超次元召喚(ちょうじげんしょうかん) [編集]

このクリーチャーを超次元ゾーンから召喚してもよい。
このクリーチャーを自分の超次元ゾーンから召喚してもよい。

手札ではなく、超次元ゾーンクリーチャーマナコストを支払って召喚することの俗称。

ヤッタレ仙人 UC 自然文明 (4)
クリーチャー:ジョーカーズ 4000
マッハファイター(このクリーチャーは、出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
このクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。
サイキック・チャンス:自分の自然のクリーチャーが攻撃する時、このカードを自分の手札から超次元ゾーンに置いてもよい。そうしたら、このターン、そのクリーチャーのパワーを+4000する。
このクリーチャーを超次元ゾーンから召喚してもよい。
超次元の王家 SR 水/火文明 (4)
クリーチャー:エイリアン/ハンター/キング・コマンド 6000
パンドラ・シフト:このカードを使うコストの代わりに、[水/火(2)]を支払ってもよい。そうしたら、このカードを自分の超次元ゾーンに置く。
このクリーチャーを自分の超次元ゾーンから召喚してもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時または自分の超次元ゾーンに置かれた時、カードを2枚引く。その後、自分の手札を1枚捨てる。
スリヴァーの女王 R 光/水/闇/火/自然文明 (5)
クリーチャー:スリヴァー 7000
自分の超次元ゾーンから、クリーチャーを召喚してもよい。(コストは支払う)
自分のクリーチャーは種族にスリヴァーとサバイバーを追加する。
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

DMEX-18で初めて超次元ゾーンにある自身を召喚できる《ヤッタレ仙人》《超次元の王家》が登場。
また同弾には自分のクリーチャーを超次元召喚できる《スリヴァーの女王》も登場している。

これまでは超次元ゾーンにあるカードコストを支払ってプレイする事ができず、コスト踏み倒しによってしかバトルゾーンに出せなかった。

参考 [編集]