落下男(らっかおとこ) [編集]

落下男 UC 闇文明 (2)
クリーチャー:ヘドリアン 2000
スレイヤー(このクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)
相手のクリーチャーが、出たターンに攻撃する時、その攻撃の後、そのクリーチャーを破壊する。

DM22-RP1で登場したヘドリアン

スピードアタッカーマッハファイターを始めとした、相手のクリーチャーバトルゾーンに出てからすぐの攻撃行為に対してデメリットを課す。

進化クリーチャーは一番上のカードでこのターン出たかを判定する。(参考:《ソーナンデス <レイザー.Star>》
厳密には、バトルゾーンにあるカードそれぞれが「このターンに出たか(召喚酔いマッハファイターなどの判定)」を記憶しており、クリーチャー指定で「出たターン」かを見る場合はそのうち一番上のカードの情報を使う。

アビスラッシュに対しては狙ったと思えるほど弱く、山札の下に行くことなく墓地に置かれて次のターンにまた墓地召喚されてしまう。

ルール [編集]

「攻撃する時」のタイミングで、攻撃を開始したクリーチャーがそのターンに出ていたものであり、その同一クリーチャーが「攻撃の後」のタイミングまで残っている必要がある。

侵略は、一般的にはスピードアタッカーなどを使うため、素材自体が破壊される条件を満たしていることが多く、引き継ぎで破壊になるケースは多い。
しかしながら、S・トリガーで召喚していた《熱血龍 バトクロス・ハンマー》のように、自分のターンのはじめから続けてバトルゾーンにあるクリーチャーなら、侵略クリーチャーは《落下男》の誘発チェックを通過してからバトルゾーンに出ることになるため、攻撃の後にそのクリーチャーは破壊されない。

革命チェンジは「攻撃する時」の遅延誘発の効果付与がチェンジ前のクリーチャーとなり、チェンジ後は「そのクリーチャーを破壊」の対象ではなくなっているので破壊できない。

その他 [編集]

  • フレーバーテキストは、スマートフォンを落としてしまうとガラス面がバキバキに割れる場合があることを指しているのだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM22-RP1
    なあに大したことはない。落として画面がバキバキになる呪いってだけさ。 ― 落下男

収録セット [編集]

参考 [編集]