デュエマであそぼう!2022 [編集]

2022年4月9日に配信されたデュエル・マスターズの入門アプリ。対応機種はiOS/Android/Nintendo Switch。
Nintendo Switchは不具合により延期し、4月18日に配信。
2022年4月23日にアップデートがされた。(Switch版は5月中旬予定)
価格は基本無料。

基本的なシステムは前作「デュエマであそぼう!」と同じく、デュエル・マスターズ プレイスのシステムを流用しながら、TCG版(紙)のルールを再現した仕様となっている。

TCG版のルールを再現できていない部分 [編集]

  • バトルゾーンに出せるカードは無制限…アプリ内ではそれぞれ7枚までしか出せない。
    タマシードはデュエプレのクロスギアのようにバトルゾーンに出ているカードの1枚としてカウントするので、クリーチャータマシード合わせて7枚までとなっている。
  • 手札に上限はない…アプリ内ではそれぞれ10枚までしか持てない
  • 先攻後攻はじゃんけんで決める…アプリ内では自動的に決定される
  • 連鎖ブロックについて…相手の攻撃1回には、ブロッカー1体でしかブロックできない

デュエル・マスターズ プレイスとは異なる仕様 [編集]

  • 「タップ」により、オブジェクトが実際に90°横向きになる
  • マナゾーンのカードをタップしてマナを支払う
  • 「文明の解放」システムはない
  • 探索を行わない
  • ランダムハンデスは、実際に相手の裏向きの手札を選ぶ

モード [編集]

ソロプレイ [編集]

ヒミコボルツハイドキラ鬼札 アバク切札 ジョーの順に解禁される。
デッキはDMSD-20DMSD-21がベースだが、ハイド以降の相手はDMRP-21のカードも使ってくる。アバクジョーに至ってはベリーレア以上のカードをふんだんにデッキに入れている。

ソロプレイでは以下の隠しミッションが存在する。

+  クリックで展開

デュエマのあそびかた [編集]

チュートリアル。ゲーム開始時に見るが、飛ばす事も可能で、後から見返す事も可能。

特典 [編集]

キラまで勝利すると、対象店舗で《モモキング-MAX》が貰えるキャンペーンと、
ソロプレイで1勝する度に1話、漫画「キング」(王来篇期)が読める。[1]

収録カード [編集]

ゲーム開始時にDMSD-20DMSD-21のカードが各4枚ずつ貰える。
ソロプレイで1勝する度にパックチケットが2枚手に入る。
パックはDMRP-21から5種抜き出された物となっており、チケット1枚でその中から1種4枚が手に入る。

Ver.1.0.0 [編集]

バグ・不具合 [編集]

余談 [編集]

  • 前作に引き続き文明のカードが一枚も収録されていない。
  • タマシードの場持ちの良さ故に、DCGの7体までの仕様の相性が悪い。安易に出しすぎるとS・トリガーが使用できなくなるので注意。
  • 素材の都合と思われるが、誰で《モモキング-MAX》を召喚してもジョーの顔のカットインが出てしまい、些かシュール。
  • ロード画面ではメインキャラクターの身長と体重を含めたプロフィールが公開されている。
  • ホーム画面のデッキーを何度も(20,50,100回)タップするとボイスが追加される。
  • タイトル画面で1分間放置すると各キャラの解説を見る事ができる。

参考 [編集]


[1] ただし、1話ごとに一度目に読み出した日から半年間のみ。