原闘混成(げんとうこんせい) ボルシャックADEVE(アデブ) [編集]

原闘混成 ボルシャックADEVE VR 光/水/火文明 (8)
クリーチャー:ディスペクター/アーマード・ドラゴン/ゴッド/オリジン 10000+
EXライフ
ブロッカー
パワード・ブレイカー
自分のシールド1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。
このクリーチャーが出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそれを山札の下に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から2枚を見てもよい。そうしたら、そのうちの1枚をシールド化しもう1枚を手札に加える。

DMEX-19で登場した//文明ディスペクター/アーマード・ドラゴン/ゴッド/オリジン

自分のシールド1つにつきパワー1000ずつ上昇するパワード・ブレイカー
cipで相手クリーチャー1体を山札の下送りアタックトリガー山札の上2枚からシールド追加手札補充を行う。

自分のシールドの枚数に応じて自己強化が出来るが、パンプアップ値は元の《ボルシャック・ドラゴン》に倣ってか1枚につき1000と低く、正直心許ない。
とはいえ、登場時のEXライフによって最低でも11000、相手にシールドブレイクされなければアタックトリガーでさらに追加し12000になるため、パワード・ブレイカーによってとりあえず3打点は自力で確保できるようになっている。

cip確定除去が行える。これだけではコスト8のクリーチャーの仕事としては物足りないが、除去方法がデッキボトム行の山札送りであるため再利用が難しく、除去効果としての質そのものは良好。
デッキボトムを確定させてしまうため、《時空の賢者ランブル》覚醒等には注意。

アタックトリガーは地味ではあるものの、山札の上2枚を確認した上でシールド手札に振り分けられるため、S・トリガーG・ストライクS・バックといった防御効果のあるカードを配置したり、暴発札とその起爆剤を纏めてセット出来たりと、考え方次第で有効活用できる。《切札勝舞&ボルメテウス -決闘の物語-》S・トリガー付与や攻撃時暴発とも噛み合う。
攻撃時に手札シールドの質を同時に上げられるという点では《魔王と天使 <アブゾ・ドルバ.Star>》と似ているが、あちらと比べてシールド化の選択肢が少ない代わりに、山札を1枚多く掘ることが出来る。
効果自体は有用ながら、スピードアタッカーを持たないため起動までにタイムラグがあるのが難点。

ボルシャック名前に持ち、ブロッカーかつディスペクター/アーマード・ドラゴン/ゴッド/オリジンというサポートの豊富な種族を持つなど、中々悪くない基礎スペックを持つ。
名目コストも8であるため《灰燼と天門の儀式》など有力なカウンター踏み倒し札の範囲内に入っており、相手ターンS・トリガーで呼び出すことでcipEXライフブロッカーによって3体分の攻撃を防ぐことができる。
相手ターンに出せばアタックトリガーのタイムラグも緩和できるため、全体的に防御・カウンター寄りのカードと言える。

その他 [編集]

超獣王来列伝に予告されていたディスペクター
ボルシャック・ドラゴン》と、"新たな始まりを意味する者"「創世王」創世神(《蒼世神 ADAM》/《創聖神 EVE)を合成した『混成』ディスペクター

+  合成元との関係

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]