《「迅雷(じんらい)」の(おに) ライジン(てん) [編集]

「迅雷」の鬼 ライジン天 SR 闇/火文明 (6)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 6000
W・ブレイカー
自分のターンの終わりに、相手は自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。
<鬼タイム>相手がクリーチャーを選ぶ時、自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、相手のかわりに自分が選ぶ。

DMRP-15で登場した/デモニオ/鬼札王国

自分のターンエンド時に相手のクリーチャー1体を選ばせ除去するが、鬼タイム発動時はそれが確定除去に変わる。

鬼タイム発動時の能力は相手がバトルゾーンにあるクリーチャーを選ぶすべてのタイミングで使用できる。そのためテキストの見かけ以上にこのクリーチャーの能力が活用できる場面は多い。

  • ほとんどのコンボデッキを機能停止させられる
    • ソリティアを行うデッキは、コンボパーツの盾落ちをケアするためにしばしばシールド回収を行うが、その結果このクリーチャーの鬼タイムが発動し、場に出たクリーチャーの使い回しを行うことができなくなる。

総じて、シールドの数で全く違う効果になるクリーチャーと言えるだろう。
諸刃の剣とならぬ様、《トライガード・チャージャー》《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》でシールド枚数を調節しながら戦いたい。
文明柄、月光王国とも相性が良いだろう。

ルール [編集]

以下は全て、自分の鬼タイム発動中の《「迅雷」の鬼 ライジン天》がいることを前提とする。

  • クリーチャーの召喚を宣言する際には、その時点でのゲームの情報を全て参照して、適正に召喚手順を完了できる場合でなければ召喚手順を開始できない。
  • クリーチャーを選んだ段階では、まだそのクリーチャーはゾーン移動を行っていない。
    • 自分の《ラジコンBOY》スーパー・ボーナス能力を使った時、自分が相手のクリーチャーを3体(2体しかいなければその2体を、1体しかいなければその1体を)選ぶ。それらのクリーチャーの移動先も自分が1体ずつ選んで決める。
    • 自分が《英知と追撃の宝剣》を唱えた時、まず自分が相手のクリーチャーを2体(1体しかいなければその1体を)選ぶ。その後、自分がその中から1体選びバウンスする。「(手札に戻さなかった方の)もう1体を破壊する」と書かれているため、残りの1体は誰も選ばずに破壊される。
    • 相手が《英知と追撃の宝剣》を唱えた時、まず自分が自分のクリーチャーを2体(1体しかいなければその1体を)選ぶ。その後、自分がその中から1体選びバウンスする。残りの1体は誰も選ばずに破壊される。
    • 場に両プレイヤーの《ライジン天》がいて、相手が《英知と追撃の宝剣》を唱えた時、まず自分が自分のクリーチャーを2体(1体しかいなければその1体を)選ぶ。その後、相手がその中から1体選びバウンスする。残りの1体は誰も選ばずに破壊される。2体ともアンタッチャブルだった場合、2体とも「もう1体」として扱い、2体とも誰も選ばずに破壊される。
      • いずれにしろ、マナゾーンのカードを選ぶ効果はこのクリーチャーの影響を受けない。

不明な処理 [編集]

  • 進化クリーチャーの進化元をバトルゾーンから選ぶ行為は、このクリーチャーの置換効果の対象となるのか。
    • 一般的な進化は「1体の上に置く」であり「選ぶ」という単語は使われていない。マナ進化墓地進化など、バトルゾーン外から進化元を選ぶ場合は、テキストに「選ぶ」と書かれている(この場合はバトルゾーン以外が対象なのでいかなる場合でも《「迅雷」の鬼 ライジン天》の適用外)。また、一部の超無限進化はテキストに「選ぶ」と書かれている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-15
    ワシとフウジン天のコンビネーションを見よ! これにかけては、鬼札王国でも右に出る者はおらぬ! ― 「迅雷」の鬼 ライジン天

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 3つ目の能力について

Q.バトルゾーンに自分の《「迅雷」の鬼 ライジン天》が1体いて「鬼タイム」が発動中です。自分のターンの終わりに自分が相手のクリーチャーを1体選び破壊しますが、「かわりに」選ぶ能力なので《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》を破壊することはできますか?
A.いいえ、破壊できません。《「迅雷」の鬼 ライジン天》の能力はクリーチャーを選ぶプレイヤーを置換効果で変更しているだけで、破壊する効果自体を置き換えているわけではありません。
引用元(2020.9.18)

