《ボルシャック・スピード・ドラゴン》 [編集]

ボルシャック・スピード・ドラゴン VR 火文明 (8)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000+
スピードアタッカー
W・ブレイカー
攻撃中、自分の墓地にある火のカード1枚につきパワーを+2000する。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

DMPP-02で登場したアーマード・ドラゴン

その名の通り、《ボルシャック・ドラゴン》スピードアタッカーを付けたような性能だが、攻撃中に上がるパワーの数値も強化されている。

《ツインキャノン・ワイバーン》よりもコストが1高いが、こちらはボルシャックの名を冠するドラゴンなので、《コッコ・ルピア》《ボルシャック・ルピア》などの能力に対応しているのが強みだった。

その性質上、対ハンデス戦、消耗戦に強く、パワーも墓地に4枚火のカードが落ちて入れば14000に達し、大抵のクリーチャーには押し勝てるパワーになる。

DMPP-02時点では唯一のスピードアタッカー持ちのドラゴンであったため、【連ドラ】ではフル投入されることも多かった。
その後、デメリットを持たないスピードアタッカー持ちのドラゴンが次々と登場(DMPP-03《神滅竜騎ガルザーク》(条件付き)、DMPP-06《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》DMPP-07《ガルベリアス・ドラゴン》(条件付き)と《フレミングジェット・ドラゴン》DMPP-08《幻獣竜機ボルパンサー》)していった。

そしてついにDMPP-09《ボルシャック・大和・ドラゴン》が登場。パワー上昇に「攻撃中」と「バトル中」の違いはあるが、基本的に《スピード・ドラゴン》はコスト8の重さで優先されることはほぼなくなっただろう。

TCG版では [編集]

開発中の画像では、上昇値が1枚につき+1000になる弱体化を受けていたhttps://dm.takaratomy.co.jp/plays_deck/※現在は修正済み。
これでは《ボルシャック》という点も含め《ボルシャック・大和・ドラゴン》完全下位互換になってしまうが……。
製品版では+2000に修正され、完全下位互換化を免れている(https://dm.takaratomy.co.jp/card/detail/?id=dmpcd01-r06)。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]