地龍神(ちりゅうしん)バラフィオル》 [編集]

地龍神バラフィオル SR 自然文明 (10)
クリーチャー:ファイブ・オリジン・ドラゴン 22000
マッハファイター
Q・ブレイカー
自分のドラゴンが相手プレイヤーを攻撃する時、自分の山札から3枚を表向きにする。その中からドラゴンを1体出してもよい。その後、残りを好きな順序で山札の下に置く。
このクリーチャーが破壊された時、次の自分のターンの終わりまで、自分のクリーチャーすべてに「ワールド・ブレイカー」を与える。

DMEX-18で登場した自然ファイブ・オリジン・ドラゴン

自身はコスト10、パワー22000のマッハファイターで、自軍のドラゴン山札の上3枚からドラゴンコスト踏み倒しする、相手プレイヤー攻撃時限定のアタックトリガーを与え、pigで自軍をワールド・ブレイカーの群れに変えることができる。
自身のコストが重く、コスト踏み倒しで出したいが、自身が一番にバトルゾーンに出てもマッハファイターで誘発できないのは悔やまれるところだが、攻撃するたびに追加のドラゴンが補充されるのは強力。
アタックトリガーを嫌ってこのクリーチャーを除去したとしても、後続がすべてワールド・ブレイカーになって襲い掛かってくるのは相手からしたらたまらないだろう。

ライバルは《ボルシャックライシス・NEX》。ドラゴンを連鎖するだけならそちらの方が優秀。こちらはマッハファイター、捲る山札の範囲で差別化したいところ。当然一緒に使って大連鎖を狙っても良い。
そもそも10マナ支払えるのであればもっと勝負を直接的に決めることができるフィニッシャーが存在するので、《流星のガイアッシュ・カイザー》を利用して出す繋ぎ役、ないしサブプラン程度に考えるのが吉。登場時点のカードプールで言うと青赤緑構築の【モルト NEXT】に適性があると言える。

その他 [編集]

デザインの元ネタはKaijudoの《Almighty Colossus》。あちらは自身が攻撃したときか、相手の呪文やクリーチャーの効果の対象になったときに自然のクリーチャーをコスト踏み倒しする効果と、cipで相手1体と効果バトルする能力などを持つコスト11でパワー17000のクリーチャーであった。
《バラフィオル》と比べると、pigを得た代わりに「Monarch」サイクル共通の同じ文明の味方クリーチャーに+4000のパンプアップをする効果を失っている。

サイクル [編集]

DMEX-18で登場した五龍神の五体。全てコスト10かつ種族がファイブ・オリジン・ドラゴンのみ。
それぞれの文明に関するキーワード能力とドラゴンを条件とする能力を持つ。また、Kaijudoの「Monarch」サイクルが元ネタ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-18
    その龍神は、呪術により大地と森を創り出した。

収録セット [編集]

参考 [編集]