【モモキングダムX(エックス) [編集]

禁断スター進化を持つ《禁断英雄 モモキングダムX》を軸としたデッキ。

【禁断スター退化】と異なり、レクスターズを並べて《モモキングダムX》のカウントを進め、攻撃可能にすることを目指す。

禁断英雄 モモキングダムX KGM 闇/火文明 (2)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ/禁断/レクスターズ 99999
禁断スター進化:このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から進化ではないレクスターズが出るまで表向きにし、それをこのクリーチャーの下に置く。その後、山札をシャッフルする。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
自分の他のレクスターズが出た時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてこのクリーチャーの下に置いてもよい。
このクリーチャーは、カードが6枚以上含まれていなければ、攻撃できず、相手に選ばれない。
このクリーチャーに含まれるカードが6枚になった時、このターン、相手のクリーチャーすべてのパワーを-99999する。
T・ブレイカー

主要カード [編集]

《禁断英雄 モモキングダムX》コスト2核。禁断スター進化で場に出る。
カードが6枚になると攻撃可能になり、パワー低下で敵を殲滅する。

候補カード [編集]

共通項目 [編集]

カード名コスト備考
Re:奪取サイクル2レクスターズ。それぞれの文明の各ターン1体目の召喚コストを1下げる
ただし、《Re:奪取 トップギア》《Re:奪取 ブラッドレイン》は、
多色の最低コストである《モモキングダムX》には無意味なので注意。
魂の絆サイクル4いずれも有用なのでデッキの配色と要相談。
多色なので侵略先が多く、一度に2文明の侵略を重ね合わせる事も可能。
《モモキングダムX》と文明が合う《魂の絆 ヘモグロ&ハナコ》は特に強力。
各種侵略持ち進化レクスターズ5~6《オウ禍武斗 <サンマ.Star>》を除き、いずれも5マナ。
これらのカードをコスト踏み倒しして《モモキングダムX》の解放を早める。

[編集]

カード名コスト備考
《いさマーシー》2ジョーカーズ/レクスターズ。準バニラS・トリガー獣
《「天馬の騎兵」》3レクスターズ。シンカパワーでダイヤモンド状態を味方に付与。
《奇石 イカガ》レクスターズ。cipで手札からコスト2以下のクリーチャーを出せる。
《カーネンの心絵》レクスターズタマシード山札の上3枚から進化1枚とタマシード1枚を手札に。
《「火球の祈り手」&「伝承の語り部」》4レクスターズ。cipで手札からコスト4以下のクリーチャーを出せる。
《閃メク星戦 絶十》レクスターズ。cipで大量タップを狙えるS・トリガー獣
《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》5スター進化。cip攻撃時手札からコスト4以下のクリーチャーを出せる。
《モモキングダムX》が超巨大ブロッカーになる。
《王来文具ケシキング》ジョーカーズだが、非レクスターズ。
《モモキングダムX》がアンタッチャブルを維持したまま攻撃可能になる。
ブロッカーと呪文封じも便利。
《SMAPONの心絵》6レクスターズタマシードオールタップ
《「正義星帝」 <ダンテ.Star>》7シンパシー持ちスター進化。自軍の攻撃時シールド追加
横並びしやすく、S・トリガー獣を大量に積めるので相性がいい。

[編集]

カード名コスト備考
《ネ申・マニフェスト》3cipで手札補充墓地肥やし。侵略元には成らないが、基礎スペックは高い。
《Code:1500》4レクスターズ。cipで手札補充ジャストダイバーで生き残りやすい。
シンカパワーS・トリガーレクスターズを仕込み、相手ターン中の禁断解放を狙う。
《マノミ <ポセイドン.Star>》スター進化。cipで手札補充
《ググッピー <鮫.Star>》5スター進化。cipで2コスト軽減可能。
ターンの終わりに一番上がバウンスされるものの、3ターン目に水の侵略を重ね掛けできる。

[編集]

