《アビスベル=(デス)=ロード》 [編集]

アビスベル=覇=ロード OR 闇/自然文明 (7)
クリーチャー:アビスロイヤル 11000
革命チェンジ:コスト5以上のアビス
自分のアビスすべてに「マッハファイター」を与える。
W・ブレイカー
自分のターンの終わりに、コスト6以下のアビス・クリーチャーを1体、自分の墓地またはマナゾーンから出してもよい。
各ターン、相手のクリーチャーがはじめて攻撃する時、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。

DM23-RP3で登場した/自然アビスロイヤル

コスト5以上のアビスを条件とした革命チェンジを持つW・ブレイカー
更に、自軍アビスマッハファイターを与える、ターン終了時にコスト6以下のアビス墓地/マナゾーンから1体踏み倒す、各ターン最初の攻撃をこのカードに攻撃誘導する、3つの能力を併せ持つ。

アビスアビスラッシュで即時攻撃できるカードが多いため、革命チェンジの取り回しは良好。
アビスラッシュのデッキ下に戻るデメリットも、革命チェンジで手札に戻してしまえば打ち消せるため、その点でも相性が良い。

ただ、革命チェンジは手札からしか使えないため、墓地肥やしで墓地に落ちてしまった場合に備えて、《フットレス=トレース》《「どんな夢がお望みだ?」》などの墓地回収手段は用意しておきたい。
もしくは無理に回収せず《アビスベル=ジャシン帝》の効果でアビスラッシュするのも手かもしれない。マナカーブも綺麗に繋がる。

アビスに対するマッハファイター付与に関しては、革命チェンジで出したこのカードには意味が無く、ターン終了時の踏み倒しにも無意味。
とはいえ、アタックトリガーpigを安全に使えるという点は大変便利。特にアビスには《ド:ノラテップ》のようなスレイヤーや、強力なpig持ちが揃っている。
アビスラッシュ持ちに対してマッハファイターを与えることで、プレイヤー以外にも攻撃の選択肢を得ることが出来る。一方、本来アビスラッシュ攻撃誘導を無視できるのだが、マッハファイターを持つことで攻撃誘導に引っかかるようになってしまう。ワンショットを仕掛ける際にはかなり重要であり、攻撃誘導持ちを出し得るデッキを相手にした際は、プレイングに気を付けたい。
なお、特にクリーチャー指定ではないのでタマシードなどにもマッハファイターを与えることが出来るが、登場時点では特に意味はない。

ターン終了時のコスト踏み倒しは範囲が広く、マナゾーンからも踏み倒せるので使いやすい。
上述のマッハファイター付与が意味がないこともあり、《ハンマ=ダンマ》などの除去や、《謀遠 テレスコ=テレス》などのブロッカーや相手ターンにトリガーする能力を持ったカードを出し、相手ターンに備えるのが無難。
またツインパクトとの相性は良く、呪文として使ったアビスをクリーチャーとして出すこともできる。

攻撃誘導は自身の革命チェンジと噛み合っており、各ターン最初の1回のみだがプレイヤーへの攻撃を誘導してくれる。この点は、《超獣軍隊 ゲリランチャー》と似た特徴である。
ただし、攻撃の誘導がターン1度限りなのと、自身がパワー11000と控えめなのが難点。
《不落の超人》などとは異なり、クリーチャー本体に攻撃を受けることが制限解除の条件ではない。このためアビスラッシュなどのクリーチャーを攻撃対象に選べない攻撃で各ターンの初攻撃を済ませれば、以降は自由に攻撃対象を選べてしまう。

さらに登場時点の環境ではパワー12000以上のクリーチャーが早期に出てくることも珍しいことではなく、パワーラインには不安が残る。他文明の大型革命チェンジたちにも、《銀河竜 ゴルファンタジスタ》にはパワー負け、《輝く革命 ボルシャック・フレア》にはターン1すべてのバトルに勝つ効果があると負けてしまう。
破壊前提で墓地回収手段を構えておき、粘り強く革命チェンジしていくのがよいか。

全体的に防御的なコントロール寄りの効果であり、攻めの《アビスベル=ジャシン帝》とはまた違った性質のカードと言える。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

