真のデュエル [編集]

漫画・アニメ「デュエル・マスターズ」シリーズに登場する用語。

概要 [編集]

「真のデュエリスト」と呼ばれる者同士の決闘、またはクリーチャーとの決闘において使用される、特殊なデュエル
通常のデュエル・マスターズと基本のルールは同じだが、このルールが適応された試合では、召喚されたクリーチャーが実体化し、物理的な影響をもたらす事ができる。
また、同様にシールドも実体化し、シールドが破られるとその破片がデュエリストを傷つける。そして、ダイレクトアタックを受けゲームに敗北したプレイヤーは死亡する。
文字通り「命懸け」の危険なデュエルであり、作中でもその危険性を恐れられる描写が度々登場している。
ただし、勝利したデュエリストが望むならば相手の命を奪わないこともできる。またエクストラウィンはダイレクトアタック同様に命を奪う勝利として扱われるが、何らかの外的要因で試合が中断された場合は何も起こらない。

勝太編 [編集]

このシリーズでは「真のデュエル」という用語は後述する1回を除いて登場していないが、酷似したものは登場している。

  • アニメ「ビクトリーV3」では、「書」の影響を受けたクリーチャー達が人間や特定の物品を依代に実体化し、様々な事件を引き起こしていた。
    それら実体化したクリーチャーとの戦いの場として、エグザイル・クリーチャー達やオラクル教団のクリーチャーは「デュエルゾーン」を展開できる。デュエルゾーンの中では真のデュエル同様にクリーチャーやシールドが実体化するが、デュエルゾーン内で敗北しても直接命に別状はない[1]
  • アニメ「VSR」で、ザキラバサラ《禁断〜封印されしX〜》を賭けて「真のデュエマ」を行った。こちらは真のデュエルであると明言されており、クリーチャーが実体化し、破壊されたシールドはデュエリストを傷つけた。最終的に試合は中断されたが、敗北は死を意味するとも明言されている。
  • 漫画「VS」では《伝説の禁断 ドキンダムX》に敗北した者は封印されてしまう。明言はされていないが事実上の真のデュエルと言える。
    同様にアニメ「VSRF」では《終焉の禁断 ドルマゲドンX》に敗北した者は最終禁断に喰われてしまう。
    ただしこれらはあくまで「敗北」した時の代償であり、クリーチャーの実体化やシールドの破片による被害はない。
  • 《伝説の禁断 ドキンダムX》《終焉の禁断 ドルマゲドンX》を使い、敗北した者は禁断の呪いにより、禁断のカードと共にその命を失うとされている。
  • アニメ「ビクトリーV」の《ニヤリー》、「ビクトリーV3」のオラクルとその影響を受けたクリーチャー、「VSRF」の《終焉の禁断 ドルマゲドンX》は、実体化している。

ジョー編(新章) [編集]

このシリーズでは、デュエルマスターと共に「真のデュエル」が再び取り上げられるようになった。このシリーズの真のデュエルは、ルールは同じだが過去のシリーズと異なる演出が用いられている。

  • 真のデュエルは基本的に、特定のクリーチャーの能力で開かれる、異空間に存在する塔のような専用のデュエルフィールドにて行われる。
  • シールドは赤色のオーブを中心に模様入りの盾のような形で展開される。シールドがブレイクされると盾の部分が破片となって降り注いだ後、オーブが降りてきてカードとして手札に加わる。
  • 勝者が敗者のの殺害を望まない場合、ダイレクトアタックが明確に相手を避けている事が描写されている。逆に勝者が殺害を望まなくとも、何らかの理由でダイレクトアタックを直接受けてしまえば相手は死亡する。

作中ではデュエル・ウォーリアとのデュエル、そしてデュエルマスター同士の(マスターとしての)デュエルは真のデュエルで行われる事になっている。すなわち、デュエル・ウォーリアとは命懸けのデュエルを強制されることになるが、ジョーカーズのマスターである切札 ジョーは殺害を望まなかったため、デュエルで敗者を手にかけた事は不測の事態であった一部を除いてない。

ジョー編(キング) [編集]

アニメ「キング」以降は勝太編のように真のデュエルが行われる事はなくなったが、こちらも酷似したものは登場している。

ウィン編 [編集]

真のデュエルという名前ではないが、《アビスベル=ジャシン帝》の能力によって、同様にクリーチャーが実体化し、敗者には物理的な被害が及ぶ「ジャシンデュエル」が行われている。
当初は実際に命に関わる被害をもたらしていたが、斬札 ウィンによって《ジャシン帝》がカードに封印されて以降は物理的な被害は起きなくなり、代わりに恐ろしい夢(邪神タイム)を見せるのみにとどまっている。

真のデュエルを行った事があるデュエリスト [編集]

  • ※は真のデュエルにより死亡した者。

勝舞編 [編集]

勝太編 [編集]

ジョー編 [編集]

+  一覧

余談 [編集]

  • キッズステーションの情報番組「デュエマTV!!」では、《伝説の禁断 ドキンダムX》のダイレクトアタックを受けると再起不能になるという、真のデュエルのような設定が存在している。
    こちらは真のデュエルと異なり「ドキンダムXの」攻撃を受けなければいいので、ドキンダム以外のダイレクトアタックを受けた場合や、特殊敗北した場合は封印される事はない。
  • アニメ「VSR」以降、命をかけたデュエルや実体化したクリーチャーの関わるデュエルには、「VSR」の《業火の禁断エリア》のCG、「VSRF」の《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》のCG、新章「デュエル・マスターズ」の真のデュエルフィールドのCGのいずれかが流用される事が多い。

参考 [編集]

タグ: 用語集


[1] あくまで「ルールとして死ぬ」ことはないだけであり、神の封印を受けた《百万超邪 クロスファイア》や勝太とのデュエマ敗北後のヨミのようにデュエマの結果消滅した者自体はいる。