《アビスベル=覇統(デスベル)=ジャシン(てい) [編集]

アビスベル=覇統=ジャシン帝 OR 闇/自然文明 (10)
クリーチャー:アビスロイヤル 17000
革命チェンジ:コスト7以上のアビス
T・ブレイカー
相手のコスト10以上のクリーチャーがあれば、このクリーチャーは離れない。
自分のシールドがブレイクされた時、相手のクリーチャーを1体選び、破壊する。
終極宣言:自分のターンのはじめに、アビス・クリーチャーを好きな数、自分の墓地またはマナゾーンからコストを支払わずに召喚してもよい。ただし、それらが出た時にトリガーする能力は、トリガーしない。このターン、それらのクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できる。(「終極宣言」は、ゲーム中に一度だけ使える)

DM23-EX3で登場した/自然アビスロイヤル

大型アビスを踏み台に革命チェンジできる超大型アビス。相手の大型クリーチャーがいると離れない耐性を得、自分のシールドがブレイクされると確定除去でやり返す。
目玉となる終極宣言は、アビスを好きな数召喚扱いでコスト踏み倒しする豪快なもの。cipは使えないが、かわりにアビスラッシュのように相手プレイヤーを攻撃できる効果が与えられる。

この手のクリーチャーが終極宣言を使えないシチュエーションは主にそのクリーチャーを除去されるか、無視してプレイヤーにダイレクトアタックされるかだが、どちらにもある程度対抗できる能力を持ち合わせている。

同じアビスである《シス=魔=シャル》終極宣言とは、cipが使えるかで差別化が可能。相性の良いアビスはそれぞれ異なるので、上手く使い分けたい。

  • コスト10以上による無敵化能力は、超大型がひしめくゼニス(もとい、ゼニス・セレス)や《竜皇神 ボルシャック・バクテラス》を意識した効果であり、両者ともT・ブレイカー以上を所持している為に複数除去も行いやすくこちら側の大量展開も合わせカウンターを決めやすく、歴代シリーズ伝統の大ボスに対してのメタ効果である。背景ストーリーを考慮すると「自身の実力と対等、それ以上の力を持つ強敵に対してのジャシンの更なる姿」という所だろうか。
    • その一方で、《DARK MATERIAL COMPLEX》相手との相性は悪く、コストが低いため無敵化対象に入らず、自身の効果で除去できず他のクリーチャーの除去をしようものなら下に置くカードを増やす利敵行為でしかなく、背景ストーリー同様に闇の力を吸収し続ける為一人では勝てない部分が再現されている。

背景ストーリーにおいて [編集]

アビス・レボリューション背景ストーリーにおいてジャシン帝《邪鎧 デ=アムド》を装備し、《邪騎 スベルニル》に騎乗した姿。《ジャシン帝》の「本気」とも称されている。
《アビスベル=覇=ロード》の状態では《竜皇神 ボルシャック・バクテラス》に一方的に追い詰められたが、《バクテラス》が暴走した隙を付いて深淵へと撤退、《スベルニル》と合流しこの姿となった。
その後は暴走を乗り越え真に太陽と一体化した《バクテラス》と対峙。超獣世界の終極宣言とも呼ぶべき究極の攻撃を食らわせ続ける。しかし、《バクテラス》が自らの身を犠牲にして火文明を守ろうとする覚悟を決めたことで《DARK MATERIAL COMPLEX》が分離。
その後は《COMPLEX》と戦闘を開始する。闇の力を吸い続ける《COMPLEX》には不利を取っていたが、シノビ達の猜疑心に漬け込んだ《COMPLEX》を倒すべく《富轟皇 ゴルギーニ・エン・ゲルス》が加勢に現れた事で状況は一変。
《エン・ゲルス》の光の前に《COMPLEX》の糧となる闇が全て失われた一瞬の隙を付き《COMPLEX》を撃破した。
《バクテラス》の強い心と、《エン・ゲルス》の豊かな光。かつて自身を封印した両名の力を図らずも借りてしまったことで、《ジャシン》はあまり見せることのない複雑な表情をしていたとのこと。

また、かつて一度撃退された《クリス=タブラ=ラーサ》にもこの姿を解禁し、《タブラ=ラーサ》を深淵の炎で塵にしている。

現状ではジャシンが何故彼らと敵対したのかは一切不明である。

余談 [編集]

  • シークレットレア版のイラストの元ネタは、ジャック=ルイ・ダヴィッドのナポレオンの肖像画こと『サン=ベルナール峠を越えるボナパルト』。
    《深淵の三咆哮 バウワウジャ》のシークレットレア版とは元ネタ被りが起こっているが、実はこの絵は5枚存在し、それぞれ微妙に細部が異なる。今回は背景が暗い色で描かれていることから、ヴェルサイユ宮殿所蔵の2枚目がモチーフだと思われる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]