超聖竜(スーパーチャンプ)シデン・ギャラクシー》 [編集]

超聖竜シデン・ギャラクシー SR 光/火文明 (5)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン/サムライ 15000
進化V:自分のドラゴンまたはエンジェル・コマンドのいずれか2体を重ねた上に置く。
T・ブレイカー
メテオバーン:このクリーチャーがこのターンはじめて攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを2枚まで墓地に置いてもよい。このようにしてドラゴンを墓地に置いたら、このクリーチャーをアンタップする。このようにしてエンジェル・コマンドを墓地に置いたら、このクリーチャーがこのターン中に破壊される時、墓地に置くかわりにバトルゾーンにとどまる。

DM-31で登場した進化Vエンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン/サムライ

エキスパンションのパッケージの表紙を飾る進化クリーチャーで、《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》に続く2体目の「超聖竜」。

《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》の合体クリーチャーであり、元となった2体に近い能力を付加するメテオバーンを持つ。
メテオバーン墓地に送るカード種族によって、1ターンに1回のみのアンタップか、破壊耐性の付加、もしくはその両方を行える。

アンタップ能力は1ターンに1回のみとはいえ、パワー15000のT・ブレイカークリーチャーが2回も殴れるのは非常に強力。

破壊耐性付加も、有効期間は自分のターン中だけで、《ナチュラル・トラップ》など破壊以外の除去ではバトルゾーンを離れてしまうが、S・トリガー《デーモン・ハンド》などを無効化できるのは優秀。
このサイズクリーチャーを簡単には倒せないのも相手にとってかなりやっかいだろう。

進化元ドラゴンエンジェル・コマンドを1体ずつ、または片方を2体でも良い。
ドラゴン・サーガ以降はエンジェル・コマンド・ドラゴンというドラゴンエンジェル・コマンドを併せ持つ種族が登場したことにより、メテオバーンの際に1枚で両方の効果を得ることが簡単になった。

また、進化元《ドラゴンズ・サイン》革命編以降に登場した《赤薔薇の精霊龍 ジェネラローズ》《指令の精霊龍 コマンデュオ》《真紅の精霊龍 レッドローズ》《太陽の精霊龍 ルルフェンズ》など【白単連鎖】のギミックを使うことで1ターンに複数のエンジェル・コマンド・ドラゴンを手軽に並べることができるようになった。
この時《信頼の玉 ララァ》がいれば大幅なコスト軽減が、《エンドラ・パッピー》を用いればドロー枚数が増え、一気にキーパーツを引ける可能性が高まるので是非活用したい。

メインデッキに枠潰しとなる軽量級ドラゴンを入れたくない場合、《知識と流転と時空の決断》で供給するという手もある。汎用性では連鎖持ちのエンジェル・コマンド・ドラゴンよりもはるかにそちらの方が高いだろう。

カードプールの増加と共に進化を遂げていく、まさしく大器晩成なクリーチャーといえる。

非常に強力なフィニッシャーなので、できるだけメテオバーンが活きる構築を心がけよう。

DMRP-21で登場した《ミラダンテの天宝》は、光や火では最軽量ドラゴンかつエンジェル・コマンドなので、進化元としてもメテオバーン元としてもかなりの活躍が見込める。
同弾の《ボル武者の炎霊》は火でメタクリーチャーを焼けるドラゴンなのでこちらも便利。


《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》とは全体的なデザインや背景ストーリーでの立場などが似ており、こちらと比べて以下のような違いがある。


  • 後年、DMBD-02にて、戦国武闘会のクライマックスの描写が補完(あるいは後付け)された。
    • 《超銀河弾 HELL》による世界崩壊の危機を防いだ立役者は、《超聖竜シデン・ギャラクシー》、《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》の二名であることが明らかとなった。
      戦国武闘会決勝戦においてナイト陣営の筆頭、《暗黒皇グレイテスト・シーザー》が《超銀河弾》を使用。その威力により世界崩壊の危機に陥った。一方《超聖竜シデン・ギャラクシー》は、これに対抗しうる《超銀河剣 THE FINAL》を、こちらもまた世界を滅ぼす力を持つことから使用を躊躇っていた。そこで《ドルゲユキムラ》が「自分が世界を守る」と約束して《超銀河剣》を使うよう促し、意を決した《超聖竜シデン・ギャラクシー》は、《超銀河弾》に《超銀河剣》を激突させて世界を救った。
      • ちなみに、《超銀河弾》による世界崩壊の危機を終結させる鍵となった《超聖竜シデン・ギャラクシー》(/文明)、彼の用いた《超銀河剣 THE FINAL》文明)、使用を促した《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》/自然)を合わせると奇しくも五つの文明全てが揃い、文字通り「世界全ての力を合わせ、世界崩壊の危機を防いだ」という符合が見受けられる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

超聖竜シデン・ギャラクシー SR 光/火文明 (5)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン/サムライ 15000
進化V-ドラゴンまたはエンジェル・コマンドのいずれか2体
メテオバーン1:このクリーチャーがこのターン初めて攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚墓地に置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーをアンタップし、このターン、「バトルゾーンを離れる時、パワーが0以下でなければ、かわりにバトルゾーンにとどまる」を得る。
T・ブレイカー

メテオバーンが1枚となり、墓地に置いたカードの種族に関係なく効果が発揮されるようになった。また、破壊置換効果離れる時すべての耐性に変更となったが、パワーが0以下だと置換されなくなった。

名前に聖竜が入っているため《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》と同じく《翔天幻風ラルック》を進化元にできる。[1]

出して攻撃したら高確率で勝つことができるが、《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》との差別化が難しい。そちらはDP殿堂による盾落ちと、ハンデス墓地肥やしに巻き込まれた場合のみがネックで、山札にさえあれば《ヘリオライズ・ドラゴン》《黒神龍ドボルザーク》で確実にサーチでき、「《超聖竜シデン・ギャラクシー》だと最大4投できる」だけでは優位性に乏しい。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]

タグ: 進化クリーチャークリーチャー光文明火文明白赤2色多色コスト5エンジェル・コマンドコマンドアーマード・ドラゴンドラゴンサムライパワー15000進化V進化V:ドラゴン進化V:エンジェル・コマンド進化進化:ドラゴン進化:エンジェル・コマンドT・ブレイカーメテオバーンアタックトリガーアンタップ破壊置換効果SRスーパーレアToshiaki Takayama96suke進化クリーチャー (デュエプレ)クリーチャー (デュエプレ)光文明 (デュエプレ)火文明 (デュエプレ)白赤 (デュエプレ)2色 (デュエプレ)多色 (デュエプレ)コスト5 (デュエプレ)エンジェル・コマンド (デュエプレ)コマンド (デュエプレ)アーマード・ドラゴン (デュエプレ)ドラゴン (デュエプレ)サムライ (デュエプレ)パワー15000 (デュエプレ)進化V (デュエプレ)進化V:ドラゴン (デュエプレ)進化V:エンジェル・コマンド (デュエプレ)進化 (デュエプレ)進化:ドラゴン (デュエプレ)進化:エンジェル・コマンド (デュエプレ)T・ブレイカー (デュエプレ)メテオバーン (デュエプレ)メテオバーン1 (デュエプレ)アタックトリガー (デュエプレ)アンタップ (デュエプレ)パワーが0より大きければ (デュエプレ)除去置換効果 (デュエプレ)聖竜 (デュエプレ)SR (デュエプレ)スーパーレア (デュエプレ)Toshiaki Takayama (デュエプレ)


[1] ルビが違うが《ラルック》のテキストを見る限り、ルビまでは指定していない