《バクエン変怪(へんげ) <シグマ.(オーガ)>》 [編集]

バクエン変怪 <シグマ.鬼> P 火文明 (2)
スター進化クリーチャー:鬼レクスターズ[サバイバー] 3000+
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
攻撃中、このクリーチャーのパワーを、自分のタマシード1枚につき+3000する。

DMSD-21で登場したスター進化鬼レクスターズ/サバイバー

自軍のタマシードを参照する疑似パワーアタッカーパワード・ブレイカーを持つ。

軽量進化クリーチャーだが、最速で進化させるとほぼバニラなので速攻向けではない。
名前にもある《シグマ・トゥレイト》と同様、大量展開が終わった後のワンショットに使うフィニッシャーとして使えそうである。
本来ならば打点に使えないタマシードをこのカードのパンプアップパワード・ブレイカーで疑似的に打点に変換できる、という能力は悪いものではない。

また、自分のタマシード1枚でパワー6000の2つブレイクになるので3,4ターン目のビートダウンにも使えなくはない。

かなり軽いパワード・ブレイカーということで、タマシードを一切使わないデッキでも【秘密結社アウトレイジ】ギミックに組み込むことができる。《Re:奪取 トップギア》を使えば1マナで進化と《秘密結社アウトレイジ》G・ゼロを両立できる。

2ターン目《Re:奪取 トップギア》、3ターン目《トップギア》をG・ゼロでパワーアタッカー+1000000、その上に《<シグマ.鬼>》を1マナで進化させて引き継ぎ、残り2マナで《パラソル・チュリス》《Disパイロン》リーサルとなる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の《ゴイチゴ隊長》とタマシードがバトルゾーンにある状況で、そのタマシードの上に進化クリーチャーを重ねました。《ゴイチゴ隊長》の「自分のタマシードがあれば」の能力はどうなりますか?
類似例:《バクエン変怪 <シグマ.鬼>》
A.《ゴイチゴ隊長》はパワー2000のクリーチャーとなり、「W・ブレイカー」も失います。カードの下に置かれているタマシードは特性が無視されるので、タマシードを参照する効果で参照できません。

+  (総合ルール 200.3a)

引用元(2022.4.8)