カード名コスト備考
《ぴえんぱおん》2山札の上から2枚墓地肥やしするジョーカーズ/レクスターズ。
《ナーガ.Star》や《ヘモグロ&ハナコ》などの下準備に有用。
《凶鬼77号 ビムナム》レクスターズ。コスト踏み倒しメタとして有用。
《ジェニーの黒像》レクスターズタマシードcipランダムハンデス
《虚∞龍 ゲンムエンペラー》3レクスターズ。cipで進化クリーチャーサーチ墓地肥やし
侵略元にはならないが、基礎スペックが高い。
《さびらびりん》4ジョーカーズ/レクスターズ。防御札S・トリガー獣
《テ・ラ・スザーク》レクスターズ。G・ストライクターンの終わりに山札を削って手札補充
シンカパワーでコスト3以下をリアニメイト
《阿修羅ムカデ <デスシラズ.Star>》スター進化。攻撃時にコスト4以下をリアニメイト
《シラズ死鬼の封》レクスターズタマシード。cipで合計コスト4以下になるようにリアニメイト
《ラトリエ <ハリデル.Star>》5スター進化。cipで2コスト軽減可能。
ターンの終わりに一番上が自壊するものの、3ターン目に闇の侵略を重ね掛けできる
《無龍》6レクスターズ。墓地が超えていれば3コスト軽減可能。
墓地召喚する事も可能で《ぴえんぱおん》から繋がる。
《ヴィオラの黒像》7レクスターズタマシード
相手1体破壊後、そのコスト以下のクリーチャーリアニメイト

[編集]

カード名コスト備考
《ブンブン・チュリス》1レクスターズコストが軽く、進化元や禁断解放のタネに。
《ストリエ雷鬼の巻》レクスターズタマシード手札交換
《オンソク童子 <ターボ.鬼>》2レクスターズcipで1枚手札交換進化元タマシードならもう1枚引く
《カチコミ入道 <バトライ.鬼>》3レクスターズ進化元タマシードならcip効果バトル
《ゴルドエッグ・ザ・スロットン》4ジョーカーズ/レクスターズのS・トリガー
cipで山札からレクスターズをサーチ。自身も侵略のタネになる。
《モモスター キャンベロ》レクスターズ。スピードアタッカーなので即侵略が可能。
侵略先は《キャンベロ <レッゾ.Star>》《富士山ン <ジャック.Star>》の二択。
《轟速 ザ・Re:ッド》
《大爆龍 ダイナボルト》レクスターズ。上記の特性に加えて、2回攻撃可能。
侵略すれば4枚ブレイク。おまけにシンカパワーによる効果バトルも。
《BAKUOOON <5000GT.Star>》6スター進化。場に味方が3体並んでいれば1マナで召喚可能。
cipで効果バトルを行い、バトルに勝てば手札補充
《我我我ガイアール・ブランド》8スター進化。を1体出していれば2コストで出せる。

自然 [編集]

カード名コスト備考
《冒険妖精ポレコ》1レクスターズコストが軽く攻撃後手札に戻るため、禁断解放の種に
《ヘルコプ太の心絵》レクスターズタマシード。デッキトップ4枚から進化を1枚手札に。
《タイク・タイソンズ》2ジョーカーズだが、非レクスターズ。Jチェンジ4。
《モモキングダムX》にチェンジすれば早期のT・ブレイカーを決められる。
他にも《-旅丸-》や《魂の絆 すて~る&タイザイ》など、有用な踏み倒し先は多数。
《ボーボボ・ボーボ坊》
《フェアリー・Re:ライフ》初動呪文。3ターン目に《ベイビー・バース》から展開する場合なら特に有力。
《地龍神の魔陣》の併用も
《ジャスミンの地版》レクスターズタマシードマナブースト
《進化設計図》S・トリガー呪文。進化クリーチャーを引き集める。このデッキなら2~3枚は引ける。
《かぼちゃうちゃうちゃう》3レクスターズ。墓地利用メタのマッハファイター。
《無龍 <デッゾ.Star>》などと相性が悪いので注意。
《スターダム・オウ禍武斗》4レクスターズ。マッハファイターなので即侵略可能。
マナ加速能力も持つが、種族や発動条件の違いに注意したい。
《モモスター モンキッド》
《ベイビー・バース》S・トリガー呪文。山札から直接《モモキングダムX》を呼び出す。
《モモキングダムX》の5枚目以降としても良いが、優良な2コスト札には《ビムナム》などもある為、
デッキ圧縮を目的として、こちらを中心に構築するのも手。
《バイナラ童話》5S・トリガーの防御札ジョーカーズ/レクスターズ。
《バイナラドアの心絵》
《マッチョ <鎖風車.Star>》6スター進化のジョーカーズ。
パワード・ブレイカー攻撃時マナ回収した分だけパワー+3000。
たとえそのターンで勝ちきれなくても、手札に侵略レクスターズを集められれば十分。

多色・無色 [編集]

