視しておく程度の猶予がある。
幸い、cipゼニスにありがちな「召喚して出た時」ではないので、《ブランド <NEXT.Star>》のようなドラゴン踏み倒しでもリセットが使えるので、早出しを目指したいところ。
《「鎮魂」の頂 ベートーベン・ソレムニス》自身もドラゴンを持つため、【連ドラ】ミラーマッチでメタを使える。

従来の《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》《龍世界 ドラゴ大王》などと比較して、その2種はどちらかといえば着地置換効果に重きが置かれていたが、こちらはcipリセットの追加効果にシールド焼却、さらにスピードアタッカーの打点が付随しているのが特徴。
より攻撃的で前のめりなデザインになっており、制圧とロックを決めつつ、ドラゴンでのカウンターを封じた状態でそのターン中に安全に勝てることもある。

また、破壊対象もシールド焼却の条件も全てドラゴンとしか指定されていないため、タマシードのような非クリーチャーも対象内。
特に《地封龍 ギャイア》などでは防げなかった《ヴィオラの黒像》cipを防ぐことができるのは希少。

問題点は全ての能力が相手のドラゴン絡みであるため、相手がドラゴンを採用していなかった場合には単なる準バニラになってしまう汎用性の低さ。
一般的なデッキに対しては、《龍素記号wD サイクルペディア》のようにおまけのようにドラゴンを持つクリーチャーを1体でも処理できたり、《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》ロックしたりできれば御の字だろう。

先述のようにドラゴン基盤相手にはこのカードを出すだけでゲームに勝ててしまうレベルの被害を及ぼせるため、環境をよく見て使いたい。
採用する際にも、ドラゴン以外には高い制圧力を持つ《龍世界 ドラゴ大王》と併用する等、欠点を補う手段は用意しておくべきだろう。
ただ、先に挙げた《ブランド <NEXT.Star>》などの早出し手段とこのカードの存在自体が、ドラゴン基盤の運用に対するリスクを生み、環境から仮想敵の数を減らしてしまう原因となるのはご愛敬。

ルール [編集]

文字通り「ドラゴンエレメント」として効果の対象を判定する。

+  再録によるテキスト変更前の記述

cipシールド焼却するシールドの数は、破壊対象にしたエレメントの数を参照する。破壊対象になったエレメントが実際に破壊されたかどうかは参照されない。

  • 「こうして○○した」のほとんどは、実際に○○できていなければ個数にカウントできないが、「破壊」のみ「それをバトルゾーンから墓地に置こうとすること」と定義されているため、「破壊する」効果で結果的にバトルゾーンから墓地に置くことができない場合でも個数にカウントできることになっている。置換効果ではない常在型能力離れない効果がある《零龍》ですらシールド焼却の個数に含むことが可能。

環境において [編集]

登場からしばらくは極稀に【青赤緑モルトNEXT】においてドラゴン基盤デッキ対策として1枚積みされ、コスト踏み倒し系のコンボデッキにおけるフィニッシャーの1体として稀に使われる程度であった。

DM23-EX2期にはミラーマッチ対策にもなる上に苦手なコンボデッキにもある程度刺さるこちらを3枚程度積んだ型の【モルトNEXT】が目立つように。【白青黒退化】でも【モルトNEXT】への絶大な刺さりとコンボデッキへのある程度の有効性から採用されるケースが見られた。【黒ガイアッシュ覇道】【5色グレンモルト】でも《流星のガイアッシュ・カイザー》コスト軽減できることからポツポツと採用されるように。

オリジナルCSではドラゴン基盤の【赤緑モモキングRX】に2枚ほどの採用が度々見られた。

その他 [編集]

  • シークレットイラストでは指揮者のような構えを取っており、武器の槍も指揮棒のようなものに変わっている。
  • 通常版のフレーバーテキストに、「龍の支配ついて」となるべきところ、「龍の支配ついて」となっている脱字がある。
  • 「ソレムニス」の由来は、ミサの一種である「ミサ・ソレムニス」か。ベートーベンが晩年に作曲したものが有名。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]