デッキー [編集]

漫画およびアニメ「デュエル・マスターズ(2017)」で登場するキャラクター。
声優は前作「VS」シリーズで熱血ナレーター役をつとめた佐藤せつじ氏が担当。

切札 ジョーのもとに現れた「しゃべるデッキケース」。
ジョーの描いた絵から本物のクリーチャーカードを生み出す能力を持つ。この能力によって誕生したのがジョーカーズである。

マスターカード《ジョリー・ザ・ジョニー》を作り出すに至ったことから、ジョーにはデュエル・マスターになる資格があると考え、事あるごとにデュエル・マスターへの道をジョーに説く。

ちなみに、デッキーがジョーカーズを生み出す手順は、

  1. ジョーの描いた絵を食べる
  2. サンバを踊る
  3. 「DM」形の鍵を尻に入れてもらう
  4. 口から光が出てクリーチャーが実体化する(この時点でクリーチャー誕生)
  5. 実体化したクリーチャーをデッキーで押しつぶす(ペタンコプレス)
  6. クリーチャーがカードに変化する

というもの。カードはお湯をかけたりこすったりすると再び元の姿に戻る。また、ペタンコプレスはジョーカーズ以外もカードに変化させることができる。

数多くのクリーチャーを知っているようで、またクリーチャー世界にも詳しい。

意思を持つデッキケースであることを人間に知られるとデッキーはタダのデッキケースに戻ってしまうという設定だが、ボルツなどデュエル・マスターに対してはばれても問題が無いそうである。アニメ版ではなし崩し的にデッキーの存在がボルツに知られたが、漫画「デュエル・マスターズ(2017)」2巻では「この程度のデュエル・マスターになら知られても問題が無い」という考えからその存在をデッキー自らが明かした。しかし、その後のアニメ「デュエル・マスターズ キング」では、キング・オブ・デュエマッチ優勝パレードにモモキングたちと共に公衆の前に姿をさらしていることから、この設定は自然消滅したと考えられる。

「デュエル・マスターズ(2017)」8巻の日常パートでは、「ジョー様は全宇宙を救うのが使命なので、場末の大会で優勝して喜ばれては困る」という理由で地区大会の優勝を妨害した。

その生態は謎だが、体の中は別次元へと繋がっており、そのルートも様々で、基本的に何でも飲み込むことができる。
また、不死身かそれに近い存在で、『キング!』1話では体を真っ二つに切り裂かれてもすぐに復活した(ジョーとその仲間たちからも全く心配されてない)。

  • サンバの演出は、生み出すジョーカーズが有色の場合は通常と若干異なる。(文明はファイアーダンス、自然文明はターザンがそれぞれモチーフ)
  • また、アニメ「デュエル・マスターズ!」からはサンバの曲が「2017」から変わっている。
  • アニメ「デュエル・マスターズ(2017)」43話からは、絶滅によって産めなくなっていたドラゴンをどうしても産んでほしいというジョーの要望に応えるため、尻を鍛えることになる。ミニコーナーとして、《シリー隊長》をコーチとするシリーズ・ブートキャンプが始まった。
  • 「デッキー」という名前はデッキケースだからという以外に、持ち主である切札 ジョーの名前と合わせる事で「ジョー・デッキー」すなわち「上出来」となるネーミングでもある。
  • 漫画「デュエル・マスターズ(2017)」1巻オマケ漫画では、デッキーの誕生秘話が語られている。松本しげのぶ氏はある日自分の子供たちと遊んでおり、息子はオリジナルのクリーチャーを描き、娘はぬいぐるみで遊んでいた。そんな中、氏が娘の熊のぬいぐるみで怪獣ごっこをしていると娘は「クマちゃんはしゃべるから(賢いから)そんな(野蛮な)ことしない」と咎めた。氏は息子が描いた絵と娘の何気ない一言から、こうして「オリジナルクリーチャーを生み出す喋るデッキケース」としてデッキーを考案した。

戦績 [編集]

+  折りたたみ

参考 [編集]


[1] 「キング」7話より
[2] 「キング!」1話より