白青赤 [編集]

文明と、その敵対色である文明文明3色の色構成。または、そのカラーで組まれたデッキの構成色のこと。

ラッカ」と俗称されることが多い。
例:【白青赤ドギラゴン閃】→【ラッカドギラゴン閃】

火力、速いビートダウン能力ドローソースブロッカーバウンスなどを揃える。

自然がないため重いカードの取り回しが苦手であり、がないのでハンデスサルベージのようなコントロール向けの戦術をとることができない。

よって基本的にビートダウンが得意な色である。青赤をベースにタップカードでバックアップしていく事が多い。
《スーパー・スパーク》などのスパーク呪文が使えるのが強みであり、固められた盤面を突破したり、同系戦に強くなる。終盤の接戦でトリガーすれば逆転にもつながる。

赤青【ヤヌスビート】《超次元サプライズ・ホール》などを組み込んだ形が一般的か。

強力なデッキが存在しない時代の長かったデッキカラー。
【NEXミラダンテ】メタ格に進出し、ようやく評価されたといえる。以降、【白青赤ドギラゴン剣】でも名を上げ、一部の型の【連ドラグナー】でも結果を残した。

《轟く侵略 レッドゾーン》をメインに据えた侵略による速攻デッキを組む際、《異端流し オニカマス》によるコスト踏み倒しメタの《閃光の守護者ホーリー》等のS・トリガー《ヘブンズ・フォース》の踏み倒しのをそれぞれ搭載する事により、この色構成になる事が度々存在する。

急所が多いためにトーナメントシーンではあまり見かけず、使用率は青赤緑黒赤緑の後塵を拝しているが、こちらも組む意義は十分にあると言える。

白青赤のカード [編集]

超天篇あたりからカードパワーの高いカードが増え、それらはどれも環境で猛威を振るったり、将来性が高いカードばかりである。

王来篇では敵対色で構成されるディスペクターのうち、「混成」の名称を持つカードがこの色を担当しており、全体的に呪文に関わる能力が多い。また、これに伴い《S・S・S》などこの3色の呪文も追加された。

その他 [編集]

  • 俗称の「ラッカ」は、MTGのカード《ラッカボルバー》が由来。他にも《壊滅させるものヌーマット》に因んだ「ヌーマット・カラー」、タルキール次元の1色とその敵対2色の組み合わせからなる氏族の一つ、「ジェスカイ道」を語源とする「ジェスカイ・カラー」という俗称が使われたこともあった。
    初心者やネットを使わない人には、いずれも分からない事が多いので、俗称を使うより色名で言うのが親切だろう。
  • フランス国旗の愛称を語源とする「トリコロール」(tri-colore)という俗称がある。
    • 《トリコロール・ブーメラン》の「トリコロール」はイタリア国旗を語源とし、ここで言う「トリコロール」とは異なる。イタリア国旗は「トレ・コローレ」(tre colore)とも呼ばれる。

参考 [編集]