《聖霊竜騎ボルシャリオ》 [編集]

聖霊竜騎ボルシャリオ UC 光/火文明 (4)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン 3500
ブロッカー
相手プレイヤーを攻撃できない。
バトルゾーンに出た時、自分の山札から光または火の呪文を探索し、1枚を公開してから手札に加える。その後、山札をシャッフルする。

DMPP-09EXで登場した/エンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン
デュエル・マスターズ プレイスゲームオリジナルカード

《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》とはデザイナーズコンボになっており、進化元になった上でサーチした呪文をあちらのcipで踏み倒すことができる。
種族の中では軽めなだけでなくcipアドバンテージを稼げるため、似た様なゲームオリジナルカードのデザイナーズコンボ枠である《神滅翔天ザーク・ゼヴォル》《センチネル・ドラゴン》と同様に様々なデッキで進化元として採用できる。火を含む多色なので《聖鎧亜キング・アルカディアス》《暗黒凰ゼロ・フェニックス》にも進化が可能。
進化元としなくても、ブロッカーとして守りを固めつつ《魂と記憶の盾》など、その場に適した光または火の呪文をサーチできる。

《神門の精霊エールフリート》と比べると闇の《デーモン・ハンド》などを手札に加えられない点では劣るものの、1コスト軽いために先出ししやすく、光や火でもパワーに関係ない除去ができる《ラスト・バイオレンス》《ヘヴンとバイオレンスの衝撃》が登場しており候補も十分と言えるため、割り切った運用ができる範疇だろう。
その他には、デッキ構築を調整すれば刺さる相手が限られるために4枚積みし難い《三途万力》《炎槍と水剣の裁》を必要に応じてサーチすることもできる。
自身はクリーチャーなのでどちらにも巻き込まれないのも好相性。

ただし《神門の精霊エールフリート》と比較すると能力が強制になっているため、相手がハンデスを使ってきそうな場面でも相手にカードを見せつつ手札に加えなければならない点は痛いか。
特にコントロールデッキのミラーではデッキアウト寸前に壁として出しづらい点も注意したい。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-09EX
    迫りくる闇の軍勢。あらゆる生命を脅かすサバイバー。この世界にはもはや一刻の猶予も残されていなかった。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]