  • 《テブル=ザザーム》は元は6コストだが手札を1枚捨てることで実質3コストで召喚することができ、自前でアビスラッシュを持つため革命チェンジ元として優秀である。コスト軽減のために手札を捨てるという行為は、《アビスベル=覇=ロード》の蘇生能力のおかげで逆にメリットになる場合もある。

アニメ・漫画において [編集]

  • デュエマでの初登場は第22話のリッパー教授戦(2回目)。
    映画『仁義なき戦い』オマージュの広島弁で漫画・アニメ『東京卍リベンジャーズ』オマージュのセリフを喋る他、一人称は「オラ」になり、口調と性格も不良じみたものへ変わっていたため、あまりの変わり様にウィンたちも驚愕していた。

《フォック=ザ=ダーティ》攻撃時に革命チェンジで登場し、《流星のガイアッシュ・カイザー》破壊した。さらに、自身の能力でマッハファイター付与した《深淵の壊炉 マーダン=ロウ》の攻撃時に《フォック=ザ=ダーティ》を出し直した。
ウィンがターンエンドを宣言した後も、リッパー教授がカードを引こうとした瞬間に他のアビスロイヤルと共に「ちょっとマッハー!」と茶々を入れ、《邪闘 シス》マナから踏み倒した。

革命チェンジのシーンでは《アビスベル=ジャシン帝》がヘルメットを被りバイクに乗った後、空間をガラス状に破って登場し、さらにアニメ映画「AKIRA」の金田スライドブレーキを披露している。2回目以降は《アビスベル=ジャシン帝》が映るシーンはカットされている。

覚醒に至った経緯や上述の発言も含め、漫画版よりもコミカルなキャラクターに仕上がっている。

  • ダイレクトアタックの際には「深淵(アビス)に堕ちろ!」と決め台詞を発するようになったが、第37話でのパパリン戦ではクリスマス回だったため「メリークリスマース!」となった。
  • オープニング映像やエンディング映像にも登場しており、特に第26話から映像が大幅に変更されたオープニングテーマ「Believe it leap」では「共に何十年でも旅をしよう」とバイクに乗ったこのクリーチャーを意識した歌詞である(実際にその歌詞の場面で覇=ロードが登場する)など劇中のデュエル以外でも非常に優遇されている。

その他 [編集]

  • カード名の由来は映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」および漫画「覇-LORD-」からだろうか。
    前者は漫画「北斗の拳」を彷彿とさせる世紀末な世界観が舞台で、後者は三国志をベースにした漫画だが原作者が北斗の拳の武論尊氏である。
  • 《アビスベル=ジャシン帝》の頃と比べてかなり頭部の装飾が変化しているが、アニメのCGを見る限りヘルメットのようだ。
    このカードが登場した2023年には道路交通法が改正され、元よりヘルメット着用が必須だったバイクだけでなく自転車のヘルメット着用が努力義務化されていた。意図されたものかは不明だが、ヘルメットの必要性が強調されつつある世情に適ったデザインになっている。
  • デュエチューブで明かされた話によると、元々開発段階では革命チェンジとは別にもう1つ新能力が付いていたが、次弾に取っておきたいことと革命チェンジだけで足りること、テストプレイ時にいろいろと問題が起こったことから、新能力はDM23-RP4に持ち越しとし、製品版の能力に落ち着いたという。参考

サイクル [編集]

DM23-RP3オーバーレアスーパーレアの大型革命チェンジサイクル。(収録番号順)

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 5つ目の能力について

Q.自分のアンタップ状態の《邪幽 ジャガイスト》とタップしている《アビスベル=覇=ロード》がバトルゾーンにいる状況です。
相手のクリーチャーの、このターンのはじめての攻撃で自分の《アビスベル=覇=ロード》が攻撃される際、自分は《邪幽 ジャガイスト》でブロックしました。
次に攻撃する相手のクリーチャーは《アビスベル=覇=ロード》を攻撃する必要がありますか?
A.いいえ、次の攻撃はそのターンはじめての攻撃ではありませんので、相手は《アビスベル=覇=ロード》以外を攻撃先に指定できます。
引用元(2023.10.11)