鬼ヶ邪王(おにがじゃおう) ジャオウガ・ゼロ》 [編集]

鬼ヶ邪王 ジャオウガ・ゼロ SR 闇/火文明 (7)
クリーチャー:デモニオ 7000
コストを支払うかわりに、自分の墓地にある闇または火のカードを合計8枚、シャッフルしてから山札の下に置いて、このクリーチャーを召喚してもよい。
自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その中からデモニオを1体出してもよい。

DMEX-19で登場した/デモニオ

代替コストによる召喚能力と、自軍すべてにスピードアタッカー付与する能力を持つ。
さらにアタックトリガーで3枚の墓地肥やしを行いつつ、その中からデモニオを1体コスト踏み倒しできる。

代替コストによる召喚は、山札回復としての側面があるため、ライブラリアウトを回避することが可能。
枚数はかなり多く、墓地肥やしを行うにしても数ターンはかかるが、墓地が貯まりやすい中盤以降なら自然と達成できる。

ただ、相手が《封鎖の誓い 玄渦》《若き大長老 アプル》といった墓地からカードを移動させないメタカードを使っていると、大きく弱体化するのは弱点。
リアニメイトはもちろん、離れないカードを選んでカードを離すことをコストにする置換効果を使うことができないため、タダで召喚した打点運用もできなくなってしまう。

デモニオコスト踏み倒しは「体」表記であるためクリーチャーしか踏み倒せずタマシードは対象外である。
そのかわりデモニオクリーチャーであれば文明を問わずスター進化クリーチャーS-MAX進化クリーチャーも踏み倒せる。

デモニオかつ低コストで大量の墓地肥やしができる《鬼札アバクと鬼札王国》は相性がよい。
事前に2枚以上墓地肥やしを行なっていれば3ターン目に《ジャオウガ・ゼロ》の代替コストを支払える。
2ターン以内に2枚以上墓地肥やしができるデモニオ候補といったら《シャクネツ悪鬼の巻》か1ターン目にクリーチャータマシードを出した後に召喚した《コオニ弁天》だろうか。
ただ、自然デモニオは数が少なく、を含む自然デモニオ《鬼札アバクと鬼札王国》しか無い。
を含むカードでなければ代替コストは支払えないため自然単色カードを入れる際は注意。

  • 《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》手札1枚から任意のデモニオを踏み倒すことができる。
    1.《エンド・オブ・ザ・ワールド》を出し、山札の上から2枚を《ジャオウガ・ゼロ》と踏み倒したいデモニオに固定しつつ、適量の闇か火のカードと《一なる部隊 イワシン》を墓地に送る。
    2.《イワシン》の効果で《ジャオウガ・ゼロ》を引き、手札を1枚捨てる。
    3.《ジャオウガ・ゼロ》を代替コストで召喚。
    4.《ジャオウガ・ゼロ》攻撃時、《エンド・オブ・ザ・ワールド》で山札の上に固定したデモニオが墓地に送られるため、それを踏み倒す。
    • 状況によっては《ジャオウガ・ゼロ》を2枚山札の上に固定して《イワシン》2枚を墓地に送り、《ジャオウガ・ゼロ》を2体出しても良い。
  • 種族鬼札王国鬼レクスターズを持たない初のジャオウガ。デモニオにおいても2例目となる。
    名前の「ゼロ」から察するに、鬼札王国を建てる前のジャオウガの姿なのだろう。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]