《ボルシャック・クリスド》 [編集]

ボルシャック・クリスド VR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 5000
スピードアタッカー
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引く。その後、コスト5以下のクリーチャーを1体、自分の手札から出してもよい。このターン、そのクリーチャーは「スピードアタッカー」を得、可能なら攻撃し、その攻撃の後、そのクリーチャーを破壊する。
各ターンの終わりに、そのターン中に破壊されたドラゴンを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。

DM22-RP2で登場した、アーマード・ドラゴン

スピードアタッカーボルシャック
1ドローした後にコスト5以下のクリーチャーを手札からコスト踏み倒しを行うアタックトリガーを持ち、踏み倒したクリーチャーにスピードアタッカーと、攻撃強制に攻撃後の自壊を付与する。
さらに、各ターン終了時にそのターン中に破壊されたドラゴンを回収する能力も持つ。

カードを引いた上で手札から踏み倒すので、《とこしえの超人》といった手札以外からの踏み倒しメタに反応しない。
また、踏み倒したクリーチャーにはスピードアタッカーが付与されるが、同時に攻撃の強制や攻撃後に自壊するので、できればcippig持ちを選んだ方がリスクも少ない。

さらに、破壊されたドラゴンを回収する能力は、相手からの殴り返しに対する回答の一つと言える。
スレイヤーマッハファイターへの牽制になるが、その場合だと、このクリーチャーが一番に狙われやすい。

ターン中に破壊されたドラゴンが対象なので、このクリーチャーの能力によって破壊されたドラゴンも回収できるため、ドラゴンを踏み倒した場合のカバーもできていると言える。
《ダーク・ルピア》と組み合わせれば、盤面処理も行いやすい。

また《インフィニティ・刃隠・ドラゴン》との組み合わせは非常に強力。
攻撃後に自壊させるため、《インフィニティ・刃隠・ドラゴン》のドラゴン踏み倒しを能動的にトリガーさせやすいこと、さらには破壊されたドラゴンがターン終了時に手札に戻るため、かなり相性がいい。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 3つ目の能力について

Q.自分の《ボルシャック・クリスド》《ボルシャック・フォース・ドラゴン》のみがバトルゾーンにいる状況です。相手が《ボルシャック・スーパーヒーロー/超英雄タイム》の呪文側を唱えて、自分の《ボルシャック・フォース・ドラゴン》を破壊しました。この《ボルシャック・フォース・ドラゴン》は条件を満たさずクリーチャーではありませんでしたが、そのターンの終わりに《ボルシャック・クリスド》の効果で手札に戻せますか?
A.はい、手札に戻せます。バトルゾーン以外のゾーンにあるタマシード/クリーチャーは常にクリーチャーとして扱いますので、ドラゴン1体として手札に戻せます。
引用元(2022.12.16)

Q.自分は《“罰怒”ブランド》を「マスターB・A・D」で召喚し、そのターンの終わりに自分の《ボルシャック・クリスド》を破壊しました。その《ボルシャック・クリスド》は「各ターンの終わりに」の能力で、手札に戻せますか?
A.はい、どちらもターンの終わりにトリガーし、好きな順番で解決できますので、墓地から手札に戻せます。

+  総合ルール 511.1.

引用元(2022.12.16)

Q.相手のターンの終わりに、相手は《「無月」の頂 $スザーク$》を「無月の門・絶」で召喚し、その能力で自分の《ボルシャック・クリスド》を破壊しました。その《ボルシャック・クリスド》を自身の「各ターンの終わりに」の能力で、手札に戻せますか?
A.はい、ターン・プレイヤーである相手の「ターンの終わりに」の能力を解決した後、自分の「ターンの終わりに」の能力を解決しますので、墓地から手札に戻せます。

+  総合ルール 511.1.

引用元(2022.12.16)