未来王龍(みらいおうりゅう) モモキングJO(ジェイオー) [編集]

未来王龍 モモキングJO KGM 火/自然文明[ジョーカーズ] (5)
クリーチャー:ジョーカーズ/ヒーロー・ドラゴン/レクスターズ 7000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーから進化できる、名前に《モモキング》とある進化クリーチャーを1体、自分の手札からこのクリーチャーの上に置いてもよい。
シンカパワー:このクリーチャーが進化する時、このターン、このクリーチャーの攻撃の終わりに、このクリーチャーの一番上のカードを墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーをアンタップし、カードを1枚引く。

DMRP-20で登場した/自然ジョーカーズ/ヒーロー・ドラゴン/レクスターズ

攻撃時に自身から進化できるモモキング手札から自身の上にコスト踏み倒しするアタックトリガーと、攻撃の終わりに自身の一番上のカード墓地送りにすることで、自身をアンタップしてカードを1枚引くシンカパワーを持つ。

1回の攻撃につき1枚、手札にあるモモキングに「侵略:《未来王龍 モモキングJO》」を付与させるような能力を持つ。
さらにシンカパワーで進化先をコストに使ってアンタップさせることで、その度にアタックトリガーを使用するデザインとなっている。
そのため、進化《モモキング》が手札にある限り、または今引きで進化《モモキング》を引き続ける限り無限攻撃できる。

モモキングの進化クリーチャーの中で、特にこのクリーチャーと噛み合っているのが《アルカディアス・モモキング》《ボルメテウス・モモキング》だろう。
《アルカディアス・モモキング》はブレイクしたシールドS・トリガー呪文やクリーチャーの召喚に制限を設けることができ、《ボルメテウス・モモキング》《熱き侵略 レッドゾーンZ》のように最後のシールド焼却してそのままダイレクトアタックに持ち込むことができる。

変わり種としては《禁断のモモキングダム》が、「攻撃する時」〜「攻撃の終わり」の期間、実質攻撃できるアンタッチャブルとして運用ができる。性質上G・ストライクが非常に刺さってしまう為、選ばれないことによるメリットは事の他大きい。
ただし、攻撃後は一番上のカードを墓地に置けば問題ないが、《終末の時計 ザ・クロック》でタイミングを飛ばされると再起動が遅い置物となってしまう。幸いにもそちらの解放条件が実質「レクスターズあと2枚」である為、再起動させるのは比較的簡単。進化元として再利用させたり、【禁断スター退化】型なら自ら除去を当てて《禁断のモモキングダム》を剥がしたりするのもいいだろう。

一番上のカードを墓地に置くのは任意のため、進化《モモキング》をそのまま場に残すこともできる。
手札の状況と相談し、相手をこのターンで仕留めきれないなら、《アルカディアス・モモキング》などの盤面に維持することに意味のある《モモキング》のまま維持するという動きも可能。
とはいえ1枚の進化クリーチャーを踏み倒すだけなら《王来英雄 モモキングRX》でも可能なことには留意しておきたい。

1ショットキル性能こそ高いものの、能力モモキング進化クリーチャーに依存しているため拡張性に欠ける。通常の進化クリーチャー革命チェンジを交えて強化された《王来英雄 モモキングRX》と比べるとこの点が見劣りする。

肝心の1ショットキル性能も1体のクリーチャーによる連続攻撃であるため、S・トリガーG・ストライクに非常に弱く安定性に欠けるところがある。同弾の《Volzeos-Balamord》こそは《未来王龍 モモキングJO》が攻撃を開始するようなターンには合体がまずできていないので直接の影響はないが、その構成カードがG・ストライク持ちのため、必然的に有効となってしまう防御札が多い相手に立ち向かうことになってしまう。

5マナから1ショットキルを仕掛けられるデッキは登場時点の環境では珍しくなく、このカード独自の強みとは言いがたい。

このカードの独自の強みは《禁断英雄 モモキングダムX》退化による疑似サーチ+コスト踏み倒しでも十分な力を発揮できる点だろう。デッキ内の非進化レクスターズをこのクリーチャーだけにすれば、確定で《禁断英雄 モモキングダムX》の下に仕込むこととなり、あとはこの《禁断英雄 モモキングダムX》に1度除去を当てれば、コスト踏み倒しメタを貫通して《未来王龍 モモキングJO》を早期着地できる。《進化設計図》《エボリューション・エッグ》《禁断英雄 モモキングダムX》をサーチ→《禁断英雄 モモキングダムX》+1コストで自分のクリーチャー除去できるカードと組み合わせることで、メタの効きにくい3〜4ターンキルを安定して行うことが可能。