カード名コスト備考
《ジョジョジョ・ジョーカーズ》1無色呪文。ジョーカーズをサーチ。《モモキングダムX》を速攻で引き集める。
他にも侵略先や、《タイソンズ》を集めるのに役立つ。
《チャラ・ルピア》2レクスターズでもジョーカーズでもないが、軽減先がかなり多い。
《モモキング -始丸-》4レクスターズ/ジョーカーズ。cipで手札補充墓地肥やしスピードアタッカー
シンカパワーパンプアップパワード・ブレイカーと高相性。
《モモキング -旅丸-》レクスターズ/ジョーカーズ。コスト踏み倒しメタとして有用。
《進化王来 モモキング》レクスターズ/ジョーカーズ。《-始丸-》に似ているが、こちらはマッハファイター
また、手札補充の発動条件がシンカパワーなっている。
《ビリボー・チュリス》レクスターズのS・トリガー獣。cipでタップと3000火力
《CAPTEEEN <ヘビポ.Star>》スター進化。マジボンバーで展開。
《龍装05号 イヴィルヴィ/イーヴィル・フォース》4/3主に呪文面を使う。闇または火のコスト4クリーチャーを踏み倒し、即座に侵略させる。
《魂の絆 ルヴォワ&ブラボー》など、シンカパワーが強力な物を踏み倒したい。
出したクリーチャーはターン終了時に破壊されるが、シンカパワーの再利用が狙える。
《テラ・スザーク <ナーガ.Star>》5スター進化。cipで手札交換攻撃時にコスト3以下を3体までリアニメイト
レクスターズ進化クリーチャーを出す場合は、自身を進化元にしても良い。
《モモキングダムX》を攻撃可能にする追加の4枚を、自身と攻撃時に揃えられる。
《ミノガミ <サガ.Star>》スター進化。cipで効果バトル。バトルに勝てば手札補充。
G・ストライク時に革命0トリガーのようなコスト踏み倒しが可能。
《魔王と天使 <アブゾ・ドルバ.Star>》スター進化cipシールド焼却と引き換えにパワー低下
攻撃時手札補充シールド追加によりカウンターの威力の底上げを図る。
《王来英雄 モモキングRX》レクスターズ/ジョーカーズ。cipで手札のレクスターズ進化出来る。
《「激情の福音」》7レクスターズ。cipで手札補充G・ストライク。このデッキでは重量級
ギャラクシーGOで4コスト召喚可能だが、タイムラグに注意。

このデッキの回し方 [編集]

主にの二色か、それに加えてから1色を追加して構築される。
どの色を主軸に置くかによって《モモキングダムX》の解放までのアプローチが若干異なる。

まずは《禁断英雄 モモキングダムX》をバトルゾーンに置くことが必須であるため、《ジョジョジョ・ジョーカーズ》などの軽量ジョーカーズサーチ、もしくは《進化設計図》などを用いて《モモキングダムX》をデッキから拾いに行く、

《モモキングダムX》を召喚したら、レクスターズを展開。侵略踏み倒しを絡めながら素早く《モモキングダムX》の下にカードを貯めていく。
《モモキングダムX》の効果が起動すれば相手のブロッカーはほぼ間違いなく全滅しているはずなので、一斉攻撃でダイレクトアタックまで持っていく。

相手の状況によっては《モモキングダムX》の下のカードが4枚になった時点で展開を止め、S・トリガー獣レクスターズにより相手のターンにカウンターを仕掛ける戦術も有効。

長所 [編集]

《禁断英雄 モモキングダムX》のパワー低下により、EXライフスター進化の耐性を貫通して纏めて除去できる。
2コストと4コストのクリーチャーが多いので展開力は高く、禁断解放まで時間は掛からない。
相当不利な状況でも《モモキングダムX》さえ解放出来てしまえば巻き返せるので、カウンター能力は非常に高い。

フルクリーチャーに近い構成の為、呪文メタも平気。

短所 [編集]

様々な能力を兼ね備えたレクスターズで占められているとはいえ、低コストのクリーチャーが中心である以上、終盤の力押しにはどうしても弱い。
このため、《モモキングダムX》を解放できなければ地力の差で押し切られる可能性が高い。

さりとて《モモキングダムX》のサポートとなるジョーカーズ、もしくはレクスターズのカードでないと侵略禁断解放には繋がらず、デッキには入れ辛い。

全体除去にも弱く、特に《温泉 湯あたり地獄》は天敵と言える。

また、《モモキングダムX》の下にカードを高速で仕込む都合上、デッキ消費が非常に荒い。《モモキング -始丸-》《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》を採用すると猶更。
長期戦になるとライブラリアウトの危険が高いため、コントロールプランは取りにくい。

環境での活躍 [編集]

サンプルデッキ [編集]

メインデッキ [編集]

参考 [編集]