《イカズチ邪姫(じゃき) <アレフ.(オーガ)>》 [編集]

イカズチ邪姫 <アレフ.鬼> VR 火文明 (6)
スター進化クリーチャー:デモニオ/鬼レクスターズ 8000
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、タマシードから進化していれば、相手のシールドを1つ選んで持ち主の墓地に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、相手の、コスト5以下のクリーチャー1体またはコスト5以下のタマシードを1枚破壊する。
自分のターン中、カードがどこからでも相手の墓地に置かれた時、カードを1枚引いてもよい。

DMRP-22で登場したスター進化デモニオ/鬼レクスターズ

タマシードから進化した時限定のcipで相手に1シールド焼却を行う。

また、攻撃時に相手のコスト5以下のクリーチャーかコスト5以下のタマシードを破壊する。

そして、自分のターン中限定で、元あったゾーンを問わずカードが相手の墓地に置かれた時に発動する置きドロー効果がある。

注目したいのが、何と言っても置きドロー効果。《偽りの王 ヴィルヘルム》と同じくハンデスランデスにも反応するので、相手のカードを墓地におくるたびに手札を増やすことができる。

相性が良いのは《「正義星帝」 <ライオネル.Star>》を軸にした白黒赤デッキ
《「正義星帝」 <ライオネル.Star>》踏み倒し範囲内に収まっており、タマシードを存分に活用するので簡単にシールド焼却が行える。
また、採用される事が多い《グーゴル <XENOM.Star>》は相手のクリーチャータップインさせるので、タップキルによるドローが狙いやすいのも高ポイント。
その際はアタックトリガーによる除去が強力に働いてくる。

組み合わせずとも単体である程度自己完結ができているので、火を主体とするデッキには重宝されることには違いないだろう。

  • 名前は「邪鬼」ではなく「邪姫」となっている。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 5つ目の能力について

Q.自分のターン中、自分の《イカズチ邪姫 <アレフ.鬼>》と相手のクリーチャーが5体バトルゾーンにいる状況で、自分は《アポカリプス・デイ》を唱えて、クリーチャーをすべて破壊しました。自分はカードを5枚引けますか?
A.いいえ、その場合1枚もカードを引けません。「自分のターン中、カードがどこからでも相手の墓地に置かれた時」の能力は、「このクリーチャーが破壊された時」の能力などとは異なり、自身がバトルゾーンにいなければトリガーしません。
今回の例の場合、相手のクリーチャーを破壊するのと同時に《イカズチ邪姫 <アレフ.鬼>》も破壊されているので、《イカズチ邪姫 <アレフ.鬼>》の「自分のターン中、カードがどこからでも相手の墓地に置かれた時」の能力はトリガーしません。
引用元(2022.6.24)

Q.自分のターン中、自分の《イカズチ邪姫 <アレフ.鬼>》がバトルゾーンにいる状況で、相手の進化元が1枚ある進化クリーチャーを破壊しました。破壊した数は1体ですが、墓地に置かれたのは2枚なので、自分はカードを2枚引けますか?
類似例:《偽りの王 ヴィルヘルム》
A.はい、2枚引けます。
引用元(2022.6.24)