サイキック・スーパー・クリーチャー [編集]

指定のサイキック・セルを複数枚覚醒リンクさせて1体となるサイキック・クリーチャー

零戦(ゼロセン)ガイアール・ゲキドラゴン P 火文明 (14)
サイキック・スーパー・クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 9000
自分のハンターがバトルに勝った時、相手は自身のシールドをひとつ選び、手札に加える。
このクリーチャーがタップされている間、相手の攻撃クリーチャーは可能であればこのクリーチャーを攻撃する。
W・ブレイカー
リンク解除(このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、そのサイキック・セルのいずれか1枚を選んで超次元ゾーンに戻し、残りのカードを裏返す)
覚醒リンク前⇒《ゼロ・カイザー》(上)/《ガチンコ・ピッピー》(下)

バトルゾーンに決められたサイキック・クリーチャーを揃えることで、覚醒リンクしてサイキック・スーパー・クリーチャーになることができる。

総じてゲームの勝敗を決めかねないほどのカードパワーを誇るが、基本的に覚醒リンクが自分のターンの初めに行われる都合上、パーツとなるサイキック・クリーチャーを揃えてから一度相手のターンを凌がなければ覚醒リンクできない。このため除去により妨害されることが多く、実戦でリンクを成功させることはかなり難しい。しかし、相手に妨害をせざるを得ない状況を作り出せる点で、一種のブラフとして優れているとも考えられるだろう。
また、いくつかのサイキック・スーパー・クリーチャーはリンク解除という能力を持っており、除去を喰らってもリンク元のサイキック・クリーチャーバトルゾーンに残すことができる。

運用には少々骨が折れるが、使いこなして見せるだけの魅力はあると言える。本気で覚醒リンクを狙うならば、専用デッキを組むといいだろう。

覚醒リンクリンク解除の処理は該当ページ参照。

ルール [編集]

サイキック・スーパー・クリーチャーを進化させた場合 [編集]

サイキック・スーパー・クリーチャーの上に進化クリーチャーを重ねる場合、サイキック・スーパー・クリーチャーだったものはバラバラのサイキック・セル1枚ずつとして進化クリーチャーの下に置かれる。この時、進化クリーチャーを出すプレイヤーがサイキック・セルを置く順番を決定する。この時点でサイキック・スーパー・クリーチャーのリンク情報は失われる。

その他 [編集]

  • サイキック・スーパー・クリーチャーもサイキックコストを持っているが、便宜上設定されているだけであり、特に意味は無い。ただ、基本的に大きめの数値になっているので、《怨念集結》のようなコストを指定する除去は受けにくくなっている。
  • 開発陣の振り返りでは、「ぶっちゃけサイキック・スーパー・クリーチャー(という名前)はスーパー・サイキック・クリーチャーにすべきだったなとは思う」とコメントした。(ソース
    • これは、「サイキック・スーパー・クリーチャーはサイキック・クリーチャーとして扱う」という蛇足のようなルール(総合ルール805.1)をわざわざ制定することになってしまったことに対するコメントであると思われる。

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《極限龍神メタル》の「出た時」の能力で、相手の《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》を構成しているカードを1枚選び、墓地に置けますか?
類似例:《エンドレス・フローズン・カーニバル》
A.いいえ、墓地に置けません。構成カードのサイキック・セルはクリーチャーとして表出しているカードなので、「クリーチャーではないカード」を選ぶ能力では選べません。
引用元