頂上(ちょうじょう)精霊(せいれい) ミラクルスZ(ゼット) [編集]

頂上の精霊 ミラクルスZ UC 光/水/闇文明 (5)
サイキック・クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 5000
このクリーチャーを自分の超次元ゾーンから召喚してもよい。
ブロッカー
自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする。
(ゲーム開始時、サイキック・クリーチャーは山札には含めず、自分の超次元ゾーンに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、そこに戻す)
《頂上の王龍 ヴィル・ド・テラ》《頂上龍素 サイクリタ》と覚醒リンク後⇒《勝利の頂上 ヴォルグ・イソレイト6th》

DM23-EX2で登場した//サイキックエンジェル・コマンド・ドラゴン

超次元召喚自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする能力を持つブロッカー

同弾の《頂上の王龍 ヴィル・ド・テラ》《頂上龍素 サイクリタ》と並び、初となる超次元召喚を持つサイキック・クリーチャー。ゲーム開始時から超次元ゾーンに置き、マナを支払っていつでも召喚できる。

さらにバトルゾーン以外のゾーンにあれば状況起因処理で超次元ゾーンに戻るため、封印以外の除去に対して高い耐性を誇る。他のカードで例えるならゼニスエターナル・Ωが最も近いが、置換効果による除去も対策できる点や、5マナ軽くバトルゾーンに復帰させやすい点で優れる。スーサイドと組み合わせたコンボも考えられるだろう。

外部ゾーンのカードで共通だが《とこしえの超人》などの手札以外メタには弱く、手も足も出なくなってしまう。除去を多めに積み、手厚く対策したい。

ブロッカーを持ち、単体で受けに使えることはGP覚醒リンク前の他2体にはない独自の強みである。上述の通り疑似モヤシでもあるため、チャンプブロックさせても強力。

攻撃できないデメリットは持たず、《時の法皇 ミラダンテXII》革命チェンジしたり《S級不死 デッドゾーン》S級侵略したりできる。【ヴォルグ・イソレイト】偽装【ロージアミラダンテ】のようなデッキも構築できるか。

対応するリクルーター踏み倒す場合は《アクア・カスケード<ZABUUUN・クルーザー>》《愛しい場所、マイカ・月ノ・ハルナ》などより優れるが、コスト3の超次元呪文には対応していないことに注意したい。
《超次元ブルーホワイト・ホール》《超次元ブラックブルー・ホール》出すことで能力をフルに使えるため相性が良い。

《勝利の頂上 ヴォルグ・イソレイト6th》攻撃時に《電流戦攻セブ・アルゴル》などを経由して出せば、スピードアタッカー付与して打点に使いつつ、自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする能力によってワンショット失敗時の保険にもなる。当然《ヴォルグ・イソレイト》が除去されてもブロッカーは消えない。
一方で《ヴォルグ・イソレイト》はリンク解除を持たないため、離れる時にこのクリーチャーを残して自動的に防御札にすることはできない。

ルール [編集]

  • 超次元ゾーンからコストを支払って召喚できるタイプのカードすべてに言える事だが、文明の支払いもキッチリ守る必要があるのに注意。
    • 特に《ヴォルグ・イソレイト6th》の覚醒前クリーチャーは文明を多く持つので、直接召喚するのも考慮するなら必然的に5色デッキとなる。対応できる超次元呪文の多さで忘れてしまわないように注意。

環境において [編集]

アドバンス環境では【青黒緑CRYMAX ジャオウガ】で文明と8マナがあれば《頂上の精霊 ミラクルスZ》召喚とそこに《母なる星域》《CRYMAX ジャオウガ》を出せる。
マナレシオでは8マナと手札のカード1枚で1体をマナゾーンから踏み倒すだけと《蒼龍の大地》素撃ち相当[1]ではあるが、元々【青黒緑CRYMAX ジャオウガ】にとってフリースペースである超次元ゾーンに《頂上の精霊 ミラクルスZ》を入れておくだけで可能になる立ち回りなのが強み。

《ミラクルスZ》召喚の光マナはマナチャージした《天体妖精エスメル/「お茶はいかがですか?」》で支払える。

素のスペックがターンエンド時アンタップ付きブロッカーと、手札の状況に一切関係なく召喚できるサイキックとしては十分優秀なので、《勝利の頂上 ヴォルグ・イソレイト6th》のパーツとしては《頂上の王龍 ヴィル・ド・テラ》と異なり《頂上龍素 サイクリタ》と共に単体で評価されている。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] あくまで疑似の話。《蒼龍の大地》は進化ではない指定なのでそちらを使っても《CRYMAX ジャオウガ》は出せない。