海龍神(かいりゅうしん)クリスド》 [編集]

海龍神クリスド SR 水文明 (10)
クリーチャー:ファイブ・オリジン・ドラゴン 15000
ジャストダイバー(このクリーチャーが出た時、次のターンのはじめまで、このクリーチャーは相手に選ばれず、攻撃されない)
T・ブレイカー
自分のドラゴンが出た時、カードを5枚まで引く。
相手は、自分の手札の枚数より小さいコストの呪文を唱えられない。

DMEX-18で登場したファイブ・オリジン・ドラゴン

コスト10パワー15000、ジャストダイバーを持つT・ブレイカー
そして自身を含む自分のドラゴン全員に5ドローcipを疑似付与し、さらにこちらの手札の枚数よりコストの小さい相手の呪文ロックする。

自ら5ドローしつつ手札枚数に応じた呪文ロックを掛けられることから自己完結性は高いものの、コスト10を支払って出すには少々割に合わない。
2ドローcipコスト10以上に対するコスト4軽減を併せ持つ《流星のガイアッシュ・カイザー》は補完役としての相性が非常に良い。
ドラゴンに反応する置きドロー能力を活用するなら、上記《ガイアッシュ》を始めとするサポートカードで早期着地させた上で、ニンジャ・ストライクS・バック持ちドラゴンを大量に搭載し自分・相手ターンに間断なくドラゴンに供給できるようにすると良い。
とは言え、1体辺りのドロー数自体は多いので、2、3体分トリガーさせればほぼ相手の呪文封じることが出来るだろう。

ルール [編集]

背景ストーリーにおいて [編集]

原初の世界の支配者である五龍神の1体、海の龍神。蒼狼の一族に敗れたことで大地に封じられ、後の水文明の礎となった。

その他 [編集]

サイクル [編集]

DMEX-18で登場した5体の五龍神。全てコスト10かつ種族ファイブ・オリジン・ドラゴンのみ。
Kaijudoの「Monarch」サイクルを元ネタとしており、それぞれの文明に関するキーワード能力ドラゴンを条件とする固有能力を持つ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-18
    その龍神は、水が流れ続けるように常に新しい理論を構築していた。

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] クリスタル・コマンド・ドラゴンは「龍素」によって生まれた存在であり、これは《クリスド》の時代から直接繋がる超獣世界(エピソード3以前の世界)には登場していない概念である。とはいえ、《龍素記号Sr スペルサイクリカ》によると《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》は「強い龍素、あるいはそれ以上の力」を持つらしいので、リキッド・ピープル閃達の様な活用方法が確立されていなかっただけで龍素自体は存在していた模様。