《ドラゴン流鬼(りゅうき) <パンドラ.(オーガ)>》 [編集]

ドラゴン流鬼 <パンドラ.鬼> VR 闇文明 (8)
スター進化クリーチャー:デモニオ/鬼レクスターズ 14000
スター進化:レクスターズまたは闇のクリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3つブレイクする)
このクリーチャーが出た時、進化ではないクリーチャーをすべて破壊する。
自分のターンの終わりに、このターン、クリーチャーが3体以上破壊されていたら、クリーチャーまたはタマシードを合計2枚まで自分の墓地から手札に戻す。

DMRP-21で登場したスター進化デモニオ/鬼レクスターズ

cip非進化クリーチャーに対して敵味方問わない豪快な全体除去を放つ。

自分のターンの終わりにはクリーチャー、またはタマシードを2枚までサルベージできる。
ターン中に敵味方問わず3体以上クリーチャー破壊する、という条件を満たさねばこの能力は使えないものの、cip全体除去で複数のクリーチャー破壊できることから《ドラゴン流鬼》を出したターンには比較的容易に満たせるだろう。

また、進化クリーチャーNEO進化クリーチャーにはブロッカーを持つ物が少ないので、一斉攻撃時の突破口にも最適である。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 4つ目の能力について

Q.自分の《罪罰執行 ジョ喰ンマ》を「無月の大罪」を使ってバトルゾーンに出した自分のターンの終わりに、「無月の大罪」の「自分のターンの終わりに」の能力で《ドラゴン流鬼 <パンドラ.鬼>》を破壊しました。この《ドラゴン流鬼 <パンドラ.鬼>》がこのターン中に破壊された3体目のクリーチャーであれば、その《ドラゴン流鬼 <パンドラ.鬼>》の「自分のターンの終わりに」の能力で、クリーチャーまたはタマシードを合計2枚まで自分の墓地から手札に戻せますか?
A.はい、手札に戻せます。《ドラゴン流鬼 <パンドラ.鬼>》の「ターンの終わりに」の能力は、ターンの終わりに無条件でトリガーし、実際に解決する際にクリーチャーが3体以上破壊されているかどうかをチェックします。ターンの終わりに解決した効果によって3体目のクリーチャーが破壊された場合でも、その後に《ドラゴン流鬼 <パンドラ.鬼>》の能力を解決すれば、クリーチャーかタマシードを2枚まで手札に戻せます。
引用元(2022.4.22)


[1] このように発音する分にはドラゴン龍そのまんまであるが、漢字表記は異なるため大会等でデッキリストを記入する際には注意すべきかもしれない。