Qバトルゾーンに自分の《「迅雷」の鬼 ライジン天》が1体いて「鬼タイム」が発動中です。相手が自分のターンの終わりに《ジョリー・ザ・ジョルネード》の能力の使用を宣言しました。この《ジョリー・ザ・ジョルネード》で手札に戻すジョーカーズ・クリーチャーを選ぶのは、どちらのプレイヤーですか?
A.《「迅雷」の鬼 ライジン天》を出しているプレイヤーが、手札に戻すジョーカーズ・クリーチャーを選べます。例えば、バトルゾーンに相手のコスト5のジョーカーズ・クリーチャーが3体いた場合、そのうち好きな2体だけを手札に戻すことも、3体すべてを手札に戻すこともできます。1体も選ばない事はできません。
引用元(2020.9.18)

Q.バトルゾーンに自分の《「迅雷」の鬼 ライジン天》が1体いて「鬼タイム」が発動中です。相手が《父なる大地》を唱えた際、バトルゾーンからマナゾーンに置くクリーチャーと、マナゾーンからバトルゾーンに出すクリーチャーを選ぶのは、どちらのプレイヤーですか?
A.《「迅雷」の鬼 ライジン天》を出しているプレイヤーが、バトルゾーンから自分のマナゾーンに置くクリーチャーを1体選べます。この効果はバトルゾーンでのみ影響を与えますので、マナゾーンから出すクリーチャーを1体選ぶのは《父なる大地》を唱えたプレイヤーです。
引用元(2020.9.18)

Q.相手の「鬼タイム」能力が発動している状態の《「迅雷」の鬼 ライジン天》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《大翔勇士ヒロト》をバトルゾーンに出しました。《大翔勇士ヒロト》の「出た時」の能力は「選んでもよい」なのですが、どうなりますか?
A.「選んでもよい」能力なので、選ばないことにした場合、相手の《「迅雷」の鬼 ライジン天》の置換効果は何も起こりません。

+  (総合ルール 609.5)

引用元(2020.12.15)

Q.自分の《「迅雷」の鬼 ライジン天》の「鬼タイム」が発動している状況で、自分は《邪風風邪》を唱えました。相手が選ぶかわりに《「迅雷」の鬼 ライジン天》の効果で自分が破壊するクリーチャーを選びますが、自分は相手の《聖魔連結王 バロディアス》を選べますか?
A.いいえ、選べません。《「迅雷」の鬼 ライジン天》の効果で相手のかわりに自分が選ぶ場合も、《聖魔連結王 バロディアス》のような、「相手に選ばれない」能力を持つ相手のクリーチャーを選ぶことはできません。
引用元(2021.4.2)

Q.自分の《霊宝 ヒャクメ-4》と、「鬼タイム」が発動している《「迅雷」の鬼 ライジン天》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《デーモン・ハンド》を唱えました。相手が選ぶかわりに《「迅雷」の鬼 ライジン天》の効果で自分が破壊するクリーチャーを選びますが、自分の《霊宝 ヒャクメ-4》を選んだ場合、「相手に選ばれた時」の能力はトリガーしますか?
A.いいえ、相手に選ばれていないので、トリガーしません。《「迅雷」の鬼 ライジン天》の置換効果を適用した場合、選ぶプレイヤーは自分になります。
引用元(2021.9.24)

Q.相手の《歓楽のタギャースツ》と他のクリーチャーが1体、自分の「鬼タイム」が発動している《「迅雷」の鬼 ライジン天》がバトルゾーンにいる状況です。自分のターンの終わりに、《「迅雷」の鬼 ライジン天》の「自分のターンの終わりに」の能力で、相手が自身のクリーチャーを破壊するかわりに自分が相手のクリーチャーを選びますが、自分は《歓楽のタギャースツ》を選ばなくてはいけませんか?
A.はい、《歓楽のタギャースツ》を選ぶ必要があります。他のクリーチャーを選ぶことはできません。
引用元(2021.12.17)


[1] このクリーチャーの能力は、「クリーチャーを選ぼうとするプレイヤー」を置換する能力である。一方、アンタッチャブルのテキストは「相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない」と書かれている。つまり、アンタッチャブルは相手プレイヤーに「クリーチャーを選ぼうとする」行為を禁止させる能力ではない。よって、「置換先のイベントが実行できない場合、置換されない」ルールが適用されることはない。