総じて、エキスパンションの最終弾に多い攻撃に能力を振った性能の切り札。直近では《勝熱百覇 モモキングReVo》《The ジョギラゴン・アバレガン》が似たようなデザインになっており、冬の風物詩と言っても過言ではなくなってきた。

背景ストーリーにおいて [編集]

超獣世界の歴史そのものを背負って立つ存在となったモモキング。過去から現在にわたる時の流れを掌握し、未来を紡ぐ王。

ヴォルゼオス・バラモルドに刀を折られ、5文明の淵源の力を浴びて指一本動かせない状態にまでなったモモキングが、超獣王来列伝に記された12の王の魂全てと共鳴することで再び立ち上がった姿。新しい未来を作り上げる想いから刀を修復し、ヴォルゼオス・バラモルドとふたたび対峙する。
12の王の魂と限界まで共鳴し、超獣世界の全歴史を乗せた一撃に更に13番目の王、「未来王」たる己の力を乗せてヴォルゼオス・バラモルドの王の力とぶつかり合い、そして…といったところでDMRP-20のフレーバーテキストでの言及は終わっている。

アニメ・漫画において [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《未来王龍 モモキングJO》の「攻撃する時」の能力で、自分の手札から《禁断英雄 モモキングダムX》を上に置けますか?
A.いいえ、置けません。「禁断スター進化」を持つクリーチャーは、通常の進化クリーチャーのようにバトルゾーンのクリーチャーの上に置いて出すことはできません。
引用元(2021.12.17)

Q.自分の《アクア鳥人 ロココ》がバトルゾーンにいる状況です。《未来王龍 モモキングJO》《ボルシャック・モモキングNEX》に進化したターン中に相手を攻撃し、「シンカパワー」によって攻撃の終わりに《ボルシャック・モモキングNEX》を墓地に置く際、《アクア鳥人 ロココ》の置換効果によって《ボルシャック・モモキングNEX》のみを手札に戻せますか?
A.はい、手札に戻せます。また、「スター進化」によってその《ボルシャック・モモキングNEX》を墓地に置くこともできます。同一プレイヤーの置換効果が複数存在する場合、そのどちらを適用するかはそのプレイヤーが選べます。
引用元(2021.12.17)

Q.自分の《アクア鳥人 ロココ》がバトルゾーンにいる状況です。《未来王龍 モモキングJO》《超竜バジュラ》に進化したターン中に相手を攻撃し、「シンカパワー」によって攻撃の終わりに《超竜バジュラ》を墓地に置く際、《アクア鳥人 ロココ》の置換効果によって《超竜バジュラ》のみを手札に戻せますか?
A.はい、手札に戻せます。一番上の《超竜バジュラ》のみが墓地に行く場合でも、これは破壊されることになりますので、置換効果を使えます。
なお、進化クリーチャーの一番上のカードのみをバトルゾーンから離す際に置換効果が適用された場合、一番上のカードの移動先が置換されて、下のカードは再構築されます。

+  (総合ルール 109.2b)

引用元(2021.12.17)

Q.自分の《未来王龍 モモキングJO》が相手を攻撃する時、「攻撃する時」の能力で《ボルメテウス・モモキング》に進化して、「シンカパワー」によってその攻撃の終わりに《ボルメテウス・モモキング》を破壊し、《未来王龍 モモキングJO》をアンタップしてカードを1枚引きました。そのターン中に2度目の攻撃をした時に《キャンベロ <レッゾ.Star>》の「侵略」の使用宣言をして、さらに「攻撃する時」の能力で《ボルメテウス・モモキング》に進化しました。
このターン《未来王龍 モモキングJO》は2回進化しているので、2度目の攻撃の終わりに、「シンカパワー」を2回使い、《キャンベロ <レッゾ.Star>》《ボルメテウス・モモキング》を破壊してカードを2枚引けますか?
A.はい、「シンカパワー」を2回使い、カードを合計2枚引けます。「シンカパワー」の効果は重複します。
引用元(2021.12.17)

Q.自分の《未来王龍 モモキングJO》が相手を攻撃する時、《キャンベロ <レッゾ.Star>》の「侵略」の使用宣言をして進化しました。相手が《デーモン・ハンド》を「S・トリガー」で唱えて、この《キャンベロ <レッゾ.Star>》を破壊した場合、攻撃の終わりに残ったアンタップ状態の《未来王龍 モモキングJO》の「シンカパワー」を使って、自身を破壊してカードを1枚引けますか?
A.はい、「シンカパワー」で《未来王龍 モモキングJO》自身を破壊してカードを1枚引けます。
引用元(2021.12.17)