キャップ [編集]

漫画・アニメ「デュエル・マスターズ(2018)」シリーズから登場するキャラクター。声優は市川太一氏が担当。

口癖は「天国行こうぜ」。スマホンと共に行動している。

行方をくらましていた文明のデュエル・マスター候補である。
超GRGRクリーチャーを造り出し今までにない戦術を利用している。
性格は陽気な兄貴分的な性格で親しい間柄の人物を「ブラザー」と称している。

身長145cm→150㎝、体重38kg→38㎏。[1]

漫画版・アニメ版共にジョーを含めた他の文明のデュエルマスター候補にそれぞれ接触して上述の新戦術を教えている。
また、ジョー闇文明によって滅ぼされかけている水文明を救ってほしいと願い出ている。
使用するデッキはムートピアトリックス/ワンダフォース超GRをメインにした水デッキ。後に大長老からレインボーの力を与えられてからは水と自然のチームウェイブを使用している。

同時期に同じ様に闇文明のデュエル・マスター候補であるゼーロに接触していた人物もキャップを名乗っていた為、表と裏があるキャラクターではないかと推測されていた(特にナレーターの助からは二重人格を疑われていた)。
しかし、性格や態度が明らかに違うことと谷口ハカセオレガ・オーラを使用した際に、オーラそのものは知っているが自身は知識として持っているだけ(=使用したことがない)の様なそぶりを見せたこと等からそもそも二人いるのではないかという推測もあった。
その後、闇文明と接触している方のキャップはジョーと接している方のキャップの双子の兄にあたる存在ということが判明。つまり、二重人格ではなくそもそも別人であった(別人であるが故に先述のオーラに関しても説明がつく)。
彼らが接触した際に兄の方は、「キャップが2人ではわかりづらい」とゼーロから「ギャップ」の名前を与えられている。
共に水文明を救うために行動しているようだがギャップゼーロによって一度水文明をリセットさせたうえでの再生を考えているのに対し、彼はジョーと共に水文明を救済するという形を取ろうと考えている。
その結果、二人は同じ水文明のマスター候補でありながら敵対することとなる…。

  • その後、彼とギャップはなんと《マザーブレイン》によって生み出された、所謂デザイナーベビーのような存在であったことが判明。ギャップが「ゼーロや《Code:1059》を利用し水文明をリセットする」という考えを曲げず、ひたすらキャップと対立し続けたのも、全てはマザーブレインの指示に従っていたまでであった。ギャップによればマザーは2人に水文明の未来の形を託し、どちらの未来を実現させるかを委ねる存在として彼らを産んだとのこと。
    • 第45話において、彼らはついに最後の直接対決を行う事に。ギャップと戦いたくないと訴えるもギャップとマザーは聞く耳を持たず、3度目の戦いとなる。見事勝利を収めたキャップはギャップとの和解を求めるも、直後マザーが暴走。2人が自らの望まぬ道を選んだため、両方を消し去ろうとする。しかし、ギャップはマザーの攻撃からキャップを庇い、自爆プログラムを起動させて自身諸共マザーを破壊した。こうしてキャップは兄の犠牲と引き換えに、マザーから解放されたのであった…。
  • 名前の由来は、使用カードである《C.A.P. カイト》《C.A.P. アアルカイト》から、「キャプテン」の略称である『キャップ』だと思われる。 
  • 「キング」では、ジョーの学校に転校。以来、ジョーとキラと共に行動をする機会が多くなった。第8話にて新たな切り札キングマスターカード《キング・マニフェスト》を手に入れた。
    兄やマザーと死別し、ストーリーの主軸が人間界へと移ったことで使命感からある程度解放されたのか、ノリで動く一面が強調され発言もよりストレートに。その様は視聴者からサイコパスと呼ばれることも。
  • 水文明生まれであるためか、アニメ「キング!」第6話では切札 勝舞について知らず、ボルツに驚かれている。
  • 「キング!」以降は出番が激減しており、唯一まともに描写されたデュエマでもG・ストライクの噛ませという形で、ヒミコに敗北するなど、散々である。前作でうららか ももを初めとした出番の少ないキャラ達をディスったしっぺ返しだろうか。

戦績 [編集]

  • 通算成績:15戦9勝6敗

デュエル・マスターズ!! [編集]

「デュエル・マスターズ キング」 [編集]

「デュエル・マスターズ キング!」 [編集]

デュエル・マスターズ キングMAX [編集]

主な切り札以外の使用カード [編集]

マナゾーンや墓地に置かれていたカード [編集]

関連パック [編集]

関連デッキ [編集]

参考 [編集]