煌星龍(キラゼオスター) サッヴァーク》 [編集]

煌星龍 サッヴァーク VR 光文明 (3)
クリーチャー:マスター・ドラゴン/メタリカ/レクスターズ 4500
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
ブロッカー
このクリーチャーを「G・ストライク」能力で相手に見せた時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。
シンカパワー:このクリーチャーが進化する時、相手のクリーチャーを2体まで選び、タップする。

DMRP-18で登場したマスター・ドラゴン/メタリカ/レクスターズ

G・ストライクと、それを条件とした相手のクリーチャータップする能力によって、一度に2体のアタッカーの足止めができる。
加えて、自身がブロッカーなので、アンタッチャブルがいた場合でも確実に攻撃を牽制することは可能。

また、攻撃面も優秀であり、シンカパワーによって相手のクリーチャーを2体までタップでき、進化先でタップキルを仕掛けられる。ぜひ、アタックトリガーを持ったクリーチャーに進化させたい。

ドラゴンメタリカ、さらにはコスト3であるため、様々なサポートを受けやすい。それが最もわかりやすいのは【メタリカサザン】だろう。《一番隊 クリスタ》《龍装者 バーナイン》などのメタリカサポートに収まる上に、《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」》のようなドラゴン指定の革命チェンジにも対応する。何と言っても《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》シンパシー元、ドロー元が務まるのが大きい。

種族ドラゴンを持つ(《メンデルスゾーン》などの邪魔をしない)防御札としての運用も可能。その場合《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》《ボルシャック・NEX/スーパー・スパーク》が競合相手になるが、それらと比べメタの影響を受けにくいG・ストライクである点が優れている。

ルール [編集]

  • G・ストライクで手札を見せた時のタップは強制だが、G・ストライクを使わなければ発動しない&シンカパワーのタップも「2体まで」なので、1体もタップしなくて済む。そのため、実質任意

環境において [編集]

王来篇環境では【赤白ドギラゴン閃】に稀に採用される。ほぼ《凰翔竜機ワルキューレ・ルピア》限定だが革命チェンジ元になる他、《チャラ・ルピア》コスト軽減を活かした横展開プランにも役立つ。

その他 [編集]

サイクル [編集]

DMRP-18で登場したG・ストライク持ちのレクスターズサイクル

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]