強欲(ごうよく)ユニバース】 [編集]

【ユニバースエクストラウィン】の内の【ザ・ユニバース・ゲート】の一種で、フェニックスデッキの大半を占めるコンボデッキ
白赤緑を中心に構築されるが、進化元の都合で5色型で構築される事も多い。

究極銀河ユニバース SR 光文明 (5)
進化クリーチャー:フェニックス 17000
進化−自分のフェニックス1体の上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そのカードが最後の1枚でフェニックスならば、自分はゲームに勝利する。
T・ブレイカー

おもなデッキの流れは以下。

  1. 2ターン目、《進化設計図》《ジャンボ・ラパダイス》で手札補充する。
  2. 3ターン目、《強欲の開拓》フェニックスを宣言。キーカードを残し、残りのフェニックスを全てマナゾーンに置く。大体はマナゾーンに7〜9枚ほどカードがたまる。
  3. 《超神星アレス・ヴァーミンガム》《超神星 DEATH・ドラゲリオン》などのマナ進化フェニックスを召喚し、メテオバーンを発動して進化元を空にしておくか、《ザ・ユニバース・ゲート》追加ターンを得る。状況に応じた選択を。
  4. 進化元が無くなった《アレス・ヴァーミンガム》、もしくは《DEATH・ドラゲリオン》に《究極銀河ユニバース》を重ねてメテオバーンを発動、エクストラウィンとなる。《ザ・ユニバース・ゲート》で何度も追加ターンを獲得できていればそのまま殴り勝つ事も。

主要カード [編集]

《究極銀河ユニバース》コンセプトカード。
《進化設計図》と《ジャンボ・ラパダイス》で手札補充できる。
《進化設計図》進化クリーチャー手札補充。普通4〜5枚ドローできる。
非進化フェニックスは手札に加えられないので注意。
《ジャンボ・ラパダイス》パワー12000以上手札補充。こちらも2〜3枚ドローできる。
こちらは進化元となるマナ進化手札進化フェニックスが軒並み対象外。
《双寄電融 キリン・レガマン》も対象外なので注意。
《巨大設計図》名目コスト7以上を手札補充。これも2〜3枚ドローできる。
これだと肝心の《ユニバース》を引き損ねる恐れがある。
《超七極 Gio/巨大設計図》上記のツインパクト版。白緑マナ基盤にも。
《ジャンボ・ラパダイス》でこのカードは集められないので注意。
《強欲の開拓》手札に集まったフェニックスを一気にマナゾーンへ。
呪文クリーチャーといった、カードタイプの違いに注意。
《キング・シビレアシダケ》
《口寄の化身/強欲の王国》

候補カード [編集]

《ユニバース》の進化元 [編集]

非進化フェニックス
《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》《究極銀河ユニバース》に進化させればエクストラウィンを決められる。
ビビッドローによる自身へのコスト軽減と、cip手札補充が便利。
《不死鳥縫合 ブラック・ビッグバン》EXライフによる除去耐性。ライブラリアウト防止。
こちらもcipで手札補充を行い、ブロッカーとクセのあるコスト踏み倒しを併せ持つ。
《双寄電融 キリン・レガマン》EXライフによる除去耐性。
マッハファイタープリン効果による盤面制圧が持ち味。
進化フェニックス
《超神星 DEATH・ドラゲリオン》マナ進化GVメテオバーンで-9000もの全体パワー低下
一度のメテオバーン進化元を空にできる。味方を巻き込まない様に注意。
《超神星グランドクロス・アブソリュートキュア》マナ進化GVメテオバーンシールド追加
一度のメテオバーンで進化元を空にできる。
《超神星アレス・ヴァーミンガム》マナ進化Vメテオバーンで相手のコスト3以下のブロッカー一掃
メテオバーンを使い切るには2度攻撃する必要がある。
《超電星クリスタル・ファランクス》手札進化Vプレイヤーに対する相手の攻撃メテオバーン中止させる。
自分からメテオバーンを消費出来ないのは痛いが、防御手段として。
相手からしたら攻撃する度に《ユニバース》の脅威が近づくので心理戦となる。

枚数合わせ用フェニックス [編集]

《超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー》など
各種単色フェニックス
多色カードが多くて色事故が気になるなら。
ドローソースの対象となる物を選びたい。
多色フェニックスを考慮すると、文明が優先か。
《超天星バルガライゾウ》上記の中でもコスト9、パワー15000、進化クリーチャーと
ドローソースに該当する項目が多い進化フェニックス。
《太陽王ソウル・フェニックス》色合わせになる多色進化フェニックス。
マナ基盤となり《ジャンボ・ラパダイス》の対象になる。
《双流星キリン・レガシー》
《星狼凰マスター・オブ・デスティニー》
《霊流星バルファート》色合わせになる多色進化フェニックス。
マナ基盤を確保できる。
《鋼流星ペングカイザー》
《暗黒凰ゼロ・フェニックス》マナ進化進化元兼、進化フェニックス。
《暗黒王デス・フェニックス》
《闘流星ナイトスクリーマー》
《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル GS》マナ進化進化元兼、フェニックス。
《ジャンボ・ラパダイス》の対象になるG・ストライク
非進化フェニックスだが、コストが重すぎて召喚は困難。

呪文 [編集]

《ザ・ユニバース・ゲート》エクストラターン獲得呪文。
デッキの構成からして、2〜3ターン追加はザラ
《ロジック・サークル》呪文サーチする1マナ呪文。
事故防止用兼《究極銀河ユニバース》を出すためのマナ

その他 [編集]

デッキの性質上相手に干渉するカードが殆ど入らず、キーカードとなる手札補充マナ加速を引かなければほとんど動けない、などかなり振り切った形のコンボデッキである。
【ドッカンデイヤー】【カリヤドネループ】などが既に登場していた2022年現在ではよくあるフルパワー理論に従った構築だが、このデッキが考案されたのが2008年末であるのを考慮すると、デッキ構築の最先端に到達していたとも言える。

  • 前述の通り豪快なコンボを勝ち筋とするが、最大のキーカードである《進化設計図》《強欲の開拓》が軽量のため、場合によっては相手に何もさせず【速攻】と肩を並べるほどの速度で相手を仕留めることが可能。
    • ただし、呪文の積み過ぎは手札補充や《ザ・ユニバース・ゲート》の不発に繋がる恐れもあるので一長一短。フェニックスに関しても色事故タップインなどでデッキの動きが遅れる事もあり、デッキの配分は中々難しい。総じて上級者向けのデッキである。

参考 [編集]