地龍神(ちりゅうしん)魔陣(まじん) [編集]

地龍神の魔陣 UC 水/自然文明 (2)
呪文
G・ストライク(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を手札に加えるかマナゾーンに置き、残りを好きな順序で山札の下に置く。

DMRP-20で登場した/自然呪文

山札の上3枚から1枚を手札マナゾーンサーチする呪文能力G・ストライクを持つ。

2コスト呪文としては恐るべき汎用性を備えたカードである。序盤はマナ加速、終盤は手札補充として機能する。
手札補充としてなら既に《堕呪 ゴンパドゥ》もあったが、マナブーストでこれほどの範囲だけ山札を見ることができるものは過去に例がない。強いて言えば《ダーク・ライフ》だろうか。
終盤の今引きでこれほど腐る恐れが薄い初動マナブーストも他に類を見ないだろう。

【5色コントロール】でもマナ基盤をある程度自分で探せるという時点で有用性が高く、同コストでG・ストライクを持つ《フェアリー・Re:ライフ》より格段にスペックが上昇している。
多色故のマナタップイン、2ターン目に唱えるにはマナチャージを工夫する必要があるというデメリットがあるからこそ許されたスペックと言える。

《堕呪 ゴンパドゥ》【ゼロ・ルピアループ】に初動サーチとして使われる実績を残したように、このカードもそちらのデッキへ採用される余地がある。しかも多色としてのデメリット《希望のジョー星》で帳消し可能。

青緑の初動マナブーストとしては似たようなスペックのものとして《電脳鎧冑アナリス》が存在するが、そちらとのスペックの差は歴然。だが寧ろ【デュエランドエクストラウィン】のような【青緑コントロール】系統では両方合わせて8枚体制にすることができるという利点がある。

環境において [編集]

登場早々色の合う様々なデッキに採用されることとなったが、単色マナになるという《フェアリー・Re:ライフ》の差別化点を重視し、1枚から2枚程度入れ替えるにとどまるケースもまま見られる。また【5色コントロール】系統では安定してマナを用意することが若干難しいことから、同時採用する場合もこちらを9枚目以降の初動として1枚から2枚程度に抑えるケースが目立つ。

一方、2コスト初動を重視するドラゴンシナジーを利用しないデッキの場合、《フェアリー・Re:ライフ》と合わせて8枚体制にするケースもある。

《希望のジョー星》が2022年1月1日に殿堂入りするまでの短い間だが、【ゼロ・ルピアループ】でも《堕呪 ゴンパドゥ》の代わりに使われる。

序盤のキング・セル探し及び中盤以降のサーチに使えることから、【獅子王ヴォルゼオス】の主要パーツにもなっている。

漫画・アニメでの活躍 [編集]

「デュエル・マスターズ キング!」35話ではジェンドル切札 ジョー戦(5回戦目)で初使用。《新世界王の思想》をマナゾーンに置いた。

その他 [編集]

サイクル [編集]

DMRP-20で登場した五龍神の○○サイクル敵対色の多色であり、G・ストライクを持つ。
クリーチャーなら種族はファイアー・バード/ディスタスとなる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]