ゴッド・オブ・アビス背景(はいけい)ストーリー [編集]

PREV [編集]

該当弾 [編集]

DM22-RP1 「ゴッド・オブ・アビス 第1弾 伝説の邪神」


概要 [編集]

五文明が平和を謳歌する世界。そこにある日《アビスベル=ジャシン帝》が永き封印から解き放たれた。眷属種族アビスロイヤルを率いる「邪神」に、他文明がどう立ち向かうかが描かれる。

なお過去シリーズまでで描かれた並行世界との関係は判然としない[1]。各文明の文化や精神性や地理情報には既出の並行世界との大きな違いがあるが、その一方、一部のカードのイラストでは新章世界で登場したクリーチャーが大写しになっていたり、エピソード世界で登場したクリーチャーの名前や持ち物が伝承されていたりする。

また当シリーズには王来MAXに引き続き、過去のカードの大規模再録枠「トレジャー」が設けられている。トレジャーの一部カードのフレーバーテキストでは、ゴッド・オブ・アビス以前の、過去シリーズ背景ストーリーの補足も行われている。

各文明の様相 [編集]

各文明にはこれまでにない文化が見られる。また各文明のクリーチャーは全員が同じ場所で暮らしているわけではなく、例えば文明なら、後述の「ゴルギーニ・タウン」以外にも生活拠点がある。文明には内部派閥があり、派閥ごとに別々の拠点で生活している。

光文明 [編集]

以下の拠点/派閥が存在する。

  • ゴルギーニ・タウン
  • その他この勢力以外に、「正義」を重んじる派閥や、「秩序」を重んじる派閥がいることが語られている。

水文明 [編集]

  • 「音楽」の力が重んじられる。
    • その到達点として、古い書物に残っていた異国の文化、”ハイク”が研究されている。
  • ただあくまでもこれは文明内のある派閥で流行しているものに過ぎず、他の派閥もあることが示唆されている。
  • 自然文明とともにDM22-RP1時点で「深淵」やアビスロイヤルと直接接触した描写がないなど、比較的「深淵」から遠く被害が小さいことが示唆されている。

闇文明 [編集]

以下の派閥が存在する。

  • アビスロイヤル
    • ストーリー開始直前まで、「深淵」あるいはそこから繋がる異空間に封印されていた存在。
    • 文明の「城下町 (仮称)」および文明の「ゴルギーニ・タウン」の近くに出現した「深淵」を拠点とする。
    • 文明の伝説として封印経緯が断片的に伝わるが、その詳細は謎。
  • アビスロイヤル以外にも文明の派閥はあるらしい。《ゼナーク》なる、文明の正統後継者を自称する存在[2]がいるとされる。

火文明 [編集]

文明内で貴族などの階級が形成されているようである。以下の拠点/派閥が存在する。

  • 城下町 (仮称)[3]
    • 「暴竜爵」という爵位 (大公位) を持つドラゴンが代々支配している。現在の「暴竜爵」は「轟炎の竜皇」とも称される人物だが、遠征中で超獣世界にいない[4]
    • 歴史を重んじている。歴史上活躍したクリーチャーの名前などが尊重されたり権威を持つ[5]
      • 爵位である「暴竜爵」も、もともとは「ボルシャック」が変化して発生した語。
    • ここに暮らす者は火文明の中でも位が高いドラゴンや、その家来。
  • その他この勢力以外に、「暴竜爵」の権力が及ばない野生の力を残したドラゴンが住む山があることが語られている。

自然文明 [編集]

  • 「至高の回転競技」と呼ばれる「剛流振(ゴルフ)」なるスポーツが流行している。
  • ただあくまでもこれは文明内のある派閥で流行しているものに過ぎず、他の派閥もあることが示唆されている。
  • 文明とともにDM22-RP1時点で「深淵」やアビスロイヤルと直接接触した描写がないなど、比較的「深淵」から遠く被害が小さいことが示唆されている。

DM22-RP1 「ゴッド・オブ・アビス 第1弾 伝説の邪神」[6] [編集]

五文明が平和を謳歌する「超獣世界」にある日、7日間続く天変地異が発生。
それにより大きな被害や不安が広がる各文明では、対応や調査を強いられた。だがそれだけにはとどまらなかった。「超獣世界」のとある海岸沿いに、「深淵」と呼ばれる異空間に繋がる場所[7]が出現してしまったのである。

そこから現れた異形の存在たち。五文明は彼らが「アビスロイヤル」であることに気が付いた。それは何世代も前の古の時代にて、文明の初代「ボルシャック」が、文明と組んで封印した存在だった。
前述の天変地異に加え、「深淵」に繋がってしまった衝撃、そしてアビスロイヤルを統べる「邪神」の復活による衝撃は、超獣世界に地殻変動をもたらした。その結果世界は「ひとつの大きな島と三つの中くらいの島、そして無数の小さな島へと分裂」してしまう。

伝説あるいはおとぎ話として語られてきた存在の復活に、両文明は世界の終焉の到来さえ覚悟し奮起する。自然文明もまた衝撃を受けた。彼らが愛する回転競技「剛流振(ゴルフ)」が、アビスロイヤルおよびその首魁たる「ジャシン」への対抗トレーニングであったことを思い出したのである。そして文明ても、彼らの間で1億年前から伝わる「歌」にもアビスロイヤルについての記述はあり、今回の復活は絶望をもって受け止められた。

主な登場人物 [編集]

光文明 [編集]

闇文明 [編集]

火文明 [編集]

  • 貴族勢力のリーダー
    • 「轟炎の竜皇」にして当代の「暴竜爵」

NEXT [編集]

  • ???

参考 [編集]


[1] デュエチューブの2022年9月16日付で投稿された動画にて、デッドマンは (チアリの「今までの続きなのかどうか」と問われて) 「それはちょっとね、まだわからないんです」と述べている。
[2] デュエチューブの2022年9月16日付で投稿された動画、15:02あたりで語られている。
[3] デュエチューブの2022年9月16日付で投稿された動画、9:24あたりで用いられている語。正式な呼称なのか便宜的なものなのか不明。
[4] デュエチューブの2022年9月16日付で投稿された動画、9:56あたりで語られている。
[5] デュエチューブの2022年9月16日付で投稿された動画、4:08あたりで語られている。
[6] この弾の背景ストーリーデュエチューブの2022年9月16日付で投稿された動画で大きく補足されている。当項の記述は当弾のフレーバーテキストの記述を主とするが、この動画で明かされた情報も多分に含んでいる。具体的には、地殻変動の結果として起こった世界の「分裂」についての詳細は、当動画の2:49〜からの発言を引用している。
[7] この接続先の異空間のことを「深淵」と呼んでいるのか、それとも異空間に接続している海岸沿い某地点のことを「深淵」と呼んでいるのかは曖昧。