《バイオレンス・フュージョン》 [編集]

バイオレンス・フュージョン SR 闇/自然文明 (13)
呪文
自分のマナゾーンと墓地から、名前の異なるゴッドをリンクした状態で、バトルゾーンの上限になるまでランダムに出す。

DMPP-09で収録されたゲームオリジナルカード

マナゾーン墓地からカード名が異なるゴッドを可能な限り出す」というド派手な能力を持つフィニッシャー呪文。
リンクしたゴッドは召喚酔いしないため、そのままワンショットを狙える。

その豪快なコスト踏み倒し能力の代償にマナコストは13とこれまたド派手な重量であり、インビンシブル呪文(デュエプレ版)のようにコスト軽減能力も無い。
コンセプトとするなら《フェアリー・ミラクル》《セブンス・タワー》ターボしていくのが主な運用方法になるか。
マナゾーンからも踏み倒しが可能であるため、マナブーストでマナになったゴッドも無駄にならない。

ゴッドを多めにしたデッキに加える程度なら、長期戦にもつれ込んだ時の巻き返しの一手として1~2枚程度をサブフィニッシャーとして投入するのもいいだろう。

最大7体のゴッドを出せるが、《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル》1体しか出せなくても十分元は取れる。2~3体も出せればお釣りも返ってくるほど。デッキの構築を歪めてまで7種以上のゴッドをデッキに投入する必要はない。

注意しなければならないのは、最初からリンクした状態で出る関係上、リンク前のクリーチャーのcip、およびリンクした時に発動する能力は使えないこと。
ゴッドはリンク中のスペックだけでも十分強力ではあるが、場合によっては戦況をひっくり返せないことも十分あり得る。
「唱えれば勝ち」と手放しに採用するのではなく、しっかりとリンク時のみのゴッドのスペックを見極めたいところ。

ゴッド・カードという時点で、最低限準バニラ以上の働きは確約されている。《バイオレンス・フュージョン》を唱えられない試合展開だったとして、デッキに入れたゴッドが腐るということはまずなく、逆に《G・A・E》のように両立して相乗効果があるものもあるため、すべてのゴッドが組み合わせの候補となるだろう。

  • スタートチャージ10では、序盤のマナブーストがなくても13マナには楽に到達できる10マナスタートのため、通常環境とは違ったデッキを組むことができた。
    • ところが、10マナある状態は素出しのゴッド・カードがバランスブレイカーであり、現在ではゴッドすべてが禁止カードである。このルールでの《バイオレンス・フュージョン》は《偉大なる無駄》となってしまった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]