黒龍神(こくりゅうしん)モルナルク》 [編集]

黒龍神モルナルク SR 闇文明 (10)
クリーチャー:ファイブ・オリジン・ドラゴン 16000
スレイヤー
T・ブレイカー
自分のドラゴンが出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置いてもよい。こうして墓地に置いたドラゴン1体につき、相手のクリーチャー1体を破壊する。
このクリーチャーが攻撃する時、クリーチャーを1体、自分の墓地から出す。

DMEX-18で登場したファイブ・オリジン・ドラゴン

コスト10、パワー16000のスレイヤー持ちT・ブレイカー

自軍のドラゴンに3枚の墓地肥やしとこうして墓地に置いたドラゴンの数だけ相手に確定除去を放つcipを付与する。
さらに自身はアタックトリガーで1体、無制限リアニメイトする。

ドラゴンを多く積むデッキであれば大量除去による盤面制圧を期待できる。除去で肥やした墓地をリアニメイトに活かせる為自己完結しているのが強み。
問題はこのコストの重さ。マナを伸ばすデッキでないとまず出す機会はないだろう。【アマテラス・キリコ】【ミステリー・キューブ】などのガチャ系のデッキとそれほど親和性の高くない単色というのが引っ掛かる。
目玉のリアニメイトに関しても発動にラグがある点をどう補うかが課題点。他の五龍神と違い除去耐性やロック能力を持たないため、スピードアタッカーを付与できるカードと併用したい。

  • 一見高いパワーとスレイヤーは相性が悪いように見えるが、EXライフ持ちを即破壊できるメリットがある。

ルール [編集]

《デュエマの鬼!キクチ師範代》などが持つ置換効果によって、実際に墓地にカードを置けなかったとしても、「こうして墓地に置いた~」の効果は発動する。
しかし肝心の「墓地に置いたドラゴン」の部分を参照できないため、実質的には不発に終わる。
類似例

その他 [編集]

デザインの元ネタはKaijudoの《Queen Kalima》。あちらは自身が出たときのみcipが発動し、参照するのはドラゴンではなく闇のカード、破壊されるクリーチャーを選ぶのは自分ではなく相手であった。またアタックトリガーはリアニメイトではなくクリーチャーのサルベージだった。さらにスレイヤーを得た代わりに「Monarch」サイクル共通の同じ文明の味方クリーチャーに+4000のパンプアップをする効果を失っている。

サイクル [編集]

DMEX-18で登場した五龍神の五体。全てコスト10かつ種族がファイブ・オリジン・ドラゴンのみ。
それぞれの文明に関するキーワード能力とドラゴンを条件とする能力を持つ。また、Kaijudoの「Monarch」サイクルが元ネタ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-18
    その龍神は、闇の欲求に従い命を美しき宝石に封じ込めた。

収録セット [編集]

参考 [編集]